ナツメグの味や香りは?正しい使い方・注意点は?成分や効果・効能など紹介!

ナツメグがどんなハーブか知っていますか?どんな味・臭いがするのでしょうか?今回は、ナツメグの味・臭いのほか、使い方や栄養価・効能について紹介します。ナツメグの賞味期限や〈副作用・中毒〉など注意点も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ナツメグとは?どんな調味料?
  2. ナツメグはどんな味?香りは?
  3. ナツメグの味の特徴
  4. ナツメグの香りの特徴
  5. ナツメグの栄養価や効果・効能は?
  6. ①痛み止め効果
  7. ②快眠効果
  8. ③リラックス効果
  9. ④消化機能の改善
  10. ⑤肥満の予防
  11. ⑥冷え性の改善
  12. ⑦デトックス効果
  13. ⑧口臭予防
  14. ナツメグの使い方は?
  15. ①ハンバーグなど肉料理の臭み消し
  16. ②果物・デザートの香り付け
  17. ③飲み物の香り付け
  18. ナツメグの賞味期限は?切れても代用できる?
  19. ナツメグの賞味期限の目安
  20. ナツメグは他のスパイスで代用可能
  21. ナツメグを使う際の注意点は?毒性がある?
  22. 使いすぎると副作用・中毒症状が出る可能性がある
  23. ナツメグを使ったレシピのおすすめ
  24. ①ナツメグポテト
  25. ②豚肉と玉ねぎのナツメグ炒め
  26. ③ナツメグミルクティー
  27. ナツメグを使ってみよう

ナツメグとは?どんな調味料?

料理を作る際にレシピを見ていると、時折材料の一つに「ナツメグ」と書かれていることがあります。ナツメグはスーパーのスパイスコーナーなどに置いてあることも多いですが、一体どのような調味料なのでしょうか。ここからは、ナツメグの味や栄養・使い方などについて解説します。

ナツメグはどんな味?香りは?

スパイスにはさまざまな種類がありますが、ナツメグはどのような味や香りがあるのでしょうか?ここでは、ナツメグの味や香りの特徴について、実際に使った方の体験談も併せて紹介します。

ナツメグの味の特徴

スパイスは、その種類によっては胡椒などのように辛味を感じるものもありますが、ナツメグの味には刺激がほとんどありません。若干苦みのある味が特徴ですが、この苦味は焼いたり煮込んだりと言った加熱調理によってなくなります。さらに、加熱することで独特な甘みも出て、他の食材の旨味を引き出すことができると言われています。

ナツメグの香りの特徴

ナツメグには独特の甘い香りがあり、この香りは肉や魚などの臭いを消すことに役立ちます。スパイスは仕上げの香りづけに使う場合も多いですが、ナツメグは加熱調理をすることで独特の香りが引き立つため、下処理の段階で使うのが基本です。

ナツメグの栄養価や効果・効能は?

ナツメグを含むスパイスは、その香りや味を楽しむイメージが強いかもしれませんが、それだけでなく健康に良いさまざまな効果や効能も持っているのが特徴です。ここでは、ナツメグが持つ健康への効果・効能について詳しく解説しましょう。

①痛み止め効果

ナツメグは、マッサージオイルとして使用すると、体の炎症を抑えて痛みを抑える効果を発揮します。その効果の強さから、中国では痛み止めの薬としても活用されているそうです。関節炎やリウマチなどの痛み以外にも、腹痛にも効果があるので、体の痛みに悩んだ時にはナツメグを活用してみると良いでしょう。

②快眠効果

ナツメグは、その体を温める作用によって快眠効果を得ることができます。ホットミルクにも快眠を助ける効果があると言われているので、不眠に悩む方は、寝る前にホットミルクに少量のナツメグをかけて飲んでみるのも良いでしょう。ナツメグは、その香りにも眠気を誘発する効果があるので、香りを楽しみながら飲むのがおすすめです。

③リラックス効果

ナツメグの香りには、心身をリラックスさせて疲労回復を促進する効果があります。これは、ナツメグに含まれるオイゲノールと呼ばれる成分に、リラックス作用があるためです。このリラックス効果の高さから、ナツメグはアロマオイルとして、芳香浴やアロママッサージなどにも活用されています。

④消化機能の改善

ナツメグは、食べ過ぎなどで弱った胃や腸の機能を改善させる効果を持っているのも特徴です。これはナツメグに含まれるミスチリンと呼ばれる成分の効能によるもので、食欲が低下している際の食欲増進にも役立ちます。夏バテなどで食欲がない時や、胃腸の調子が悪い時には、ナツメグを使った消化に良い料理を作ってみるのもおすすめです。

