無添加チョコレートおすすめランキング10選!スーパー・コンビニで買える商品も!

無添加で安全なチョコレートは市販で買えるか知っていますか?今回は、スーパーでも買える〈乳化剤不使用・国産〉など、無添加で安全なチョコレートのおすすめランキング10選を紹介します。チョコレートに含まれる添加物の種類や体に悪いとされる理由とともについても紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 無添加で安全なチョコレートは?スーパーなど市販に売ってる?
  2. チョコレートに使われることがある添加物の種類は?危険視されてる理由って?
  3. 添加物①香料
  4. 添加物②乳化剤
  5. 添加物③アスパルテーム
  6. 添加物④着色料
  7. 無添加なチョコレートおすすめランキング10選!スーパー・コンビニでも買える!
  8. 10位:くまチョコ|サンコー
  9. 9位:プチスティックチョコ|SOCOLA
  10. 8位:カカオ産地セレクション/タブレット|Conche
  11. 7位:チョコレート フルーツシュガー|アンティカ・ドルチェリア・ボナイユート
  12. 6位:ローチョコレート Vivoダーク 70g|LOHAS
  13. 5位:エクセレンス 99%カカオ|リンツ
  14. 4位:有機ペルー75 |ピープルツリー
  15. 3位:オーガニックダークチョコレート75%|ヴィヴァーニ
  16. 2位:オーガニック ダークチョコレート 86%|チョコレートソール
  17. 1位:ベリーズ産 ビーントゥバーチョコレート|グランポワール
  18. 無添加で安全なチョコレートを買ってみては?

無添加で安全なチョコレートは?スーパーなど市販に売ってる?

チョコレートは甘くて美味しいだけではなく、健康効果にも注目が集まっているスイーツです。健康のためにチョコレートを食べるなら、できるだけ添加物が含まれない、体に害が少ないものを選びたいものです。そこで今回は、無添加で体にやさしいチョコレートを紹介します。

チョコレートに使われることがある添加物の種類は?危険視されてる理由って?

一般的なチョコレートの原材料は、以下の通りです。

・カカオ分
・砂糖
・ミルクパウダー
・乳化剤
・香料
・着色料


美味しさを向上させ、品質を安定させるために、市販のチョコレートに加えられているのが食品添加物です。添加物のほとんどは安全性が確認されていますが、中には健康への悪影響が懸念されるものもあります。ここからは市販のチョコレートに含まれている添加物と、その危険性について解説します。

添加物①香料

チョコレートに好ましい香りをつけるために使われる添加物が、香料です。多くの種類の香料を組み合わせて望ましい香りを作りますが、中には発がん性が問題視されている香料もあります。香料には天然香料と合成香料があり、特に危険とされているのが合成香料であると言われています。

香料は、一括表示が許可されている添加物です。食品の原材料表示を見ても香料としか記載されていないので、食品に使われているのが天然香料か合成香料かわからないという問題もあります。

添加物②乳化剤

チョコレートによく使われるのは、大豆由来のレシチンという乳化剤です。レシチンなどの乳化剤は、チョコレートをなめらかにして、品質を安定させるはたらきがあります。

レシチンは大豆由来の天然乳化剤なので、安全性は比較的高いと言われていますが、中には化学的に作られた合成乳化剤が使われているチョコレートもあります。合成乳化剤には発がん性が疑われるもの、血管や心臓の健康を妨げるトランス脂肪酸を含むものもあるので、注意が必要です。

添加物③アスパルテーム

近年増えてきた機能性チョコレートで使用されることがある添加物が、アスパルテームです。アスパルテームは人工甘味料で、砂糖を使わなくても甘みを出せるため、低糖質・糖質0と記載がある製品に含まれていることがあります。

アスパルテームは、脳腫瘍や白血病を引き起こすリスクがあると言われています。他にも知能低下・認知症・心疾患・アトピー・不眠症などを引き起こす可能性もあると、問題視されている添加物です。

添加物④着色料

着色料は製品に鮮やかな色を付けて、見た目をよくするために使われます。チョコレートでは、ストロベリーチョコレートをピンク色にするなど、主にフレーバー付きの製品をそれらしく見せるために使われる添加物です。

着色料には、野菜など自然由来の成分で作られた天然着色料と、化学的に作られた合成着色料があります。合成着色料には発がん性など、健康への悪影響が懸念されるものもあります。

無添加なチョコレートおすすめランキング10選!スーパー・コンビニでも買える!

