魚肉ソーセージはいつから?1歳の離乳食に大丈夫?安全な与え方を紹介!

魚肉ソーセージは何歳から食べれるのでしょうか?<1歳>などの子供・赤ちゃんに離乳食で与えてもいいのか心配ですよね。今回は、魚肉ソーセージはいつから食べれるのかを〈塩分・添加物・アレルギー〉の懸念点とともに紹介します。魚肉ソーセージの安全な与え方や、何歳からあげたか先輩ママの口コミも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 魚肉ソーセージは何歳から?子供・赤ちゃんはいつから食べれるの?
  2. 魚肉ソーセージは1歳〜1歳半頃から与えても大丈夫
  3. 魚肉ソーセージを子供に与える際の懸念・注意点は?
  4. ①塩分・油
  5. ②添加物
  6. ③アレルギー
  7. 魚肉ソーセージの赤ちゃんに安全な与え方・注意点は?
  8. ①まずは少量で様子を見る
  9. ②与える量・大きさや頻度に注意する
  10. ③病院にいけるような状況にしておくと安心
  11. 魚肉ソーセージを子供に何歳からあげた?【先輩ママの口コミ調査】
  12. 子供用の魚肉ソーセージ【無添加】のおすすめを紹介!
  13. ①ニッスイすみっコぐらし ソーセージ( 182円税込み)
  14. ②それいけ!アンパンマン おやつソーセージ(162円税込み)
  15. 魚肉ソーセージ以外に子供に与える食べ物で注意すべきものはある?
  16. 魚肉ソーセージを子供に与える際は注意点を守ろう

子供が大好きなアンパンマンのパッケージが可愛い、魚肉ソーセージです。魚肉ソーセージで心配な塩分もカットされているので、初めて魚肉ソーセージを与えるのにおすすめします。そのまま向いておやつに・アレンジしておかずに工夫次第で食べ方はいろいろです。

魚肉ソーセージ以外に子供に与える食べ物で注意すべきものはある?

魚肉ソーセージ以外にも、子供に与えるときに注意が必要な食べ物はたくさんあります。

・ウインナー
・ちくわ
・生ハム
・アボカド
・とろろ


ウインナー・ちくわは魚肉ソーセージ同様、添加物・アレルギーが心配な食品です。離乳食としてあげる目安は、魚肉ソーセージと同じ1歳頃になります。生ハムは食中毒の危険性も高く、塩分が多いので3歳頃までは与えるのを避けるのが無難です。

アボカドは外国では一番初めの離乳食に使われることが多い食材ですが、日本では、1歳頃からがおすすめとされています。とろろはアレルギーをおこしやすい人もいるので1歳半を目安としましょう。

(*ウインナーやとろろは何歳から食べられるかについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ウインナーは何歳から?添加物やアレルギーが危険?安全な与え方も紹介!
とろろは何歳から?子供の離乳食NG?安全な与え方も紹介!

魚肉ソーセージを子供に与える際は注意点を守ろう

魚肉ソーセージは手軽に魚を食べさせる事ができ、たんぱく質も豊富なので子供に食べさせたい食材です。しかし塩分が多く、卵・エビ・カニなどのアレルギー物質も含まれているので、離乳食としてあげるときは注意が必要です。初めて食べさせる時は無添加の物を選んだり、塩抜きをして細かく刻むなど工夫をしましょう。

関連する記事

×