カメリナオイルとは?効果・デメリットや使い方は?おすすめ商品も紹介!

カメリナオイルとはどんなオイルか知っていますか?どんな特徴があるのでしょうか?今回は、カメリナオイルのデメリットや栄養成分、効果・効能を味わいの口コミとともに紹介します。カメリナオイルの摂取量など使い方やおすすめ商品、レシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. カメリナオイルとは?どんな特徴がある?
  2. カメリナオイルはカメリナサティバと呼ばれるアブラナ科の植物の種子から抽出したオイル
  3. 特徴①カメリナオイルは常温保存ができる
  4. 特徴②不飽和脂肪酸の比率が高く加熱調理が可能
  5. カメリナオイルはどんな味?まずい?
  6. カメリナオイルの味わい・風味の特徴
  7. カメリナオイルをまずいと感じる人の口コミ
  8. カメリナオイルをまずいと感じない人の口コミ
  9. カメリナオイルの栄養成分は?どんな効果・効能がある?
  10. ①美肌など美容効果が期待できる
  11. ②植物ステロールが豊富
  12. カメリナオイルのデメリットとは?
  13. ①ブロッコリーのような青臭さがある
  14. ②値段が高い
  15. カメリナオイルの使い方は?摂取量はどのくらい?
  16. カメリナオイルはそのまま・加熱どちらでもOK
  17. カメリナオイルの摂取量は1日6g程度
  18. カメリナオイルを使ったレシピを紹介!
  19. ①トマトの和風サラダ
  20. ②なすの揚げびたし
  21. カメリナオイルのおすすめ商品は?【口コミ】
  22. ①創健社 カメリナオイル
  23. ②BIOPLANETE 有機ヴァージンカメリナオイル
  24. ③薬剤師設計カメリナオイル 460g 3個セット
  25. カメリナオイルを試してみよう!

カメリナオイルの栄養成分は?どんな効果・効能がある?

カメリナオイルは健康に良い効果が注目されているのは、以下のような栄養成分が含まれているからです。

・オメガ3
・オメガ6
・オメガ9
・ビタミンE
・植物ステロール


カメリナオイルに含まれている栄養成分や、期待できる健康効果について、より具体的に紹介します。

①美肌など美容効果が期待できる

カメリナオイルには抗酸化作用があるビタミンEが豊富に含まれていて、シミやしわなどの肌の老化防止効果が期待できます。ビタミンEは、ほかに髪を美しく保つ効果もあり、みずみずしさを保つ美容に良い効果があります。

また、カメリナオイルに含まれている不飽和脂肪酸は血行を促進し細胞のすみずみまで栄養をいきわたらせる働きがあるので、肌を健康に保つのに役立ちます。

②植物ステロールが豊富

カメリナオイルにはファイトケミカルと呼ばれる植物ステロールも豊富で、血中のコレステロール値を下げるのに効果的です。植物ステロールは主に芋や野菜、豆類海藻類などの植物に含まれている成分で、中性脂肪を下げるなどの生活習慣病の改善やダイエット効果が期待されています。

カメリナオイルのデメリットとは?

カメリナオイルは保存しやすく健康に良い成分が豊富な油なので、メリットがたくさんありますが、デメリットはないのでしょうか。ここでは、カメリナオイルのデメリットについて紹介します。

①ブロッコリーのような青臭さがある

カメリナオイルは独特の香りが特徴で、ブロッコリーのような青臭さが感じられます。カメリナオイルの味わいが苦手な人は、香りが受け付けない場合が多いので、食事に取り入れにくい場合も少なくありません。特に生のまま使う場合に、香りが目立ってしまうことがあるので、カメリナオイルの青臭さが苦手な人はアマニ油やえごま油で代用するのがおすすめです。

②値段が高い

100mlあたり 値段
カメリナオイル 800~1000円
オリーブオイル 200~500円

カメリナオイルは、ほかの油に比べると値段が高く手に入れにくいところもデメリットです。健康に良い成分が多い人気のオリーブオイルと値段を比較すると、約2倍の値段がつけられています。リピートする場合も、値段が高いので続けて購入しづらくなっています。

カメリナオイルの使い方は?摂取量はどのくらい?

カメリアオイルを摂取する時は、どのような使い方がよいのでしょうか。ここでは、カメリアオイルの基本的な使い方や摂取量などについて紹介します。

カメリナオイルはそのまま・加熱どちらでもOK

カメリアオイルを使うときに、向いている料理を紹介します。

・サラダ
・炒め物
・揚げ物
・パンにつける


カメリアオイルは加熱してもオメガ3などの不飽和脂肪酸が壊れにくいので、幅広い料理に使えます。普段の炒め物や揚げ物にも活用でき、料理の種類も選びません。生のままでも食べられるので、サラダのドレッシングやパンにつけるのもおすすめです。

ただし、独特の香りがあるので、香りが苦手な人は匂いの強い食材と合わせるなどの工夫が必要です。ガーリック炒め等に活用すれば、カメリアオイルの匂いも気にならなくなります。

関連する記事

×