一般的なチョコレートには、原材料に健康に害を及ぼす危険性のある添加物が含まれているので、無添加のチョコレートがあれば安心して食べられます。ここからは、おすすめの無添加チョコレートを紹介していきます。

10位:くまチョコ|サンコー

出典:https://item.rakuten.co.jp/mayhappy/10001450/

原材料:砂糖(てん菜(国産))、カカオマス、ココアバター、全粉乳(乳成分を含む)/乳化剤

・原産国:日本
・値段:377円
・容量:50g
・カロリー:295kcal


合成食品添加物不使用にこだわる、日本のお菓子メーカーが作っている国産チョコレートです。乳化剤は含まれていますが、比較的体にやさしい大豆由来のものを使用しています。

この商品はかわいらしいくまの顔をかたどっているので、子供のおやつにすると喜ばれます。甘さも控えめなので、子供に安心安全な国産のものを食べさせたい母親におすすめの美味しいチョコレートです。

【4袋セット】サンコー くまチョコ 50g |May Happy|楽天市場

9位:プチスティックチョコ|SOCOLA

出典:https://item.rakuten.co.jp/socola/petit-stick-9-box/

・原産国:日本
・値段:2,160円
・容量:90g
・カロリー:-kcal


厳選したカカオ豆を直接輸入し、手間暇かけて丁寧に作られた国産のチョコレートです。カカオ豆の風味を活かすために、香料・着色料・乳化剤不使用のチョコレート作りにこだわっています。

この商品はスティックの先にビターやいちごミルクなど、6種類のチョコレートが付いており、そのまま食べてもホットミルクに溶かしても楽しめます。かわいらしく包装されているので、健康に気を遣っている人へのギフトにもおすすめです。

【Gift Box】シェアするプチスティックチョコ6種9本 プチ贅沢ギフト カカオ豆からつくった本格スティック|SOCOLA|楽天市場

8位:カカオ産地セレクション/タブレット|Conche

出典:https://www.conche.net/shopItems/28184623?shopItemCategoryId=386470

・原産国:日本
・値段:3,240円
・容量:176g
・カロリー:-kcal


静岡県にある、国産チョコレートを製造・販売するチョコレート専門店の食べ比べセットです。カカオ豆の産地が異なる無添加タブレットチョコレートが、8種類入っています。かわいらしいパッケージに包まれているので、国産や無添加の食品にこだわる人へのギフトにおすすめです。

カカオ産地セレクション/タブレット|無添加クラフトチョコレート専門店Conche

7位:チョコレート フルーツシュガー|アンティカ・ドルチェリア・ボナイユート

出典:https://item.rakuten.co.jp/beer-gift/kodai-choco002/

原材料名 カカオマス(65%)、果糖

・原産国:イタリア
・値段:928円
・容量:50g
・カロリー:-kcal

こちらは国産ではないものの、イタリアのシチリア島で伝統的な製法を守って、カカオと砂糖のみの原材料でチョコレートを作る、老舗菓子店の商品です。砂糖の代わりに果物に由来する果糖を原材料に用いており、フルーツのやさしい甘みを感じられます。健康のために、砂糖を控えている人におすすめしたいチョコレートです。

チョコレート フルーツシュガー50g<タブレット型>|欧州麦酒屋 楽天市場店|楽天市場

6位:ローチョコレート Vivoダーク 70g|LOHAS

出典:https://item.rakuten.co.jp/rawfood/vivo/

【原材料】
・有機ローカカオバター
・有機ローカカオパウダー
・有機ローアガベシロップ
・バニラエクストラクト
・ヒマラヤンソルト
・レシチン(大豆由来)
・キシリトール(遺伝子組み換えでない)
(一部に乳成分を含む)

・原産国:日本
・値段:1,555円
・容量:70g
・カロリー:365kcal


有機カカオを使用し、低GIにも配慮した国産チョコレートです。酵素を壊さないよう低温で加工しているので、健康や美容にこだわる人におすすめです。一部に添加物が含まれますが、乳化剤は大豆由来、甘味料は安全性が高いものを使用しています。甘すぎず苦すぎず、美味しくカカオの栄養を摂ることができるチョコレートです。

