ローストビーフに最適な部位の選び方は?味・柔らかさなどタイプ別のおすすめを紹介!

ローストビーフを作るのにおすすめの部位はどこか知っていますか?今回は、ローストビーフに最適な部位を〈柔らかい・安い・美味しい〉など作りたいタイプ別に紹介します。作り方のコツや手順も〈ランプ・リブロース〉など部位別に紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ローストビーフに最適な部位は?
  2. 作りたいローストビーフによって変わる
  3. ローストビーフのタイプ別に最適な部位のおすすめ
  4. ①安い値段で作りたい場合
  5. ②柔らかいローストビーフを作りたい場
  6. ③柔らかさ・脂身がほどよく美味しいローストビーフを作りたい場合
  7. ローストビーフの作り方のコツは?
  8. ①常温に戻してから調理する
  9. ②表面に焼き目をつけて旨味を逃さない
  10. ③肉の繊維を断ち切る
  11. ローストビーフの部位別の作り方・レシピ
  12. ①リブロースのローストビーフ
  13. ②ランプ肉のローストビーフ
  14. ③うちもも肉のローストビーフ
  15. ④フィレ肉のローストビーフ
  16. ローストビーフに最適な部位を選ぼう

ローストビーフに最適な部位は?

ローストビーフは牛肉のうまみや柔らかさを味わえて、シンプルな調理でも、豪華に仕上がる人気のメニューです。赤身を美味しく食べる料理というイメージがあるローストビーフを、より美味しくできる最適な牛肉の部位を紹介します。

作りたいローストビーフによって変わる

肉本来の味わいが、そのまま料理の美味しさにつながるローストビーフは、使う部位によって味が変わります。そのため、作りたいローストビーフに向いている部位や産地を選んで調理するとよいでしょう。

ローストビーフのタイプ別に最適な部位のおすすめ

本格的なローストビーフの調理に必要な肉の部位を、作りたい料理のタイプ別に紹介します。赤身の美味しさが重要なローストビーフには、赤身中心で肉のうまみがしっかり感じられる部位が向いています。牛肉の部位の中でも、よりローストビーフに最適な種類を見ていきましょう。

①安い値段で作りたい場合

初めてローストビーフを作る人や、コストを抑えて作りたい人におすすめの部位を紹介します。

・うちもも(牛もも肉)
・国産牛の肩ロース


うちももと呼ばれる牛もも肉は、赤身があっさりしていて、仕上がりが柔らかくなるので、輸入牛や国産牛に関わらずローストビーフに向いています。国産の肩ロース肉も、比較的安く手に入る部位で、脂が少なく、冷めても柔らかく仕上がるので、安く作りたいときに良いでしょう。

②柔らかいローストビーフを作りたい場

少し厚めに切っても、柔らかく仕上がるローストビーフを作りたいときに最適な部位を紹介します。

・ランプ肉
・牛ヒレ肉


ランプ肉は赤身にほどよく脂が含まれていて、柔らかい仕上がりに最適な部位です。手頃な価格のランプ肉は、脂を含んでいても霜降りになりにくいので、冷めても美味しいローストビーフが作れるでしょう。

ヒレ肉はサーロインに並ぶ高級部位で、脂肪が少なく、きめの細かいあっさりした赤身が特徴です。国産でも輸入牛でも、肉のうまみが味わえる柔らかいローストビーフに向いています。

(*ランプ肉について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ランプ肉はどこの部位?味・食感など特徴は?焼き方やステーキなど食べ方のおすすめも紹介!

③柔らかさ・脂身がほどよく美味しいローストビーフを作りたい場合

仕上がりが柔らかく、脂身もほどよく味わえる美味しいローストビーフを作りたいときに向いている部位を紹介します。

・サーロイン
・リブロース


柔らかさと脂身の美味しさを味わいたいときは、ロース肉が向いています。サーロインは、牛肉の王様と言われる高級部位で、国産を使うと霜降りが多くなりますが、アメリカ産のサーロインは赤身が多くなり、柔らかく美味しいローストビーフが作れるでしょう。

リブロース肉はろっ骨付近の部位で、赤身のもつ肉本来のうまみと、ほどよい脂が味わえるため、ローストビーフに最適です。特に、輸入牛のリブロース肉は脂身と赤身のバランスが良く、柔らかい仕上がりになるでしょう。

(*サーロインについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

サーロインの部位は牛のどこ?リブロースとの違いは?特徴やステーキなど食べ方も紹介!

