枝豆の旬の時期・季節はいつ?選び方・栄養価やレシピのおすすめも紹介!

【野菜ソムリエ監修】枝豆の旬の時期を知っていますか?今回は、枝豆の旬・収穫時期や、主産地・生産量のほか種類なども紹介します。枝豆の旬や種類だけでなく枝豆がどのような野菜なのか、選び方や栄養価、レシピのおすすめも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |野菜ソムリエ 福光佳奈子
Instagram
Twitter
Facebook
野菜ソムリエプロ・薬膳インストラクター・著者/札幌市出身。大学卒業後、広告会社やメーカーへ勤務。会社員時代、激務により慢性不眠におちいる。...
Instagram
Twitter
Facebook
野菜ソムリエプロ・薬膳インストラクター・著者/札幌市出身。大学卒業後、広告会社やメーカーへ勤務。会社員時代、激務により慢性不眠におちいる。体調を回復させたい一心で、野菜やフルーツ等食材の栄養成分や機能を徹底的に分析。日ごろ、なにげなく食べている食材にはすべて「薬効」があることを知る。健康をとり戻してからも、食に関する学びを続ける。現在はフリーでセミナー講師やコンサルティング等、幅広く活動中。AERA等取材実績多数。著書『体にうれしい果実酒・野菜酒・薬用酒200』(秀和システム)は大ヒット。

目次

  1. 枝豆の旬の時期はいつ?
  2. 枝豆の旬の収穫時期・季節は初夏から秋(7月~8月)
  3. 枝豆の主産地・生産量
  4. 枝豆とはどんな野菜?
  5. 枝豆は未熟の大豆
  6. 枝豆の種類
  7. 枝豆の選び方・見分け方や栄養価は?
  8. 枝豆の選び方・見分け方のポイント
  9. 枝豆の栄養素・効能
  10. 枝豆の旬の食べ方・レシピのおすすめ
  11. ①ガーリックバター炒め
  12. ②枝豆入りひじき
  13. ③枝豆のポタージュ
  14. ④豆ごはん
  15. ⑤ずんだ白玉もち
  16. ⑥ずんだ風プリン
  17. 枝豆を旬の時期に美味しく食べよう

枝豆の旬の時期はいつ?

枝豆はスーパーなどで1年を通して販売されていますが、そんな枝豆にも旬の時期があります。ここでは枝豆の旬の季節と生産地のトップ5を紹介します。

枝豆の旬の収穫時期・季節は初夏から秋(7月~8月)

枝豆の旬の収穫時期は7~8月で、ちょうど暑くビールが美味しい季節です。旬の時期はスーパーや八百屋など、枝付きの状態で並ぶ事も多いでしょう。枝豆は収穫するとすぐ味が落ちてしまうのですが、枝を切り落とさずに収穫することによって味の劣化を防ぐことができます。

枝豆の主産地・生産量

枝豆の主産地及び生産量のトップ5を紹介します。

【生産量トップ5】
・1位/群馬県:6,420t
・2位/北海道:6,020t
・3位/埼玉県:5,870t
・4位/千葉県:5,830t
・5位/山形県:5,540t


上記データは、農林水産省の平成30年の作物統計です。産地は北海道・東北・関東が中心ですが、量は少ないもの野関西や九州・四国地方などでも生産されており、全国的に広い地域で生産されています。

(*枝豆の産地や旬について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

枝豆の種類・品種は?産地・旬など特徴やブランドの例を紹介!

福光佳奈子

野菜ソムリエ

枝豆は鮮度が味の決め手となります。買ったらすぐに茹でてください。購入当日にまとめて塩茹しておくと便利です。味もそこなわれず、その後の料理レパートリーも広くなります。

枝豆とはどんな野菜?

おつまみの定番枝豆は、どのような野菜なのでしょう。ここでは、枝豆はどのような野菜で、どのような種類があるのかを分かりやすく紹介します。

枝豆は未熟の大豆

名前に豆がつくので豆類と勘違いされやすいですが、枝豆はれっきとした緑黄色野菜です。枝豆は未熟な状態の大豆を収穫したもので、枝豆の状態で収穫せずに待っていると大豆になります。枝豆は未熟な状態の大豆のため、大豆アレルギーの方は食べないように気をつけましょう。

(*大豆と枝豆の違いについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

大豆と枝豆の違いは?同じ?もやしとの関係や黒豆・緑豆についても紹介!

枝豆の種類

枝豆は400品種以上あると言われているので、ここでは枝豆の主な種類とその産地を5種紹介します。

・毛豆/主な産地:青森県
・小糸在来/主な産地:千葉県
・だだちゃ豆/主な産地:山形県
・黒埼茶豆/主な産地:新潟県
・丹波黒大豆枝豆/主な産地:兵庫県


枝豆は大きく分けて白毛豆・茶豆・黒豆の3つの種類に分類ができます。白毛豆は一番ポピュラーな種類で、毛豆・小糸在来などの癖がなく食べやすい品種が多いです。茶豆は豆の薄皮が茶色く、だだちゃ豆・黒埼茶豆などが茶豆に該当し、白毛豆に比べて甘味が強いのが特徴的です。

黒豆は豆の薄皮が黒く丹波黒大豆枝豆が有名ですが、黒豆は生産に半年近く時間がかかるため出荷量が少ないのが他の2種と大きく違う点でしょう。

枝豆の選び方・見分け方や栄養価は?

