味噌汁の保存方法・期間は?常温NG?冷蔵・冷凍で日持ちのコツや容器のおすすめも紹介!

味噌汁の保存方法を知っていますか?今回は、味噌汁を<常温・冷蔵・冷凍>で保存する方法・ポイントや、日持ち期間の目安に加えて解凍方法を紹介します。味噌汁の賞味期限が切れた場合の特徴や味噌玉の作り方や保存方法も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 味噌汁の保存方法は?冷凍できる?
  2. 味噌汁は冷蔵で保存できる
  3. 味噌汁の日持ちするのは冷凍保存
  4. 味噌汁の常温保存は基本NG
  5. 味噌汁を保存する際のポイントは?
  6. ①鍋のままではなくタッパー・容器で密閉して保存する
  7. ②味噌汁の熱を冷ましてから冷蔵庫に入れる
  8. ③塩分濃度を高めに作る
  9. 味噌汁の冷蔵庫での保存方法・期間は?
  10. 味噌汁を冷蔵庫で保存する方法
  11. 味噌汁の冷蔵での保存期間
  12. 味噌汁の冷凍での保存方法・期間は?
  13. 味噌汁を冷凍保存する方法
  14. ポイント①小分けして冷凍する
  15. ポイント②冷凍に向いていない具材は避ける
  16. 冷凍味噌汁の保存期間の目安
  17. 味噌汁を解凍する方法は?
  18. ①冷蔵で自然解凍する
  19. ②電子レンジを使って解凍する
  20. ③鍋を使って解凍する
  21. 味噌汁の賞味期限が切れた時の見分け方は?
  22. 味噌汁の賞味期限が切れた場合の特徴
  23. 味噌玉を作って保存用にするのもおすすめ
  24. 味噌玉の作り方・レシピ
  25. 味噌玉の保存方法
  26. 味噌玉の保存期間の目安
  27. 味噌汁をうまく保存して美味しく食べよう

味噌汁の保存方法は?冷凍できる?

日本人の毎日の食事に欠かせない味噌汁ですが、まとめて作って保存をされる方も多いのではないでしょうか。常温・冷蔵・冷凍どの方法で保存するのが最も日持ちするのか、温度帯別に賞味期限を紹介します。

味噌汁は冷蔵で保存できる

味噌汁は作り置きをして冷蔵で保存することが出来ます。味噌汁の祖熱をとり、常温近くなったら冷蔵庫にうつしてください。鍋が入りきらない場合は他の容器にうつしてもよいでしょう。冷やす時間がない時は鍋を氷水につけることで冷却時間を短縮できます。

味噌汁の日持ちするのは冷凍保存

味噌汁を大量に作って日持ちさせたいなら、冷凍保存もおすすめです。十分に冷めたことを確認してから、ジッパー付き袋やタッパーに入れて冷凍しましょう。冷蔵に比べて日持ちが長くなります。解凍する際は、食べる前日か半日前に冷蔵庫に移すと自然に解凍できますよ。

味噌汁の常温保存は基本NG

朝に作った味噌汁を夕飯のためにそのまま鍋に残す方もいるかもしれませんが、常温のまま保存するのはやめましょう。夏場に味噌汁を常温で放置した場合、数時間から半日ほどで傷み始めてしまいます。また、夜に朝ご飯用の味噌汁を作り置きする場合は、必ず冷蔵庫に移してください。一晩常温に放置した味噌汁は傷んでいる危険もあります。

もし、どうしても常温で保存しておきたい場合は、あらかじめ味噌を多めにして塩分濃度を高くしておくとよいでしょう。塩分濃度が低くなると腐るスピードも早くなります。ただし、菌が繁殖する可能性もありますので、出来れば冷蔵か冷凍保存をして下さい。

味噌汁を保存する際のポイントは?