⑤肥満の予防

人間の体内では、食事を食べると血糖値が上昇し、この上がった血糖値を下げるためにインスリンと呼ばれるホルモンが分泌されています。しかし、人によってはこのインスリンに対して体が抵抗性を持ってしまう場合もあり、結果として血糖値が下がりにくくなって太りやすくなります。

ナツメグにはこのインスリンへの抵抗性を改善させる成分が含まれているため、肥満の予防に効果的です。肥満が気になる方は、毎日の食事などにナツメグを取り入れてみると良いでしょう。

⑥冷え性の改善

ナツメグには、ピネンと呼ばれる発汗作用を持つ成分が含まれており、心臓の働きや血液の循環を良くして体の冷えの改善に効果を発揮します。シナモンと組み合わせるとより効果が高まるので、冷えが気になる場合には2つを組み合わせて使ってみましょう。食用以外にも、エッセンシャルオイルとしてフットトリートメントなどに使用するのも効果的です。

⑦デトックス効果

人は日々、たばこや食品添加物・空気中の汚染物質などにさらされており、体内にも毒素を溜め込んでいます。こういった毒素は特に肝臓と腎臓に溜まりやすい傾向にありますが、ナツメグにはこの肝臓と腎臓に溜まった毒素の排出を促進するデトックス効果があると言われています。

身体に毒素が溜まると、疲労感を感じやすくなったり体調不良を起こしやすくったりするので、体調が優れない時などにはナツメグを積極的に取り入れてみると良いでしょう。

⑧口臭予防

ナツメグの香りのもととなっているオイゲノールと呼ばれる成分には消臭効果があるため、口臭の予防にも効果を発揮します。さらに殺菌作用もあるので、口の中の細菌が原因で起こる歯周病の予防や改善にも役立ちます。

消化不良も口臭の原因になりますが、ナツメグには消化を促進する効果もあるため、消化不良が原因で胃から生じる臭いも予防することが可能です。

ナツメグの使い方は?

ナツメグは、家庭によっては使用機会がほとんどなく、買ったものの使わないまま賞味期限を切らしてしまった経験がある方も多いかもしれません。購入したナツメグを無駄にしないためにも、ナツメグの使い方を理解しておきましょう。

①ハンバーグなど肉料理の臭み消し

ナツメグは、以下のような肉料理の臭み消しに活用することができます。

・ハンバーグ
・ロールキャベツ
・ミートボール
・ソーセージ
・ミートローフ


ナツメグは、ハンバーグやミートボールなどのひき肉を使った料理に使用すると、肉特有の臭いを消しながら旨味を引き出すことができます。なお、使用する際は上記のような料理のタネや生地を作る段階で入れるようにしましょう。

ただし、ナツメグは加熱することで香りが強まるので、下処理の段階で使い過ぎるとナツメグの香りが強すぎる仕上がりになる場合があります。そのため、使用する際は肉100gに対してナツメグが0.2g程度に押さえることが大切です。

②果物・デザートの香り付け

甘い香りを持つナツメグは、果物やデザートの香り付けに使用するのもおすすめです。果物の場合には特にオレンジやリンゴとの相性が良く、焼きリンゴなどにかけて食べても美味しいでしょう。また、プリンやケーキや・クッキー・パイなどを作る際にナツメグを入れると、大人好みの味わいに変化します。

③飲み物の香り付け

ナツメグは、飲み物の香り付けに使用すると、いつもの飲み物を違った味わいで楽しむことができます。ナツメグが合う飲み物は、ホットミルクやコーヒー・エッグノッグなどですが、シナモンやクローブなどの他のスパイスと合わせるとより香りが良くなります。また、乳製品と組み合わせることで、乳製品独特の臭い消しにも役立つのが特徴です。

ほか、お酒を飲む方の場合は、シナモンなどと一緒にホットワインなどに入れて楽しむのも良いでしょう。

ナツメグの賞味期限は?切れても代用できる?