枝豆は消費期限が短く、傷みやすい食品です。ここでは新鮮な枝豆の選び方と栄養について紹介するので、ぜひ購入時の参考にしてください。

枝豆の選び方・見分け方のポイント

旬で美味しい枝豆を選ぶポイントを紹介します。

・枝が付いている
・葉が緑色をしている
・一つの枝に沢山ついている
・さやが鮮やかな緑色をしている
・さやに張りがありふっくらしている
・さやの毛がびっしりと生え、毛が立っている

枝やさやが茶色いものは、鮮度が落ちているため避けるようにしましょう。また、枝豆は枝についている方が傷みにくいですが、旬の時期でも枝付きの枝豆は見かけることが減りました。

枝豆の栄養素・効能

枝豆に含まれる栄養素を、効能と併せて紹介します。

・タンパク質:体の基礎作り
・イソフラボン:美肌作り
・食物繊維:便秘の解消
・ビタミンC:病気に対する抵抗力の向上
・カリウム:高血圧とむくみの予防


枝豆は緑黄色野菜としての栄養素と、豆類の栄養素を併せ持っています。枝豆を包む薄皮を食べない方もいますが、実は薄皮には食物繊維が豊富なため、そのまま食べるようにしましょう。

(*枝豆の栄養について詳しく知りたい方はこちらの記事も読んでみてください。)

枝豆の栄養素と効能は?薄皮にも豊富?食べ過ぎの注意点や食べ方・レシピのおすすめを紹介!

福光佳奈子

野菜ソムリエ

ビールと枝豆は、味だけではなく、栄養面でも理想的な組み合わせです。枝豆に含まれる豊富なビタミン類とタンパク質にあるメチオニンが、アルコールの分解を促し、肝臓への負担を軽くしてくれます。

枝豆の旬の食べ方・レシピのおすすめ

塩茹でした枝豆をそのまま食べるのも美味しいですが、夏が旬の枝豆をもっと美味しく食べるレシピを6つ紹介します。どれも簡単にできるものばかりなので、夕飯作りなどの参考にしてください。

①ガーリックバター炒め

出典:https://cookpad.com/recipe/6312815

枝豆をニンニクとバター、醤油で炒めるだけの簡単レシピです。枝豆の本来の風味と、にんにくと醤油の香ばしい香りが相まって食欲が増します。

簡単おつまみ!枝豆のガーリックバター by アルバ店 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

②枝豆入りひじき

出典:https://cookpad.com/recipe/6310894

普段のひじきに枝豆と人参を入れることによって彩りがアップし、ヘルシーな常備菜としても重宝します。

枝豆と人参のひじき by 春菜食堂ϋ♡ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

③枝豆のポタージュ

出典:https://cookpad.com/recipe/6311867

枝豆を使った冷製スープは、旬の暑い夏にピッタリです。ミキサーやハンドブレンダーがあればすぐに枝豆を潰せるので、簡単に調理できます。

冷製枝豆ポタージュ by まめこkitchen 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

④豆ごはん

出典:https://cookpad.com/recipe/6095564

旬の枝豆の味と香りを堪能するのに、ピッタリな一品です。茹でた枝豆を炊飯時に入れるだけなので、とても簡単に作れます。

枝豆ごはん by 福岡県 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

⑤ずんだ白玉もち

出典:https://cookpad.com/recipe/6056194

宮城県の郷土菓子のずんだ餅を、フードプロセッサーがあれば簡単に自宅で作れます。見た目も鮮やかなので、ぜひ親子で白玉づくりから作ってみてください。

冷凍枝豆で簡単スイーツ♩ずんだ白玉もち by まっちゃズボラ飯 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

⑥ずんだ風プリン

出典:https://cookpad.com/recipe/6296846

豆乳と枝豆で作るプリンはとっても爽やかで、栄養たっぷりのスイーツです。塩分が少し効いているのがアクセントになり、やみつきになります。

枝豆de簡単☆ずんだ風プリン by ぐみちゃんクック 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

福光佳奈子

野菜ソムリエ

塩茹を美味しくするにはコツがあります。 ①さやの端をカットする ②やや多めの塩でよくもみ、うぶ毛をこすり落としてしばらく置く ③そのままたっぷりの熱湯に入れる。うま味が溶けだすので、茹ですぎないように注意しましょう。

枝豆を旬の時期に美味しく食べよう

冷凍食品の枝豆を口にすることが多いですが、生の枝豆には味も香りもかないません。旬の時期の枝付き枝豆は味や香りが格別なうえに、傷みにくいメリットもあります。近年では旬の時期でも枝付きで売られているものは少なくなりましたが、ぜひ熱い夏に枝付き枝豆と冷えたビールを味わっていただきたいです。

関連する記事