ハンバーグの保存方法・期間は?冷凍で長持ち?たね・焼いた後別に解説!

ハンバーグの正しい保存方法・日持ち期間を知っていますか?今回は、ハンバーグを〈冷蔵・冷凍〉で保存する方法や日持ち期間のほか、解凍方法も紹介します。冷凍ハンバーグのアレンジレシピやハンバーグの腐った時の見分け方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ハンバーグの正しい保存方法は?
  2. 常温保存は極力避けて冷凍・冷蔵で保存する
  3. ハンバーグを冷蔵保存する方法・日持ち期間は?
  4. ①ハンバーグのたねを冷蔵保存する場合
  5. ②焼いたハンバーグを冷蔵保存する場合
  6. ハンバーグを冷凍保存する方法・日持ち期間は?
  7. ①ハンバーグのたねを冷凍保存する場合
  8. ②焼いたハンバーグを冷凍保存する場合
  9. ハンバーグを保存する際のポイントは?
  10. 作り置きしたタネを保存する際のポイント
  11. 焼いたハンバーグを保存する際のポイント
  12. 冷凍ハンバーグの解凍方法・焼き方は?
  13. ①焼いた後のハンバーグはレンジでOK
  14. ②たねで保存した場合は一手間必要
  15. ハンバーグが腐った時の見分け方は?
  16. 腐ったハンバーグの特徴
  17. 冷凍ハンバーグのアレンジレシピを紹介!
  18. ①トマト煮込みハンバーグ
  19. ②ハンバーグのホイル包み焼き
  20. ③スープハンバーグ
  21. ④ハンバーグとピーマンの炒めもの
  22. ⑤ロコモコ丼
  23. ハンバーグを正しく保存して日持ちさせよう

ハンバーグのたねや焼いたハンバーグを保存する場合、どのような点に気をつけたらよいのでしょうか。ここからは、ハンバーグを保存する際の注意点やポイントについて説明します。

作り置きしたタネを保存する際のポイント

ハンバーグのたねを保存する際のポイントは、以下の通りです。

・常温保存は避ける
・たねを扱う際はビニール手袋をはめる
・たねをラップで密閉して保存する


ハンバーグは傷み易いため、季節問わず常温での保存は避けましょう。ハンバーグのたねを触る時には、手に付いた細菌をハンバーグに移さないように必ずビニール手袋を使ってください。また、ハンバーグのたねをラップで包む際は、空気が入らないようにひとつずつしっかりと密閉することも大切です。

焼いたハンバーグを保存する際のポイント

焼いたハンバーグを保存する場合は、以下のようなポイントがあります。

・焼いたハンバーグを冷ましてから保存する
・ハンバーグをひとつずつしっかりラップに包んで保存する
・金属製のトレイに乗せて急速冷凍する


ハンバーグは火を通しても傷み易い食材なので、長時間の常温保存は避けて冷蔵室や冷凍室で保存してください。ハンバーグをラップで包む前に、水滴や霜がつかないようによく冷ましておくことも大切です。また、焼いたハンバーグを冷凍室へ入れる際に金属製のトレイに乗せて急速冷凍すると、解凍後に肉汁が流出するのを防ぐことができます。

ハンバーグを短時間冷蔵室で保存する場合も、必ずラップに包んで保存してください。ラップに包んで空気を遮断することで、ハンバーグの酸化や乾燥を抑えるだけでなく、細菌やほこりが付着するのを防ぐ効果があります。

冷凍ハンバーグの解凍方法・焼き方は?

冷凍したハンバーグを食べる際には、どのように解凍して調理したらよいのでしょうか。ここからは、冷凍ハンバーグの解凍方法とその焼き方について解説します。

①焼いた後のハンバーグはレンジでOK

焼いてから冷凍したハンバーグを調理する場合は、以下のような手順で行います。

【やり方】
1.調理する1日前に冷蔵室に移すか、電子レンジの解凍モードを使って解凍する(省略可)
2.電子レンジまたはフライパンを使って加熱する


まず、冷凍ハンバーグを冷蔵室に移すか電子レンジの解凍モードを使って解凍しましょう。解凍後は電子レンジで加熱するかフライパンで焼いて調理してください。

時間がない場合は、解凍の手順を省いて電子レンジで加熱するだけでも良いでしょう。ただし、解凍せずに電子レンジで加熱したハンバーグは、肉汁が出て乾燥しやすくなり味が落ちると言われています。ハンバーグを美味しく調理するためにも、解凍してから調理するのがおすすめです。

②たねで保存した場合は一手間必要

冷凍したハンバーグのたねを焼く場合は、調理の前に解凍の下処理が必要です。

【やり方】
1.冷凍したハンバーグのたねを冷蔵室に移すか、電子レンジの解凍モードを使って解凍する
2.解凍したハンバーグの表面をフライパンで焼く
3.フライパンに水を入れて蓋をし、弱火でハンバーグの中心部までしっかり火を通す
4.ハンバーグに竹串を刺し、透明な肉汁が溢れたら完成


冷凍したハンバーグのたねを冷蔵室で6時間以上じっくりと解凍することで、ハンバーグの旨みを損なわずに調理することができます。時間がない時は電子レンジの解凍モードで解凍しても良いですが、冷蔵室で解凍したハンバーグよりも風味は劣ります。

解凍したハンバーグは、油を熱したフライパンで表面を焼き固めた後、水を加えてフライパンに蓋をして弱火でじっくり蒸し焼きにしてください。こうすることで、ハンバーグの生焼けを防ぐだけでなく、旨みの元となる肉汁を閉じ込めてふっくらとした柔らかい焼き上がりになります。

(*冷凍ハンバーグの解凍方法について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

冷凍ハンバーグの解凍方法は?レンジ・湯煎でOK?焼き方や忘れた時にそのまま調理する方法も!

ハンバーグが腐った時の見分け方は?

ハンバーグを室温に放置したり冷蔵室で長期間保存すると、ハンバーグが腐ることがあります。ハンバーグが腐ると、どのような状態になるのでしょうか。

腐ったハンバーグの特徴

腐ったハンバーグには、以下のような特徴があります。

・すっぱい臭いがする
・糸を引いている
・カビが生えている
・ハンバーグのたねが黒や緑色に変色している


腐ったハンバーグは、見た目や臭いで判断することができます。ハンバーグのたねの場合は、黒や緑色に変色していたら要注意です。また、焼いたハンバーグやハンバーグのたねにカビが生えていたり、触れると糸を引くような場合も腐敗が進んでいると言えます。

さらに、ハンバーグの匂いを嗅いでみて、すっぱいような異臭がしたら腐っているサインです。ハンバーグがこのような状態になったら、絶対に口にしないようにしてください。

関連する記事

×