コロッケの衣は卵なしでも大丈夫?崩れる?人気レシピで作り方を紹介!

コロッケの衣は卵なしでも美味しく作れるのでしょうか?崩れるか心配ですね。今回は、コロッケを卵なしで作る人気レシピを、〈マヨネーズ・片栗粉・米粉〉など使って溶き卵の代わりの作り方とともに紹介します。コロッケで作るコロッケのアレンジレシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. コロッケの衣は卵なしでも作れる?崩れる?
  2. コロッケは卵なしでも美味しく作れる
  3. コロッケの衣を卵なしで作る場合の溶き卵の代わりは?崩れないようにするには?
  4. ①マヨネーズで作るバッター液
  5. ②片栗粉か小麦粉の水溶き
  6. ③米粉の水溶き
  7. じゃがいもコロッケの卵なしでの作り方を人気レシピで紹介!
  8. 材料
  9. 作り方・手順
  10. 卵なしで作るコロッケのアレンジレシピも紹介!
  11. ①揚げない焼きコロッケ
  12. ②パン粉なしのかぼちゃコロッケ
  13. ③手間なしスコップコロッケ
  14. コロッケの衣を卵なしで作ってみよう

コロッケの衣は卵なしでも作れる?崩れる?

コロッケの作り方は衣に卵を使うレシピが一般的ですが、冷蔵庫に卵がない場合などに、卵なしで作ると崩れてしまう心配をする人もいるかもしれません。卵がなくても美味しいコロッケを作れるのかという疑問について解説するので、参考にしてください。

コロッケは卵なしでも美味しく作れる

卵なしで作ったコロッケは以下のような特徴があります。

・軽い口当たり
・衣が薄付き


コロッケは卵なしで作った場合でも、パン粉をまぶしてきつね色になるまで揚げれば、十分に美味しく仕上げることができます。卵がない場合は衣の付き方が薄くなるので、口当たりも軽くて食べやすいです。一方、卵があると卵の持つ粘着性が作用して厚みのある衣になり、食べ応えがある仕上がりになります。

卵を使った衣の方が油の吸収が多いので、卵なしの作り方はカロリーを気にする人にもおすすめです。ただ、衣が薄い分揚げている間に崩れたり破裂したりする可能性が高くなるので、その点には注意しなければなりません。

コロッケの衣を卵なしで作る場合の溶き卵の代わりは?崩れないようにするには?

コロッケは小麦粉・溶き卵・パン粉の順に付けてから揚げるのが一般的な作り方です。卵なしで作る場合の、溶き卵の代わりになる方法を3つ紹介し、揚げる時に崩れないようにするポイントについても解説します。

①マヨネーズで作るバッター液

マヨネーズで作るバッター液の材料と分量は以下のとおりです。

・薄力粉:大さじ2
・マヨネーズ:大さじ2
・水:大さじ2


卵の代わりにマヨネーズを代用してバッター液を作れば、洗い物も少なくコロッケを作れます。形成したタネに薄力粉をまぶしてからバッター液を付けると、パン粉が付きやすく崩れにくくなります。マヨネーズの原料に卵が使われているので、卵アレルギーの人は注意が必要です。すべて同じ分量なので作りやすく、必要な量によって簡単に調節することができます。

②片栗粉か小麦粉の水溶き

片栗粉か小麦粉の水溶きの作りやすい分量は以下のとおりです。

・小麦粉(片栗粉):大さじ3
・水:大さじ3


小麦粉も片栗粉も水との比率を1:1で作ることができ、分量が覚えやすいです。小麦粉は薄力粉ではなく強力粉を使うと粘度が上がるため、崩れる心配が少なくなります。小麦粉のメーカーによって粘性は異なり、混ぜた時の粘り具合を確認し必要なら水の調整をしてください。

水溶き片栗粉の場合は小麦粉に比べて粘性が低いため、タネに小麦粉をまぶしてから付けると剥がれにくい衣になります。また、片栗粉は沈殿しやすいので、タネをくぐらせパン粉を付ける作業は手早く行うことが必要です。

③米粉の水溶き

米粉の水溶きの作りやすい分量は以下のとおりです。

・米粉:大さじ3
・水:大さじ2


米粉の水溶きは粘性が弱く揚げる時に破裂しやすいので、タネにしっかり絡めてからパン粉を付けるとよいです。また、タネが熱を持ったままだと崩れることに繋がるので、あら熱をとった上で揚げることも重要になります。卵や小麦粉のアレルギーの人にもおすすめの代用法です。

じゃがいもコロッケの卵なしでの作り方を人気レシピで紹介!

出典:https://cookpad.com/recipe/1027851

コロッケを作る時に卵がなくても他の材料で代用すれば、卵ありと同じように美味しく作ることができます。ここでは、卵なしで作れるじゃがいもコロッケのレシピを紹介するので参考にしてください。

関連する記事