ハンバーグの保存方法・期間は?冷凍で長持ち?たね・焼いた後別にそれぞれ徹底解説!

ハンバーグの正しい保存方法を知っていますか?今回は、ハンバーグを〈冷蔵・冷凍〉で保存する方法や日持ち期間のほか、解凍方法も紹介します。冷凍ハンバーグのアレンジレシピやハンバーグの腐った時の見分け方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ハンバーグの正しい保存方法は?
  2. 常温保存は極力避けて冷凍・冷蔵で保存する
  3. ハンバーグを冷蔵保存する方法・日持ち期間は?
  4. ①ハンバーグのたねを冷蔵保存する場合
  5. ②焼いたハンバーグを冷蔵保存する場合
  6. ハンバーグを冷凍保存する方法・日持ち期間は?
  7. ①ハンバーグのたねを冷凍保存する場合
  8. ②焼いたハンバーグを冷凍保存する場合
  9. ハンバーグを保存する際のポイントは?
  10. 作り置きしたタネを保存する際のポイント
  11. 焼いたハンバーグを保存する際のポイント
  12. 冷凍ハンバーグの解凍方法・焼き方は?
  13. ①焼いた後のハンバーグはレンジでOK
  14. ②たねで保存した場合は一手間必要
  15. ハンバーグが腐った時の見分け方は?
  16. 腐ったハンバーグの特徴
  17. 冷凍ハンバーグのアレンジレシピを紹介!
  18. ①トマト煮込みハンバーグ
  19. ②ハンバーグのホイル包み焼き
  20. ③スープハンバーグ
  21. ④ハンバーグとピーマンの炒めもの
  22. ⑤ロコモコ丼
  23. ハンバーグを正しく保存して日持ちさせよう

ハンバーグの正しい保存方法は?

ハンバーグは幅広い世代に人気のある料理で、普段のメイン料理だけでなくお弁当のおかずやパーティのシーンなどで食べれられることもあります。ハンバーグを作り過ぎてしまった時や作り置きとして多めに作っておきたい場合は、どのように保存したらよいのでしょうか。

常温保存は極力避けて冷凍・冷蔵で保存する

ハンバーグは、調理の段階でひき肉に玉ねぎなどの具材を混ぜて成形するため、傷み易いと言われています。そのため、焼く前のハンバーグと焼いたハンバーグのどちらも、極力常温保存は避けましょう。

ハンバーグのタネを作ってから焼くまでの時間があいてしまう場合は、ハンバーグが乾燥しないようにラップをかけて冷蔵室か冷凍室へ入れて保存してください。焼いたハンバーグを常温で保存する場合は2時間から4時間程度に留め、4時間以上食べる予定がない場合は冷蔵または冷凍して保存しましょう。

ハンバーグを冷蔵保存する方法・日持ち期間は?

食べるまでハンバーグを冷蔵室に入れておく場合は、どのような方法で保存したらよいのでしょうか。ハンバーグの冷蔵保存方法のポイントや、日持ち期間について解説します。

①ハンバーグのたねを冷蔵保存する場合

ハンバーグのたねを冷蔵室で保存する方法は、以下の通りです。

【やり方】
1.ハンバーグのたねを成形する
2.ハンバーグのたねをラップで包み、密閉式の保存袋に入れて冷蔵室に入れる


成形したハンバーグのたねをひとつずつラップで包んで密閉式の保存袋に入れ、調理するまで冷蔵室で保存します。生のハンバーグの保存期間は、冷蔵室で半日から1日程度です。

②焼いたハンバーグを冷蔵保存する場合

焼いたハンバーグを冷蔵室で保存する場合は、以下のような手順で行います。

【やり方】
1.ハンバーグを加熱して中心部までよく火を通す
2.ひとつずつラップに包んで冷蔵室に入れる


ハンバーグを焼いてから保存する場合は、ハンバーグの中心部までしっかりと火を通しておきましょう。焼いたハンバーグの粗熱が取れたらひとつずつラップに包み、冷蔵室で保存してください。

焼いたハンバーグは冷蔵室で3日ほど保存が可能です。ただし、ハンバーグを焼いてから冷蔵室に入れるまで長時間室温に置いておくと、保存期間も短くなるので注意してください。

ハンバーグを冷凍保存する方法・日持ち期間は?

