カメリナオイルとは?効果・デメリットや使い方は?おすすめ商品も紹介!

カメリナオイルとはどんなオイルか知っていますか?どんな特徴があるのでしょうか?今回は、カメリナオイルのデメリットや栄養成分、効果・効能を味わいの口コミとともに紹介します。カメリナオイルの摂取量など使い方やおすすめ商品、レシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. カメリナオイルとは?どんな特徴がある?
  2. カメリナオイルはカメリナサティバと呼ばれるアブラナ科の植物の種子から抽出したオイル
  3. 特徴①カメリナオイルは常温保存ができる
  4. 特徴②不飽和脂肪酸の比率が高く加熱調理が可能
  5. カメリナオイルはどんな味?まずい?
  6. カメリナオイルの味わい・風味の特徴
  7. カメリナオイルをまずいと感じる人の口コミ
  8. カメリナオイルをまずいと感じない人の口コミ
  9. カメリナオイルの栄養成分は?どんな効果・効能がある?
  10. ①美肌など美容効果が期待できる
  11. ②植物ステロールが豊富
  12. カメリナオイルのデメリットとは?
  13. ①ブロッコリーのような青臭さがある
  14. ②値段が高い
  15. カメリナオイルの使い方は?摂取量はどのくらい?
  16. カメリナオイルはそのまま・加熱どちらでもOK
  17. カメリナオイルの摂取量は1日6g程度
  18. カメリナオイルを使ったレシピを紹介!
  19. ①トマトの和風サラダ
  20. ②なすの揚げびたし
  21. カメリナオイルのおすすめ商品は?【口コミ】
  22. ①創健社 カメリナオイル
  23. ②BIOPLANETE 有機ヴァージンカメリナオイル
  24. ③薬剤師設計カメリナオイル 460g 3個セット
  25. カメリナオイルを試してみよう!

カメリナオイルの摂取量は1日6g程度

カメリアオイルを使うときは適正な摂取量を守ることが大切で、摂取しすぎると以下のような症状が起きるリスクがあります。

・出血が止まらなくなる
・あくびが増える
・下痢などの胃腸障害
・ビタミンEの不足


カメリアオイルに含まれている不飽和脂肪酸のオメガ3は血液が凝結するのを抑制する効果があるので、取りすぎると血が止まりにくくなります。また、油分の取りすぎは胃腸にも負担をかけるので、胃腸障害のリスクも高まります。オメガ3は飽和脂肪酸よりも酸化しやすい油で、酸化した不飽和脂肪酸を消費するためにはビタミンEが必要です。

オメガ3を過剰に摂取することで、体内のビタミンEも消費し、ビタミンE欠乏症になる恐れもあります。厚生労働省が目安としているオメガ3の1日の適正摂取量は、18歳以上の男性は2.0~2.4gで、女性は1.6~2.0gです。カメリアオイルに換算すると、1日6g程度、小さじ1杯分くらいが適正量です。

カメリナオイルを使ったレシピを紹介!

カメリナオイルを使ってみたいと思った時に参考になる、おすすめのレシピを紹介します。簡単に作れて普段の献立に取り入れやすい料理なので、ぜひ試してみてください。

①トマトの和風サラダ

出典:https://cookpad.com/recipe/6860521

スライスしたトマトに醤油とカメリナオイルを混ぜてかけるだけのシンプルなサラダのレシピで、すぐに作れます。大葉の香りがよく、カメリナオイルのくせのある香りも気になりません。

絶品!和風トマトサラダ~カメリナオイル~ by emiri✿ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが361万品

②なすの揚げびたし

出典:https://cookpad.com/recipe/4122052

なすは油と相性がいい野菜なので、栄養のあるカメリナオイルで調理すると美味しくて健康に良い一品が作れます。かつお節やポン酢など、和風の調味料で味付けするので、ご飯によく合います。

カメリナオイルで茄子の揚げびたし by カメリナオイル 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが361万品

カメリナオイルのおすすめ商品は?【口コミ】

カメリナオイルは健康に良いと注目されている油ですが、身近なスーパーなどで販売していない場合が多いです。しかし、ネット通販を使えば気軽に購入できるので、おすすめのネットで購入できるカメリナオイルを体験談と併せて紹介します。

①創健社 カメリナオイル


*購入サイト|楽天市場*
カメリナオイル(170g)

創健社のカメリナオイルは香りのくせが少なく、食べやすいと人気があります。非加熱でも青臭さが少ないうえに、加熱調理をしても美味しく、色々な料理に使えるカメリナオイルです。

まきまき8585さん

まきまき8585さん

オメガ3系のオイルを探していたのですが、熱にも強いこのオイルは炒め物にも使えるので、生だけでなく、普段の炒め物にも使っています。このオイルなら大丈夫!!胸焼け一切ありません!
リピートしています。

関連する記事

×