味噌汁の賞味期限を少しでも長くしたいと考えた場合、どのように保存したらよいのでしょうか。下記に保存のポイントをいくつか挙げますので、しっかりと守って味噌汁を日持ちさせましょう。

①鍋のままではなくタッパー・容器で密閉して保存する

鍋のままふたをして冷蔵または冷凍保存してもよいですが、庫内の場所も取りますし鍋が他の料理に使えなくなってしまうデメリットがあります。タッパーや容器に移し替えると、コンパクトに収納できて密閉することで菌が繁殖するのを防いだり、臭いがもれにくくなる効果も期待出来ます。

②味噌汁の熱を冷ましてから冷蔵庫に入れる

味噌汁が熱を持ったまま冷蔵庫に入れると、冷蔵庫内の他の食品を傷みやすくするため冷蔵庫に入れる前に味噌汁の熱をとるようにしましょう。急いでいる場合や、真夏で腐敗が心配な場合は鍋ごと氷水に漬けてもよいでしょう。

③塩分濃度を高めに作る

味噌の塩分濃度を高めにした味噌汁を作る事もおすすめの方法の一つです。水分が多くなると、腐りやすくなるので、作った時は塩分濃度を高めにし、食べるときに濃さを調節しましょう。

味噌汁の冷蔵庫での保存方法・期間は?

味噌汁を冷蔵で保存するにはどのように保存したら、どれくらいの期間日持ちするのでしょうか。手順や腐りにくくするポイント、冷蔵保存の場合の賞味期限について説明します。

味噌汁を冷蔵庫で保存する方法

味噌汁を冷蔵庫で保存する場合は、下記の点に注意すると良いでしょう。

①沸騰直前まで加熱
②容器を移し粗熱をとる
③蓋やラップで密閉し、冷蔵庫へ


殺菌のため沸騰直前まで加熱しているので、必ず祖熱を取ってから冷蔵庫に入れましょう。鍋自体が熱くなっているので、容器を移すことで熱が下がりやすくなります。急ぐ場合は容器ごと氷水に浸けるのも効果的です。空気に触れることで品質が悪くなり、賞味期限が短くなるのでしっかりと蓋やラップをして密閉を意識して下さい。

味噌汁の冷蔵での保存期間

味噌汁を冷蔵で保存した場合、冬場であれば3~4日、食材の腐りやすい夏場は2~3日が保存期間の目安です。ただし、もやしなどの傷みやすい具が入っている場合は上記の期間よりも半日程度早く食べきるようにしましょう。食べる前には必ずにおいや見た目を確認して異常が無いことを確かめて下さい。

(*味噌汁の冷蔵保存について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

味噌汁は日持ちする?冷蔵庫だと何日?腐敗の見分け方や保存方法も紹介!

味噌汁の冷凍での保存方法・期間は?

味噌汁を冷凍で保存する場合はどのような点に気をつけたらよいのでしょうか。冷凍保存の期間の目安とあわせて冷凍には向いていない具についても紹介するので、冷凍保存する際の参考にして下さい。

味噌汁を冷凍保存する方法

味噌汁を冷凍保存する場合には、以下のようにします。

①味噌汁の粗熱をとる
②解凍する分量に応じてタッパーやジッパー付袋に移す
③冷凍庫に入れる


味噌汁の冷凍には不向きな食材もあるので、冷凍する予定がある時はそういった具材を使わないよう注意しましょう。

ポイント①小分けして冷凍する

味噌汁に限らず、一度冷凍した物を再冷凍しようとすると、栄養の質が低下するだけでなく細菌も繁殖しやすくなります。小分けして冷凍することで、1食分、もしくは、家族の1回分ずつ品質を落とさずに解凍することが出来るため生活の中での使い勝手が良くなります。

ポイント②冷凍に向いていない具材は避ける

下記のような冷凍に向いていない具材を味噌汁に使用した場合は、冷凍保存は避けて下さい。

・じゃがいも
・豆腐
・人参
・こんにゃく
・もやし


上記の具材は足がはやかったり、冷凍することで、食感が著しく劣化・変化してしまう食材です。海草や葉物野菜は冷凍には向いています。

冷凍味噌汁の保存期間の目安

味噌汁を冷凍保存した場合、一般的には2週間程度日持ちします。2週間以上経過すると味噌汁の具が劣化してしまう危険があります。また、塩分濃度を高くすることで腐りにくくする効果もあるので、長期保存したい場合には少し味噌を多めにしておくと良いでしょう。

(*味噌汁の冷凍保存について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

味噌汁は冷凍保存できる?日持ち期間は?解凍方法や味噌玉の作り方・レシピも紹介!

味噌汁を解凍する方法は?