ローチョコレート Vivoダーク 70g|LOHAS|楽天市場

5位:エクセレンス 99%カカオ|リンツ

出典:https://item.rakuten.co.jp/world-plaza/li-ex-99/

原材料名 カカオマス、ココアパウダー、ココアバター、砂糖

・原産国:スイス
・値段:602円
・容量:50g
・カロリー:316kcal


スイスの有名チョコレートメーカー、リンツから販売されているチョコレートです。通販の他、カルディなどの店舗でも購入できます。添加物は含まれておらず、99%がカカオ由来の成分なので、カカオの力強い風味を味わえます。カカオの健康効果に期待している人におすすめの、高カカオチョコレートです。

リンツ エクセレンス 99%カカオ 50g|ワールドプラザ楽天市場店|楽天市場

4位:有機ペルー75 |ピープルツリー

出典:https://item.rakuten.co.jp/kenkoumeister/0123-00-xx31/

原材料:有機カカオマス、有機粗糖、有機ココアバター、(一部に乳成分を含む)、カカオ分75%以上/バニラ香料

・原産国:スイス
・値段:387円
・容量:50g
・カロリー:298kcal


コンビニでも見かける、フェアトレードと有機原料にこだわったチョコレートを販売しているブランドです。この商品には香料が含まれていますが、バニラ由来の天然香料です。高カカオチョコレート特有のカカオの苦味だけでなく、フルーティーな風味も感じられます。原材料はすべて有機栽培されたものなので、オーガニックの食品を好む人におすすめです。

有機ペルー75 (50g)【People Tree/ピープルツリー】|健康マイスター|楽天市場

3位:オーガニックダークチョコレート75%|ヴィヴァーニ

出典:https://item.rakuten.co.jp/kenkousupport/0002-00-7879/

原材料:有機カカオマス(パナマ産)、有機ココナッツシュガー(インドネシア産)、有機カカオバター(ドミニカ共和国・パナマ・タンザニア産)

・原産国:ドイツ
・値段:603円
・容量:80g
・カロリー:487kcal

最高級のカカオ豆と100%有機の原材料を使用した、高級無添加オーガニックチョコレートです。通販以外では、紀伊國屋や成城石井といった高級スーパーで購入できます。

この商品はカカオ75%ですが、苦味と甘味のバランスが取れていて食べやすいという声があります。無添加・オーガニックの高カカオチョコレートを食べてみたい人に、まず試してほしい商品です。

ViVANI(ヴィヴァーニ)オーガニックダークチョコレート75% 80g|健康サポート専門店|楽天市場

2位:オーガニック ダークチョコレート 86%|チョコレートソール

出典:https://item.rakuten.co.jp/shimazakiya/1005073/

原材料:有機カカオマス、有機砂糖、有機ココアバター、有機バニラビーンズ(一部に乳成分を含む)

・原産国:スペイン
・値段:298円
・容量:25g
・カロリー:142kcal


このチョコレートは、すべて有機の原材料を使い、乳化剤不使用にこだわるスペインの老舗チョコレートメーカーが作っています。苦味の中に豊かなカカオの香りを感じる、美味しいオーガニック高カカオチョコレートです。カカオの栄養素もしっかり摂れるので、カカオの健康・美容効果を期待している人におすすめします。

Chocolate Sole オーガニック ダークチョコレート86% 25g|麻布島崎屋|楽天市場

1位:ベリーズ産 ビーントゥバーチョコレート|グランポワール

出典:https://grandpoir.santeflora-ltd.com/items/29492771

・原産国:日本
・値段:1,620円
・容量:40g
・カロリー:-kcal


無添加と糖質カットにこだわった国産チョコレートを製造・販売している、佐賀県のチョコレート専門店の商品です。味わいは甘すぎず、ベリー系のフルーティーな風味を感じます。赤ワインや日本酒との相性もよいので、お酒をたしなむ人に食べてほしいチョコレートです。

ベリーズ産 ビーントゥバーチョコレート(ベリー系)|ビーントゥバーチョコレート専門店 グランポワール

無添加で安全なチョコレートを買ってみては?

美味しくて体にやさしい、無添加・有機原料使用のチョコレートはコンビニやスーパー、通販など様々な場所で購入できます。この記事を参考にして、無添加で安全なチョコレートを購入して食べてみてください。

関連する記事

×