ハンバーグをすぐに食べない場合は、長期間日持ちする冷凍保存がおすすめです。ここからは、ハンバーグのたねや焼いたハンバーグを冷凍保存する方法と、その日持ち期間について解説します。

①ハンバーグのたねを冷凍保存する場合

ハンバーグのたねを冷凍する場合は、以下のような手順で行います。

【やり方】
1.ビニール手袋をはめて空気が入らないようにひとつずつラップで包む
2.金属製のトレイに乗せて冷凍室に入れる


ハンバーグのたねを成形したり保存する際は、手の細菌をたねに移さないようにビニール手袋をはめて作業してください。ラップで包んだハンバーグのたねを金属製のトレイに乗せて急速冷凍することで、たねから肉汁が出るのを防いで肉の旨みを保つことができます。冷凍したハンバーグのたねの保存期間は、2週間程度です。

②焼いたハンバーグを冷凍保存する場合

焼いたハンバーグの冷凍保存方法は、以下の通りです。

【やり方】
1.中心部までよく火を通し、ハンバーグを十分に冷ます
2.空気が入らないようにひとつずつラップで包む
3.金属製のトレイに乗せて冷凍室に入れる
4.ハンバーグが凍ったら一度取り出し、冷凍用の密閉保存袋に入れて再度冷凍室に入れる


焼いたハンバーグを冷凍する場合は、ハンバーグの中心部までしっかり火を通し、十分に冷めてからラップに包んでください。ラップに包んだハンバーグが凍ったら、密閉保存袋に入れて空気を抜いて保存しましょう。

焼いたハンバーグの保存期間は、冷凍室で1か月が目安です。たねの状態よりも日持ちさせることができますが、早く食べたほうが美味しくいただけます。

ハンバーグを保存する際のポイントは?

ハンバーグのたねや焼いたハンバーグを保存する場合、どのような点に気をつけたらよいのでしょうか。ここからは、ハンバーグを保存する際の注意点やポイントについて説明します。

作り置きしたタネを保存する際のポイント

ハンバーグのたねを保存する際のポイントは、以下の通りです。

・常温保存は避ける
・たねを扱う際はビニール手袋をはめる
・たねをラップで密閉して保存する


ハンバーグは傷み易いため、季節問わず常温での保存は避けましょう。ハンバーグのたねを触る時には、手に付いた細菌をハンバーグに移さないように必ずビニール手袋を使ってください。また、ハンバーグのたねをラップで包む際は、空気が入らないようにひとつずつしっかりと密閉することも大切です。

焼いたハンバーグを保存する際のポイント

焼いたハンバーグを保存する場合は、以下のようなポイントがあります。

・焼いたハンバーグを冷ましてから保存する
・ハンバーグをひとつずつしっかりラップに包んで保存する
・金属製のトレイに乗せて急速冷凍する


ハンバーグは火を通しても傷み易い食材なので、長時間の常温保存は避けて冷蔵室や冷凍室で保存してください。ハンバーグをラップで包む前に、水滴や霜がつかないようによく冷ましておくことも大切です。また、焼いたハンバーグを冷凍室へ入れる際に金属製のトレイに乗せて急速冷凍すると、解凍後に肉汁が流出するのを防ぐことができます。

ハンバーグを短時間冷蔵室で保存する場合も、必ずラップに包んで保存してください。ラップに包んで空気を遮断することで、ハンバーグの酸化や乾燥を抑えるだけでなく、細菌やほこりが付着するのを防ぐ効果があります。

冷凍ハンバーグの解凍方法・焼き方は?

冷凍したハンバーグを食べる際には、どのように解凍して調理したらよいのでしょうか。ここからは、冷凍ハンバーグの解凍方法とその焼き方について解説します。

①焼いた後のハンバーグはレンジでOK

焼いてから冷凍したハンバーグを調理する場合は、以下のような手順で行います。

【やり方】
1.調理する1日前に冷蔵室に移すか、電子レンジの解凍モードを使って解凍する(省略可)
2.電子レンジまたはフライパンを使って加熱する


まず、冷凍ハンバーグを冷蔵室に移すか電子レンジの解凍モードを使って解凍しましょう。解凍後は電子レンジで加熱するかフライパンで焼いて調理してください。

時間がない場合は、解凍の手順を省いて電子レンジで加熱するだけでも良いでしょう。ただし、解凍せずに電子レンジで加熱したハンバーグは、肉汁が出て乾燥しやすくなり味が落ちると言われています。ハンバーグを美味しく調理するためにも、解凍してから調理するのがおすすめです。

②たねで保存した場合は一手間必要

冷凍したハンバーグのたねを焼く場合は、調理の前に解凍の下処理が必要です。

【やり方】
1.冷凍したハンバーグのたねを冷蔵室に移すか、電子レンジの解凍モードを使って解凍する
2.解凍したハンバーグの表面をフライパンで焼く
3.フライパンに水を入れて蓋をし、弱火でハンバーグの中心部までしっかり火を通す
4.ハンバーグに竹串を刺し、透明な肉汁が溢れたら完成