ローストビーフの作り方のコツは?

ローストビーフを作るのは難しいイメージがありますが、簡単な調理で作れるので、料理初心者でも挑戦しやすい料理です。美味しいローストビーフを作るために、押さえておきたいコツを紹介します。

①常温に戻してから調理する

ローストビーフは牛肉のかたまりを調理するため、中心まで火を通すのに時間がかかります。冷蔵庫から出したばかりの、冷たい牛肉を調理すると、中まで火が通らずに生焼けになってしまうことがあるので、調理前に常温に戻しておくとよいでしょう。調理する1~2時間前に室温に戻すと、生焼けや焼きムラが防げます。

(*牛肉・ローストビーフの生焼けについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

牛肉の生焼け・レアを食べても大丈夫な理由とは?ただ危険な場合もあるって本当?
ローストビーフの生焼けは食べても大丈夫?再加熱のコツや見分け方・防止策など紹介!

②表面に焼き目をつけて旨味を逃さない

ローストビーフを調理するときは、最初に高温で調理し、表面にしっかり焼き目をつけましょう。まんべんなく焼き色を付けるだけなので、短時間で調理します。表面を高温で素早く焼くことで、中のうまみを逃がさないようにできます。

③肉の繊維を断ち切る

ローストビーフの切り方にも、より美味しく仕上げるポイントがあります。大きな塊の状態から、肉の繊維を断ち切るように切れば、薄くやわらかいスライスに仕上がります。塊の中にある、しわのようになっているところが繊維にあたるため、そこに対して垂直に包丁を入れましょう。繊維を切ることで、スジが残らず、口当たりが柔らかくなります。

ローストビーフの部位別の作り方・レシピ

ローストビーフは、特別な調理器具も不要で、自宅でも手軽に作れる料理です。ローストビーフの作り方を部位別に紹介するので、好みのローストビーフが作れる部位で挑戦してみましょう。

①リブロースのローストビーフ

出典:https://cookpad.com/recipe/4257949

赤身と脂身のバランスが良い、輸入のリブロースを使ったローストビーフのレシピです。醤油を使った和風のソースで、お正月料理にもぴったりでしょう。フライパンひとつで簡単に作れるので、初めてローストビーフを作る人にも向いています。

アメリカン・ビーフの和風ローストビーフ by アメリカ大使館 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが334万品

②ランプ肉のローストビーフ

出典:https://cookpad.com/recipe/4163362

国産のランプ肉を使って、フライパンで作れるローストビーフのレシピです。にんにくやハーブ、赤ワインの風味を生かした本格的な味わいで、ランプ肉の赤身の美味しさが堪能できるでしょう。

【簡単】ランプ肉の本格ローストビーフ by クックHI91WD☆ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが334万品

③うちもも肉のローストビーフ

出典:https://cookpad.com/recipe/2855003

うちもも肉を使ったローストビーフを、野菜をたっぷり使った本格的なバターソースで味わうレシピです。細かい温度も記載されているので、初めて作る人でもわかりやすいでしょう。安いうちもも肉で、おもてなしにもぴったりの贅沢な料理が作れます。

フライパンでローストビーフ by えもじょわ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが334万品

④フィレ肉のローストビーフ

出典:https://cookpad.com/recipe/5165507

柔らかいローストビーフが作れる、ヒレ肉を使ったローストビーフのレシピです。にんにくとマジックソルトで味付けするので、ビールのおつまみも向いています。柔らかいヒレ肉を使うので厚く切っても美味しく、ワイルドな見た目に仕上がるでしょう。

ビールが進む…フライパンのローストビーフ by つまみりょうたろう 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが334万品

ローストビーフに最適な部位を選ぼう

ローストビーフは自宅でも挑戦しやすい簡単調理で作れますが、使う部位によって、味わいが変わる料理なので、部位選びが大切です。作りたいローストビーフに適した部位を選べば、見た目にも豪華で、美味しいローストビーフが作れるでしょう。

関連する記事