アーモンドは何歳から?安全な与え方は?子供にいつからか紹介!

アーモンドは何歳から食べれるのでしょうか?<2歳・3歳>などの子供・赤ちゃんに与えてもいいのか心配ですよね。今回は、アーモンドはいつから食べれるのかを、与える際の注意点とともに紹介します。アーモンドアレルギーの症状・対処法や、何歳からあげたか先輩ママの口コミも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. アーモンドは何歳から?子供・赤ちゃんはいつから食べれるの?
  2. アーモンドを赤ちゃんに与えるのは5歳を過ぎてから
  3. アーモンドを赤ちゃんに与える際の懸念点
  4. アーモンドを子供に与える際の注意点は?【誤嚥・窒息の対策】
  5. ①よく噛んで食べるように伝え目を離さない
  6. ②細かく砕く・ペーストにするのもおすすめ
  7. ③子供の手の届かない場所に保存しておく
  8. アーモンドを子供に与える際の注意点は?【アレルギー・体調不良の対策】
  9. アーモンドアレルギーの症状
  10. ①まずは少量から与えて様子を見る
  11. ③病院にいけるような状況にしておくと安心
  12. アーモンドを子供に何歳からあげた?【先輩ママの口コミ調査】
  13. アーモンド以外に子供に与える食べ物で注意すべきものはある?
  14. アーモンドを子供に与える際は注意点を守ろう

アーモンドは何歳から?子供・赤ちゃんはいつから食べれるの?

アーモンドは身近で栄養も豊富なナッツ類ですが、何歳から食べさせても良いのでしょうか。ここでは、アーモンドを何歳から食べさせても良いのかや、赤ちゃんに食べさせる時の注意点などを紹介します。

アーモンドを赤ちゃんに与えるのは5歳を過ぎてから

アーモンドを子供に食べさせても良いとされている目安の年齢は5歳です。小さい子供にアーモンなどのナッツ類を食べさせると誤嚥や肺炎、気管支炎などを起こす可能性が高く、危険です。消費者庁でも以前は3歳以下としていた年齢を5歳に引き上げて注意喚起をしています。

アーモンドを赤ちゃんに与える際の懸念点

赤ちゃんにアーモンドを与えた場合、以下のような懸念点が指摘されています。

・アーモンドアレルギー
・誤嚥や窒息


赤ちゃんにアーモンドを与えた場合、誤って気管に入ってしまったり、炎症を起こして肺炎を引き起こしたりするリスクが高くなります。成人した大人と違って、赤ちゃんや小さい子供は噛んだり飲み込んだりする力が弱いので、誤嚥・窒息も多くなりがちです。また、一度誤嚥するとそのまま死亡する場合があり、注意が必要です。

ほかにも、アーモンドなどのナッツ類はアレルギーの心配も指摘されています。

アーモンドを子供に与える際の注意点は?【誤嚥・窒息の対策】

アーモンドを赤ちゃんに与える場合は、誤嚥やアーモンドアレルギーなどの心配がありますが、どのような点に注意して食べさせるのが良いのでしょうか。ここでは、アーモンドで起きる誤嚥・窒息の対策を紹介します。

①よく噛んで食べるように伝え目を離さない

アーモンドを小さな子供に与える場合は、よく噛んで食べるように伝えることが大切です。よく噛んで食べれば誤嚥を防ぎ、窒息を予防することにつながります。また、万が一赤ちゃんがアーモンドで誤嚥した時にすぐに気づけるように、食べている間は大人が目を離さずに観察してください。

②細かく砕く・ペーストにするのもおすすめ

赤ちゃんの誤嚥を防ぐためには、アーモンドをペーストにしたり、細かく砕いたりして喉を通りやすくすることもおすすめです。噛む力や飲み込む力が弱い子供でも、ペースト状になっていれば飲み込みやすく、喉に詰まらせる恐れも最小限におさえられます。

③子供の手の届かない場所に保存しておく

アーモンドは美味しいので、子供は勝手に食べてしまうこともあります。食べさせ方に気を付けていても、知らない間に子供が喉を詰まらせてしまって事故につながる恐れもあります。そのため、アーモンドの保管場所は手の届かない場所することも重要です。

アーモンドを子供に与える際の注意点は?【アレルギー・体調不良の対策】

アーモンドを与える時は、いつからという年齢だけでなく、アレルギーに対する注意も必要です。ここでは、子供にアーモンドを与える場合の、アレルギーや体調不良の対策を紹介します。

アーモンドアレルギーの症状

関連する記事

×