赤オクラの特徴は?茹でるより生食が良い?色止めする調理法やレシピを紹介!

赤オクラとは何かを知っていますか?今回は、赤オクラの<品種・産地・旬の時期・栄養>など特徴や、食べ方は茹でるより生がおすすめな理由を紹介します。赤オクラを色止めするコツや、<天ぷら・ピクルス・浅漬け・炒め・生サラダ>などの人気レシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 赤オクラとは?どんな特徴の野菜?
  2. 赤オクラの味や旬の時期・品種など特徴
  3. 赤オクラは栄養素「アントシアニン」が特徴的
  4. 赤オクラの食べ方は?茹でるより生がいいの?
  5. 赤オクラは生食が一番「色素」「栄養」を残すことができる
  6. 赤オクラの色落ちしない調理法は?色止めできる?
  7. 赤オクラの下処理は「板ずり」ではなく「ネット」を活用しよう
  8. 赤オクラを加熱する場合は酢漬け&電子レンジ調理がおすすめ
  9. 赤オクラの美味しい食べ方・人気レシピを紹介!
  10. ①赤オクラと納豆の冷ややっこ
  11. ②赤オクラの天ぷら
  12. ③赤オクラのピクルス
  13. ④赤オクラの浅漬け
  14. ⑤赤オクラの卵とじ炒め
  15. 赤オクラの見分け方・正しい保存方法は?
  16. おいしい赤オクラの見分け方
  17. 赤オクラの保存方法
  18. 赤オクラを食べてみよう!

赤オクラとは?どんな特徴の野菜?

オクラは夏に旬を迎えるネバネバ野菜の代表と言える野菜ですが、緑色のオクラが一般的で、赤いオクラを見かける機会は少ないかもしれません。ここでは、赤オクラの食べ方や旬の時期などを紹介します。

赤オクラの味や旬の時期・品種など特徴

赤いオクラは緑色のオクラと味わいや食感などは変わりなく、ほぼ同じ味が楽しめます。電子レンジで下ごしらえも可能なので、調理しやすく食卓にも取り入れやすいです。代表的な品種は鮮やかな赤い色が特徴のレッドサンや少し紫がかった色合いのベニー、丸オクラのように丸いさやが特徴の島の恋などです。

レッドサンや島の恋は沖縄が産地になっている品種で、ベニーはインドネシアでの栽培が盛んですが、日本でも全国各地で栽培されています。赤オクラが一番美味しいのは、緑色のオクラと同じ夏の時期で9月頃までが一番美味しい旬の時期に当たります。

赤オクラは栄養素「アントシアニン」が特徴的

赤オクラが赤いのは、アントシアニンと呼ばれる栄養素が豊富に含まれているからです。以下に、代表的なアントシアニンの効能を紹介します。

・抗酸化作用
・眼精疲労の改善
・肝臓の脂質蓄積を減少させる
・血小板の凝集を抑制する


アントシアニンは活性酸素の働きを抑えるので、強い抗酸化力があり、アンチエイジングにも効果的です。また、肝臓の脂質蓄積を減少させ、肝機能の向上や肝臓の炎症を抑える効果もあります。現在研究中で、詳しいことは解明されていませんが、アントシアニンは眼精疲労や視力の改善効果もあると期待されています。

血小板の凝結を抑制するため、血液をサラサラにするのにも効果的な栄養素です。赤オクラはアントシアニン以外にもペクチンやムチン、カリウムなどの栄養素が含まれています。ペクチンやムチンはネバネバの原因となる食物繊維の一種で、糖の吸収を抑えるのにも効果的です。また、カリウムは体内の塩分濃度を調節する働きがあり、高血圧予防に役立ちます。

赤オクラの食べ方は?茹でるより生がいいの?

赤い色が印象的で美しい赤オクラですが、どのような食べ方が向いているのでしょうか。ここでは、赤オクラのおすすめの食べ方や下処理について紹介します。

赤オクラは生食が一番「色素」「栄養」を残すことができる

赤オクラの鮮やかな色や豊富な栄養を残すためには、茹でるよりも生食にするほうがおすすめです。赤オクラに含まれているアントシアニンは、生の状態が一番豊富で、茹でると抜けてしまう色素です。さらにペクチンなどの栄養素も熱に弱いので、栄養を丸ごと取り入れたいときは生食でサラダなどの食べ方が向いています。

赤オクラの色落ちしない調理法は?色止めできる?