ナツメグは使わずに余らせてしまうことも多いですが、賞味期限はどのくらいなのでしょうか?ここでは、ナツメグの賞味期限の目安や、賞味期限が切れた際に他のスパイスなどで代用できるかどうかを解説します。

ナツメグの賞味期限の目安

ナツメグはの賞味期限は、基本的には製造日から2年程度です。多くのナツメグは瓶や袋に入った状態で販売されており、パッケージに賞味期限が記載されているので、購入時には期限を確認しておきましょう。

なお、記載されている賞味期限は「未開封の状態で適切に保存していた場合に美味しく食べられる期限」なので、開封後は記載の期限にかかわらず早めに使用することが大切です。開封後は劣化が早まり、香りや味が弱くなるだけでなく、カビやダニも発生しやすくなるので注意しましょう。

ナツメグは他のスパイスで代用可能

ナツメグの賞味期限が切れてしまった場合には、以下のような他のスパイスで代用することができます。

・胡椒
・ターメリック
・パプリカパウダー
・オールスパイス

ナツメグは肉などの臭い消しとして活用されることが多いですが、上記のようなスパイスも臭い消しに効果があります。ただし、いずれもナツメグとは若干香りや風味が異なり、適した分量もスパイスの種類によって変わります。代用として使用する際は、様子を見ながら少量ずつ使用するのがおすすめです。

(*ナツメグの代用品について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ハンバーグに入れるナツメグの代用品は?身近で代わりになる・NGな調味料を紹介!

ナツメグを使う際の注意点は?毒性がある?

ナツメグは料理の美味しさを引き立てたり、健康に良い効果をもたらしたりといったメリットを持つスパイスですが、一方で使い方を間違えると健康を害する場合もあります。ここでは、ナツメグを使う際の注意点やその毒性について解説します。

使いすぎると副作用・中毒症状が出る可能性がある

ナツメグは、使い過ぎると以下のような副作用や中毒症状を起こすと言われています。

・低血圧
・頻脈
・めまい
・興奮
・幻覚
・多幸感
・嘔吐
・脱力感


ナツメグにはミリスチシンと呼ばれる成分が含まれており、摂取しすぎると交感神経の働きを過剰に低下させ、上記のような中毒症状を起こします。中毒症状の中には「幻覚」や「多幸感」などもあるため、過去にはこれらの症状を求めてわざとナツメグを大量に摂取した人もいたそうです。

ただし、大量摂取した場合には幻覚や多幸感よりも吐き気やめまいなどの不快な症状の方が強く出るようなので、幻覚などを目的に大量摂取するのは止めましょう。なお、幻覚などの中毒症状や副作用が出るナツメグの量は成人で5g以上だとされています。使い過ぎは最悪の場合、死を招く危険性もあるので適量を楽しむようにしましょう。

ナツメグを使ったレシピのおすすめ

ナツメグは肉料理に使うとその美味しさを引き立てることができますが、忙しい時には手の込んだ肉料理をなかなか作れない場合も多いでしょう。ここでは、ナツメグを使って作ることができる、手軽なレシピをいくつか紹介します。

①ナツメグポテト

出典: https://www.elle.com/jp/gourmet/gourmet-recipes/a51029/gco-2190/

ナツメグポテトは、フライドポテトにナツメグを振りかけるだけで出来る、簡単なレシピです。自宅でフライドポテトを作っても良いですが、購入したフライドポテトにナツメグをかけてアレンジしても良いでしょう。

ナツメグ風味のフライドポテト のレシピ・作り方|ELLE gourmet [エル・グルメ]

②豚肉と玉ねぎのナツメグ炒め

出典: https://cookpad.com/recipe/2005125

豚肉と玉ねぎのナツメグ炒めは、豚肉と玉ねぎを炒める際にナツメグを加えるだけで、手軽にナツメグの風味を楽しめるレシピです。ナツメグはひき肉料理に使うことが多いですが、ひき肉料理以外の肉料理に使っても、その美味しさを引き立てることに役立ちます。

豚肉と玉ねぎのナツメグ風味炒め by リラッタ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが334万品

③ナツメグミルクティー

出典: https://cookpad.com/recipe/3071121

ナツメグは、ミルクティーなどの飲み物に少し振りかけて飲むのもおすすめです。ナツメグには安眠効果もあるので、眠る前の飲み物としてもぴったりでしょう。

❇魅惑の❇♪ミルク♪ナツメグ♪ティー❇ by こたらパッド 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが334万品

ナツメグを使ってみよう

ナツメグは、使うことで料理の旨味を引き出し、風味を良くすることができる便利なスパイスです。ただし、使い過ぎると吐き気や幻覚などの副作用が現れる場合もあるので、使う量に注意しながら上手に活用しましょう。

関連する記事