冷凍したハンバーグのたねを冷蔵室で6時間以上じっくりと解凍することで、ハンバーグの旨みを損なわずに調理することができます。時間がない時は電子レンジの解凍モードで解凍しても良いですが、冷蔵室で解凍したハンバーグよりも風味は劣ります。

解凍したハンバーグは、油を熱したフライパンで表面を焼き固めた後、水を加えてフライパンに蓋をして弱火でじっくり蒸し焼きにしてください。こうすることで、ハンバーグの生焼けを防ぐだけでなく、旨みの元となる肉汁を閉じ込めてふっくらとした柔らかい焼き上がりになります。

(*冷凍ハンバーグの解凍方法について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

冷凍ハンバーグの解凍方法は?レンジ・湯煎でOK?焼き方や忘れた時にそのまま調理する方法も!

ハンバーグが腐った時の見分け方は?

ハンバーグを室温に放置したり冷蔵室で長期間保存すると、ハンバーグが腐ることがあります。ハンバーグが腐ると、どのような状態になるのでしょうか。

腐ったハンバーグの特徴

腐ったハンバーグには、以下のような特徴があります。

・すっぱい臭いがする
・糸を引いている
・カビが生えている
・ハンバーグのたねが黒や緑色に変色している


腐ったハンバーグは、見た目や臭いで判断することができます。ハンバーグのたねの場合は、黒や緑色に変色していたら要注意です。また、焼いたハンバーグやハンバーグのたねにカビが生えていたり、触れると糸を引くような場合も腐敗が進んでいると言えます。

さらに、ハンバーグの匂いを嗅いでみて、すっぱいような異臭がしたら腐っているサインです。ハンバーグがこのような状態になったら、絶対に口にしないようにしてください。

冷凍ハンバーグのアレンジレシピを紹介!

冷凍したハンバーグは、どのような調理方法が適しているのでしょうか。ここからは、冷凍したハンバーグのおすすめのレシピを紹介します。

①トマト煮込みハンバーグ

出典:https://cookpad.com/recipe/5909378

凍ったままの冷凍ハンバーグをトマトスープに入れて煮込んだおかずです。ハンバーグの他にしめじやじゃがいもなどの野菜を使っていて、栄養バランスのよい一皿です。

↓詳しい作り方・手順はこちら↓

冷凍ハンバーグで簡単豪華煮込みハンバーグ by リオネッサ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

②ハンバーグのホイル包み焼き

出典:https://www.hcr.or.jp/useful/recipe/159207

冷凍ハンバーグをアルミで包んでオーブンで焼いた、包み焼きハンバーグのレシピです。冷凍ハンバーグを解凍せずそのまま調理するので、食事を作る時間のない日にもすぐに作れます。

↓詳しい作り方・手順はこちら↓

きのこハンバーグホイル焼 ー「冷凍ハンバーグ」を利用してー - 国際福祉機器展

③スープハンバーグ

出典:https://cookpad.com/recipe/5035948

冷凍ハンバーグと野菜を鍋で煮込んで作る、食べ応えのあるスープのレシピです。ハンバーグの旨みが煮汁に染み出して、コクのあるスープに仕上がります。

↓詳しい作り方・手順はこちら↓

簡単!春野菜と冷凍ハンバーグトマトスープ by かっちゃん杉 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

④ハンバーグとピーマンの炒めもの

出典:https://cookpad.com/recipe/3970374

お弁当用の小さい冷凍ハンバーグを使用した炒めもののレシピです。ピーマンをたくさん消費したい時にもおすすめです。中華風の味付けで、ピーマン嫌いの子どもにも食べやすい一品です。

↓詳しい作り方・手順はこちら↓

冷凍ハンバーグとピーマンの中華風炒め by さくもも母さん 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

⑤ロコモコ丼

出典:https://cookpad.com/recipe/3453999

冷凍ハンバーグをフライパンで焼き、タレを絡めてご飯に乗せたロコモコ丼のレシピです。タレにポン酢を加えることでさっぱりとした風味になり、夏バテ気味の方でも食べやすい一品です。

↓詳しい作り方・手順はこちら↓

*冷凍ハンバーグの和風ロコモコ丼* by ちびサーちゃん 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

ハンバーグを正しく保存して日持ちさせよう

ハンバーグは子どもから大人まで人気のおかずですが、作る手間がかかるので頻繁に作るのが難しい方もいるのではないでしょうか。そのような場合は、ハンバーグを多めに焼いて作り置きしておき、冷凍保存するのがおすすめです。ハンバーグを上手く保存して、美味しいハンバーグを長く味わいましょう。

関連する記事