ここでは、赤オクラを彩りよく調理するおすすめの下処理方法などを紹介します。わかりやすい動画も紹介するので、自宅で調理する際の参考にしてください。

赤オクラの下処理は「板ずり」ではなく「ネット」を活用しよう

赤オクラの色止めをしながら下処理をする、おすすめの方法は以下の通りです。

1.赤オクラを軽く洗って汚れを落とす
2.ネットに入れて流水をかけながら軽くこすり、産毛を取る


一般的な緑色のオクラは塩をまぶして板ずりをすることで産毛を取りますが、赤オクラは板ずりをすると赤い色素も落ちてしまいます。おすすめの方法は野菜やミカンを販売するときに使われている、ネットを活用することです。

ネットに赤オクラを入れ、流水で洗いながら軽くこすると、色を残したまま産毛だけ取ることができます。サラダなどで生食する時は、そのまま好きなサイズに切って使ってください。

赤オクラを加熱する場合は酢漬け&電子レンジ調理がおすすめ

出典:https://www.muji.com/public/media/jp/img/store/article/046602_200730_01_02.jpg

赤オクラは茹でると色素が抜けて緑色に変化し、赤い色が楽しめません。茹で汁にアントシアニンが溶け出すと、色も抜けるので色止めしながら加熱する時は電子レンジを使う方法がおすすめです。電子レンジで加熱すれば茹で汁に色が溶け出す心配が少なく、赤い色を残したまま調理できます。

また、アントシアニンは酢につけると化学反応を起こして色が鮮やかになります。そのため、ピクルスなどの酢漬けにすることで鮮やかな赤色が残り、サラダに加えても見た目良く仕上がります。

赤オクラの美味しい食べ方・人気レシピを紹介!

赤オクラは一般的なオクラとよく似た味わいで、ネバネバした食感も美味しい野菜ですが、どんな料理で楽しむのがよいでしょうか。ここでは、赤オクラを使った人気のレシピを5品紹介します。

①赤オクラと納豆の冷ややっこ

出典:https://cookpad.com/recipe/5247381

赤オクラを生食で楽しむおすすめのレシピで、ネットに入れて産毛を取った赤オクラを薄くスライスして使います。納豆を加えてネバネバした食感を活かし、醤油やごま油を回しかければ完成です。

赤オクラと納豆のカラフル冷ややっこ by 農Pro 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが360万品

②赤オクラの天ぷら

出典:https://cookpad.com/recipe/4718140

産毛を取って下処理をした赤オクラを天ぷらにするレシピで、素早く高温で揚げれば色が落ちにくくなります。赤オクラは生でも楽しめる野菜なので、短時間で揚げても作れますが、固いのが気になる人は少しレンジで加熱しておくと柔らかく仕上がります。

鎌倉野菜のサクサク♪天ぷら by 農Pro 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが360万品

③赤オクラのピクルス

出典:https://cookpad.com/recipe/3435379

産毛を取って下処理をした赤オクラを、自家製のピクルス液で漬け込む簡単なピクルスのレシピです。色がきれいなのでサラダのトッピングなどにも便利で、日持ちもよいため常備菜としても役立ちます。

赤オクラのピクルス by 農Pro 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが360万品

④赤オクラの浅漬け

出典:https://cookpad.com/recipe/6446220

赤オクラときゅうりを塩昆布や醤油でつけた簡単な浅漬けのレシピで、赤オクラを生のままつけるので色も栄養素も丸ごと取り入れられます。ニンニクの風味が食欲をそそり、夏バテしやすい暑い季節でも食べやすいです。

蛇腹きゅうりと赤オクラの浅漬け by akkey-y 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが360万品

⑤赤オクラの卵とじ炒め

出典:https://cookpad.com/recipe/6552441

赤オクラと緑色のオクラを合わせて卵で炒める沖縄料理のチャンプルのレシピで、オクラを大量消費したいときにおすすめです。先に茹でる方法もありますが、電子レンジで加熱して赤い色を残すと、2色のオクラの炒め物が楽しめます。

赤オクラと緑オクラの卵とじ炒め by 調味料や~赤マルソウ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが360万品

赤オクラの見分け方・正しい保存方法は?

出典:https://twitter.com/kanami3730/status/1290125515911618563

赤オクラを購入する時に役立つ美味しい赤オクラの見分け方や、購入後の正しい保存方法を紹介するので、赤オクラを見かけたときの参考にしてください。

おいしい赤オクラの見分け方

赤オクラを購入する時は、以下のようなポイントに注目すると、美味しい赤オクラを見分けられます。

・産毛がしっかり残っている
・色が鮮やか
・切り口がみずみずしい


赤オクラを見分けるときは表面の色や産毛に着目するのがおすすめで、赤色が鮮やかで茶色くくすんだり変色していないことが大切です。産毛もしっかり残っているものの方が新鮮で美味しく、ヘタの周りのとげのような部分もピンとしています。

また、ヘタの切り口がみずみずしいものの方が新鮮で、茶色く変色している赤オクラは収穫してから時間がたっています。

赤オクラの保存方法

赤オクラを購入したら、以下に紹介するポイントを参考に保存してください。

・新聞紙とポリ袋で包む
・野菜室で保存し、冷やしすぎない


赤オクラは暑い場所で育つ野菜なので、冷蔵庫で保存する時も冷えすぎないことが大切です。乾燥や冷気から守るため、新聞紙で包んでからポリ袋に入れて保存します。保存する場所も低温になりにくい野菜室が向いています。

赤オクラを食べてみよう!

赤オクラは見た目も美しく、栄養も豊富な野菜です。味わいは緑色のオクラと違いはなく、食べやすいので旬の時期は、おすすめのレシピや下処理の仕方を参考に、積極的に食卓に取り入れてみてください。

関連する記事