おにぎりは消費期限切れでも食べられる?コンビニ・手作り別の保存期限の目安を紹介!

おにぎりの消費期限の目安を知っていますか?消費期限切れでも食べられるのでしょうか?今回は、おにぎりの消費期限の目安を〈コンビニ・手作り〉別に比較して紹介します。おにぎりの消費期限を伸ばす保存方法や、期限切れ・腐った場合の特徴も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. おにぎりの消費期限の目安は?
  2. コンビニおにぎりは3日程度
  3. 手作りは半日
  4. おにぎり(コンビニ)の消費期限が切れても食べられる?
  5. 消費期限の定義
  6. 問題がなければ食べられる
  7. おにぎりの消費期限が切れて腐るとどうなる?
  8. ①匂い
  9. ②見た目
  10. ③味
  11. おにぎりの消費期限を伸ばす保存方法は?
  12. ①野菜室で冷蔵保存
  13. ②冷凍保存は向き・不向きがある
  14. 日持ちするおにぎりを手作りする方法は?
  15. ①ラップ・ビニール手袋を使って握る
  16. ②腐りにくい具材を使う
  17. ③ご飯を炊く時はお酢を一緒に入れる
  18. ④食べる直前に海苔を巻く
  19. 消費期限が切れたおにぎりの活用方法
  20. ①コンビニおにぎり茶漬け
  21. ②コンビニおにぎり玉子雑炊
  22. ③おにぎりチーズリゾット
  23. おにぎりの消費期限に注意しよう

おにぎりの消費期限の目安は?

いつでもどこでも手軽に食べられるおにぎりは、私達にとても親しみのある食べ物です。では、そのおにぎりの消費期限はどのくらいなのでしょうか?その目安をコンビニ・手作り別に紹介します。

コンビニおにぎりは3日程度

コンビニおにぎりの消費期限の目安は3日程度ですが、これは冷蔵保存した場合の期限です。コンビニおにぎりは製造から陳列まで時間がかかるため、消費期限は余裕をもって設定されています。冷蔵で保存をすれば、消費期限が過ぎても2日以内ならほぼ問題なく食べることができます。常温保存の場合は、消費期限内で食べるようにしましょう。

手作りは半日

手作りおにぎりの消費期限の目安は半日です。ただし、この消費期限の目安は、手をきれいに洗って、清潔な環境で作り、常温ではなく冷蔵庫などの涼しい場所で保存することが条件になります。手作りおにぎりはどうしても雑菌の増殖により腐りやすくなるので、常温保存、夏場の暑い時期などは特に早く食べきることをおすすめします。

おにぎり(コンビニ)の消費期限が切れても食べられる?

コンビニおにぎりはいつでも手軽に手に入り、小腹を満たしてくれますが、たまに食べ忘れて気が付いたら消費期限を過ぎてしまっていたこともあるでしょう。ここでは、コンビニおにぎりの消費期限について確認しましょう。

消費期限の定義

消費期限は「未開封で適切な保存をした場合の、安全に食べられる期限」を指し、お弁当、ケーキ、サンドイッチ、生麵などのいたみやすい食品に表示されています。消費期限を過ぎたら、絶対に食べてはいけないわけではありませんが、食中毒などの危険性が高まるので安全は保証されません。

一方、賞味期限は「未開封で適切な保存をした場合の、安全に美味しく食べられる期限」を指します。スナック菓子、カップ麵、チーズ、缶詰、ペットボトル飲料などの常温保存がきく食品に表示されています。賞味期限が過ぎてもすぐに食べられなくなるわけではないので、匂いや見た目、味を確認してから食べましょう。

問題がなければ食べられる

冷蔵や冷暗所など適切な環境でコンビニおにぎりが保存されていた場合は、消費期限が2日くらい過ぎても問題がない場合がほとんどです。ただし、食べる時に匂い、見た目、味に違和感がないか十分確認してから食べましょう。

常温で保存されていた場合は、季節や温度などによっては消費期限内であっても腐っている可能性があります。したがって常温保存で消費期限が過ぎたおにぎりは、もったいないですが食べないほうが良いでしょう。

おにぎりの消費期限が切れて腐るとどうなる?