冷凍した味噌汁を解凍する場合には、どのような方法があるのでしょうか。いくつかの方法を紹介しますので、自分にあった方法で適切に解凍しておいしい味噌汁を楽しみましょう。なお、どの解凍方法でも解凍後は時間を置かずにすぐ食べるようにしましょう。

①冷蔵で自然解凍する

一つ目に紹介するのは、冷蔵で自然解凍する方法です。自然解凍する場合は下記の点を意識しましょう。

1.食べる半日位前に冷凍庫から冷蔵庫にうつす
2.空気に極力触れさせないようにする
3.自然解凍した後は十分加熱する


細菌は5度以上で繁殖しやすくなるため、この方法であれば細菌の増殖を最小限に抑えて解凍出来ます。とはいえ空気に触れることで多少劣化している可能性もありますので、自然解凍した後は十分に加熱するようにして下さい。

②電子レンジを使って解凍する

時間が無い場合は、電子レンジを使っても良いでしょう。電子レンジで解凍する際には下記に気をつけましょう。

1.密閉容器のフタを緩めるか外しておく
2.様子を見ながら解凍する


味噌汁が急激にあたたまり、突沸を起こして容器からあふれ出てしまう可能性もありますので、フタを緩め様子を見ながら解凍するようにしましょう。

③鍋を使って解凍する

鍋を使って解凍する方法であれば、出来たてに近い味噌汁を再現することが出来ます。

・しっかりと沸騰したのを確認した後に食べる
・鍋に移す前に少し解凍しておく


冷凍の状態で急に解凍するよりも少し解凍してから鍋を使って火にかけた方が急激な温度変化を避けられます。十分に加熱して滅菌をした後に食べるようにしましょう。

味噌汁の賞味期限が切れた時の見分け方は?

味噌汁を冷蔵や冷凍で長期間保存した場合、賞味期限が切れてしまうこともあるかもしれません。賞味期限が切れた味噌汁の特徴を知り、下記のような特徴があった場合には食べずに捨てるようにしましょう。

味噌汁の賞味期限が切れた場合の特徴

味噌汁の賞味期限が切れた時の特徴は下記のような特徴があります。

・酸っぱい臭いがする
・納豆のような発酵した味がする
・味噌汁がドロドロとしている
・味噌汁自体や具にカビが生えている
・泡が発生したり白い膜が張っていたりする



味噌汁の液体は大丈夫でも具材が腐る場合もありますので、目に見える変化やにおいを確認した上で食べるようにしましょう。

(*味噌汁の酸っぱい原因について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

味噌汁が酸っぱい原因は?腐ってる?傷みにくい保存法や作り方のコツを紹介!

味噌玉を作って保存用にするのもおすすめ

味噌汁を冷凍したいけれども、冷凍庫にスペースが無いと困っている場合は味噌玉を作るのもおすすめです。ここでは味噌玉の作り方や保存方法、保存期間の目安について紹介します。

味噌玉の作り方・レシピ

出典:https://cookpad.com/recipe/3823546

味噌玉は下記のような手順で作りましょう。

1.味噌汁に入れたい具材を調理する
2.ボウルに具材と味噌、出汁を入れ混ぜる
3.一玉の大きさをはかり、ラップで丸く包む
4.冷凍庫で保存する


1回分をまとめて作っておけば、毎食のご飯の時にお湯を入れるだけで美味しい味噌汁が楽しめます。

味噌玉♡お弁当用に約1ヶ月分 by お気楽M子 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

味噌玉の保存方法

味噌玉の保存はこのようにします。

①小分けしたものを保存袋などにまとめる
②冷凍保存する

味噌玉は冷蔵保存も出来ますが、長持ちさせたいのであれば冷凍保存がおすすめです。小分けにしてあるのでジッパー付バックやタッパーなどにまとめておくと冷凍庫の中でも見つけやすいでしょう。塩分濃度の高い味噌は冷凍庫でも固まることは無く、お湯を入れるだけでさっと溶けるのも特徴です。

味噌玉の保存期間の目安

味噌玉を保存する場合は下記点に注意しましょう。

・傷みやすい食材は使わない
・ラップやタッパーで味噌玉をしっかり密閉する


保存期間は約1ヶ月程度ですが、腐りやすい食材の場合はもう少し早めに食べきって下さい。食材は乾燥ワカメや乾燥ネギなど火を通さなくても使用でき日持ちするものがおすすめです。

味噌汁をうまく保存して美味しく食べよう

味噌汁は冷凍でも冷蔵でも保存ができ、味噌玉を作る事で簡単に味噌汁が作れる事も分かりました。毎日の食卓に欠かせない健康効果の高い味噌汁をうまく保存し、手軽に生活に取り入れて美味しく味わいましょう。

関連する記事