マーガリンの原料とは?石油は嘘?体に悪いと言われる理由・真嘘を解説!

マーガリンの原料は何か知っていますか?石油と言われることがありますが本当でしょうか?今回は、マーガリンの原料や種類のほか、製造工程・方法について紹介します。マーガリンが体に悪いといった噂の真嘘についても紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. マーガリンの原料は?石油は嘘?
  2. マーガリンの原料は植物性油脂
  3. マーガリンに石油由来の原料はない
  4. マーガリン類に2種類あるの?違いは?
  5. ①マーガリン
  6. ②ファットスプレッド
  7. マーガリンの製造方法・工程は?
  8. ①原材料の配合
  9. ②乳化
  10. ③製造
  11. ④検査・完成
  12. マーガリンは体に悪いって本当?理由は?
  13. ①遺伝子組み換え食品を使用している恐れがあるため
  14. ②トランス脂肪酸が含まれるため
  15. トランス脂肪酸の危険性については定かではないと認識しておこう
  16. マーガリンについてよく知ろう

マーガリンの原料は?石油は嘘?

マーガリンはパンに塗ったりお菓子作りの用途で使われ、バターに比べ安価で供給が安定していることから、マーガリンを選ぶ方も多いのではないでしょうか。そんな身近にある、マーガリンにまつわる噂や原料について紹介します。

マーガリンの原料は植物性油脂

マーガリンと同じ用途で使われることの多いバターは、マーガリンと見た目は似ていますが全くの別物だと言えるでしょう。バターが、牛乳の乳脂肪を分離させて作られる動物性油脂なのに対して、マーガリンの原料には植物性油脂を原料として作られています。下記はマーガリンに使われる植物性油脂の種類です。

・大豆油
・べに花油
・コーン油
・オリーブ油
・ひまわり湯
・パーム油 など

これらの植物性油脂を数種類混ぜ合わせ、乳製品や乳化剤・着色料などを加えて作られています。主原料にどの植物性油脂を使うかによって味・香り・固さなどに違いが生まれ、動物性油脂のバターよりもあっさりとした風味が特徴的です。

また、バターをはじめとした動物性油脂はコレステロールを多く含むので、バターに比べコレステロールが低く抑えられるマーガリンは、健康に気遣う方からも人気があります。

マーガリンに石油由来の原料はない

マーガリンが石油から出来ているという噂がある様ですが、マーガリンの原料は植物性油脂であって、石油系の油脂は使用されていません。ただ、植物性油脂の製造過程で効率よく原料から油を搾取する為、ヘキサンと呼ばれる石油系の有機溶剤が使われる事がある様です。

ですがヘキサンは製造工程で除去され、国の基準により最終食品の残留チェックも行われているので、心配する必要はないでしょう。

マーガリン類に2種類あるの?違いは?

マーガリンの中でも、商品の名称を見るとマーガリンとファットスプレッドの2種類に分類されています。それぞれの詳しい特徴を見ていきましょう。

①マーガリン

マーガリンの原料には、下記のものしか使うことが出来ません。

・食用油脂
・乳・乳製品
・カゼイン・植物性たんぱく
・砂糖類
・食塩
・香辛料

これらの原料を使い、油脂を80%以上含んでいるものだけが、商品の名称にマーガリンと表記することが出来ます。コクや風味を良くするために、動物性油脂のバターと混合させている商品もある様です。

②ファットスプレッド

続いて下記の、ファットスプレッドを作る際に、使うことの出来る原料を見てみましょう。

・食用油脂
・乳・乳製品
・カゼイン・植物性たんぱく
・砂糖類
・食塩
・香辛料
・糖アルコール・還元水飴
・調味料
・ゼラチン
・でん粉・デキストリン
・はちみつ
・風味原料

ファットスプレッドはマーガリンに比べ、使用できる原料が多く、はちみつやチョコレート・ガーリックといった風味を付けた商品も人気があります。また、油脂の含有率が80%未満である事も、大きな特徴の一つです。この為、油脂の含有量を抑えたカロリーオフ製品も、ファットスプレッドの名称で販売されています。

関連する記事

×