おにぎりは消費期限が切れても問題がなければ食べられることがわかりましたが、腐るとどうなるのでしょうか?その見分け方を、匂い、見た目、味の特徴から確認しましょう。

①匂い

最初におにぎりが腐っているか判断しやすいのは匂いです。おにぎりを食べようと口元へ運んだ時に、すぐに感じるのが匂いの異変です。

・すっぱい匂いがする
・むせるような発酵臭がする


炊き立てのご飯で作ったおにぎりは、炊きたてご飯独特のおいしそうな匂いがしますが、時間が経過したおにぎりはほとんど目立った匂いはありません。おにぎりにすっぱい匂いや、むせるような発酵臭がした時は、腐っている可能性が高いです。腐ったおにぎりを食べると下痢、嘔吐、腹痛などを起こしやすいので、ためらわずに廃棄しましょう。

②見た目

次におにぎりが腐っていると判断しやすいのが見た目です。

・ネバつき、べたつきがある
・お米が糸を引いている
・カビが生えている
・お米や具材の色が変色している


おにぎりは腐りだすとお米の栄養分などが溶けて水分が抜けだし、ネバついたり、糸を引いたりします。その原因は、腐敗菌と呼ばれる雑菌が繁殖することで起こります。また、お米や具材にカビや、変色があれば腐っているので廃棄しましょう。

③味

おにぎりの匂いや見た目で腐っているかどうかわからない時は、少しだけ味見をして判断しましょう。

・酸味がある
・ネチャっとした変な食感がある
・味に違和感がある


この場合に気をつけておきたいことは、味見は少量におさえておくことです。通常のおにぎりにはない酸味、ネチャっと歯にくっつくような食感、味に違和感がある場合はすぐに食べるのをやめて吐き出すことが大切です。

おにぎりの消費期限を伸ばす保存方法は?

おにぎりは消費期限が短い食べ物ですが、保存方法によっては期限を伸ばすことができます。冷蔵保存、冷凍保存する場合のポイントを紹介します。

①野菜室で冷蔵保存

おにぎりを冷蔵保存していると、冷蔵室の温度が低すぎるためにパサついて固くなり、美味しくなくなってしまうことがよくあります。コンビニおにぎりの陳列棚は、通常15℃くらいに設定されていますが、家庭にある冷蔵室は2~4℃の設定のため、おにぎりの保存には温度が低すぎるのが原因です。

野菜室は野菜の鮮度を長持ちさせるため、5℃前後に設定してあります。ラップでくるんだおにぎりやコンビニおにぎりを袋に入れたまま保存すると、コンビニの陳列棚の状態に近くなり、比較的味を落とさずに食べられます。

②冷凍保存は向き・不向きがある

おにぎりは冷凍保存をすれば、約1か月くらい消費期限を伸ばすことができます。ただし、冷凍保存できるおにぎりは具材により向き・不向きがあります。冷凍に向くのは、梅、焼き鮭、昆布、おかかなどの定番の具材です。これらは冷凍、加熱しても味に問題がありません。保存する際はラップで包み、ジップロックに入れると更に良い状態で保存できます。

一方、冷凍に不向きの具材は、いくらやすじこなど生ものの具材です。これらは電子レンジで温めると、生臭さや具材のパサつきなど味に変化が起きてしまいます。マヨネーズを使った具材も冷凍すると、油、酢、卵が分離して温めると油っこくなり冷凍には向いていません。

日持ちするおにぎりを手作りする方法は?

おにぎりは、毎日食べても飽きがこない昔から親しまれている日常食です。簡単に作ることができて、とても便利で美味しい食べ物ですね。ここではおにぎりを手作りする際に、長く日持ちさせられる方法を紹介します。

①ラップ・ビニール手袋を使って握る

おにぎりが早く傷んでしまう大きな原因の一つは、手に付着している雑菌が増殖するためです。手作りおにぎりを作る前にどれだけ手をきれいに洗ったとしても、爪や手のひらのシワ、指紋などに潜む目にみえない雑菌は落しきれていません。

その雑菌が増殖したおにぎりを食べてしまうと、嘔吐、下痢、腹痛などの食中毒を引き起こす可能性があります。ラップ・ビニール手袋を使うことで、おにぎりに雑菌が付着しにくくなり、日持ちしやすくなります。

②腐りにくい具材を使う

腐りにくい具材を使って作ることも、おにぎりを日持ちさせるポイントです。おすすめの具材をいくつか紹介します。

・梅
・大葉
・昆布
・ごま塩
・おかか


おにぎりの定番具材がほとんどで、どれもシンプルな具材です。これらは「水分が少なめ」、「酸味がある」、「塩分が多め」など日持ちしやすい共通点があります。これに対して、たらこやいくらなど生もの、エビマヨやツナマヨなどマヨネーズを使ったもの、炊き込みご飯などは腐りやすい具材なので使わないほうが良いでしょう。

③ご飯を炊く時はお酢を一緒に入れる

ご飯を炊く時にお酢を少々入れるのもおすすめです。お酢には防腐・抗菌作用があるので、食べ物を腐りにくくし、日持ち効果が期待できます。

お酢の分量は、お米2合にお酢大さじ1杯が目安です。炊き上がったご飯には酸味が抜けて、お酢の成分のみが残ります。夏場など特に食べ物が腐りやすい時期は、雑菌の増殖を抑えるので食中毒予防にもなります。もし、ご飯を炊く時にお酢を入れるのを忘れた場合は、炊き上がったご飯に混ぜても大丈夫です。

④食べる直前に海苔を巻く

最後のおすすめは、食べる直前に海苔を巻くことです。おにぎりが温かいうちに海苔を巻くと、おにぎりの中身が蒸れて雑菌が増殖しやすい状態になり、腐りやすくなってしまいます。そのため、おにぎりに海苔を巻くタイミングは食べる直前か、それが難しい場合はおにぎりが完全に冷めてから巻くと日持ちしやすくなるのでおすすめです。

消費期限が切れたおにぎりの活用方法

消費期限が切れたおにぎりは、上手に活用することで美味しく食べることができます。ここでは簡単に作れて、美味しく、大満足のおにぎり活用方法をいくつか紹介します。

①コンビニおにぎり茶漬け

出典: https://cookpad.com/recipe/4518196

コンビニおにぎり茶漬けは、時間がない時でもお湯さえあれば簡単に作ることができます。お好みでかつお節やネギ、ゴマなどを入れるとさらに美味しくなります。おにぎりの具材は定番の梅、昆布、鮭などがおすすめです。

コンビニおにぎりでお茶漬け by ちはまみ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが330万品

②コンビニおにぎり玉子雑炊

出典: https://kurashinista.jp/articles/detail/12873

コンビ二おにぎりと玉子があればすぐできるレシピです。お料理が苦手な方でも簡単に作ることができ、ヘルシーなのでダイエットにもおすすめです。

材料2つ!!コンビニおにぎりで作る!簡単玉子雑炊☆ - 暮らしニスタ

③おにぎりチーズリゾット

出典: https://cookpad.com/recipe/2855999

おにぎりをだしつゆとコンソメで味付けし、最後にチーズを好きなだけ入れたらチーズリゾットの完成です。チーズの香りが食欲をそそる、簡単で体も温まるレシピです。

おにぎりリメイク*チーズリゾット* by はるCPJ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが330万品

おにぎりの消費期限に注意しよう

おにぎりは冷蔵保存ではあまり日持ちしませんが、冷凍保存をすれば長期保存もできます。コンビニ・手作りによって消費期限が変わるので、しっかり確認しながら、おにぎりを美味しくいただきましょう。

関連する記事