ステーキの人気部位ランキングTOP7!肉の特徴別に自分好みの選び方のコツを紹介!

ステーキの部位はどうやって選んでいますか?今回は、ステーキの部位の選び方を〈赤身量・カロリー・柔らかさ・価格・タンパク質量〉など特徴から紹介します。ステーキの人気部位ランキングTOP7も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ステーキの部位のおすすめは?
  2. ステーキの部位別の特徴から選ぶのがおすすめ
  3. ステーキの部位の選び方のポイントは?
  4. ①赤身・脂身の多さ
  5. ②値段・価格の安さ
  6. ③カロリーの高さ
  7. ④タンパク質の含有量
  8. ステーキの部位の人気ランキング【TOP7】
  9. 7位:チャックアイロール
  10. 6位:Tボーン
  11. 5位:リブロース
  12. 4位:イチボ
  13. 3位:サーロイン
  14. 2位:ヒレ
  15. 1位:シャトーブリアン
  16. ステーキの美味しい焼き方は?
  17. 焼く前の下ごしらえ
  18. 焼き方・手順
  19. ステーキの部位別のおすすめレシピ
  20. ①シャトーブリアン:ステーキ
  21. ②サーロイン:ローストビーフ
  22. ③ヒレ:牛カツ
  23. ④チャックアイロール:ビーフシチュー
  24. ⑤イチボ:タリアータ
  25. ステーキの部位は自分の好みに合わせて選ぼう

ステーキの部位のおすすめは?

ステーキには牛・豚・鶏と色々な種類の肉を使いますが、牛肉のステーキは特別なご馳走でしょう。牛肉には様々な部位に分かれていますが、牛肉のステーキを美味しく食べるにはどの部位が適しているのか解説します。

ステーキの部位別の特徴から選ぶのがおすすめ

牛肉の部位は11の部位に分けられていて、それぞれの特徴に適した調理法をすることで美味しく食べることができます。牛肉はステーキ・煮込み・しゃぶしゃぶなど色々な料理がありますが、ステーキに適した部位というのもいくつかあり、どの部位を選ぶかでステーキの味わいも変わるので、自分の好みの部位を見つけてみましょう。

ステーキの部位の選び方のポイントは?

自分好みのステーキの部位を選ぶには、どんなポイントがあるのでしょうか。ステーキにおすすめ牛肉の部位を、肉質や値段など様々なポイントで比較してみたので参考にして下さい。

①赤身・脂身の多さ

赤身の多い部位と脂身の多い部位は以下のようなものがあります。

【赤身の多い部位】
・ヒレ
・シャトーブリアン
・イチボ
・ランプ


【脂身の多い部位】
・リブロース
・サーロイン
・チャックアイロール

牛肉は主に脂身の少ない赤身肉と、脂身の多いロースの部位に分かれます。赤身肉はお尻に近い部分に多く、あまり使わない筋肉なので脂肪は少ないですが、牛肉全体の部位の中でも旨味が強く柔らかいのが特徴です。脂の多いロース肉は背中の部位に多く、霜降りがあるのでステーキに最も適した部位とされています。

どんな部位を選ぶかでステーキの出来上がりも大きく変わってくるので、好みの部位を選ぶようにしましょう。

②値段・価格の安さ

価格が安い牛肉の部位は以下のようなものがあります。

・ランプ
・イチボ


赤身肉でもランプやイチボは他の部位に比べると、比較的リーズナブルな価格で販売されていることが多いです。安いとはいえ国産牛はやはり高価なので、値段を抑えたい時は輸入牛を選ぶと更にリーズナブルな価格でステーキを楽しむことができます。

③カロリーの高さ

100gあたり カロリー
サーロイン 498kcal
ロース 468kcal
ランプ 246kcal
シャトーブリアン 241kcal
ヒレ 233kcal

※含有量は日本食品標準成分表を参照しています。(※1)

上記は各部位の100gあたりに含まれるカロリーを表したものです。サーロインやロースなどの脂身の多い部分はカロリーがとても高く、赤身のカロリーの倍近い値になっています。ランプやシャトーブリアンを含むヒレなどの赤身肉は、脂身がほとんど無いので低カロリーです。

ダイエット中に太らないようにステーキを食べるのであれば、迷わず赤身肉を選ぶようにしましょう。同じ部位でも国産牛に比べて輸入牛は全体的にカロリーが低めなので、ダイエット中や健康のために脂質を抑えてステーキを食べたい時は輸入牛を選ぶようにするのもおすすめです。

④タンパク質の含有量

部位名 タンパク質含有量
ヒレ 19.1g
ランプ 18.4g
シャトーブリアン 15g
サーロイン 11.7g
ロース 9.7g

上記は牛肉の各部位の100gあたりのタンパク質の含有量を示したものです。カロリーの高さと反比例して、脂肪の少ない赤身肉が上位にきていることがわかります。脂の少ない赤身肉は食品全体の中でもタンパク質の含有量がとても多いので、ダイエット中だけでなく筋トレをしているときにも積極的に摂りたい食品です。

タンパク質は筋肉を作るために必要な栄養素で、筋トレなどで筋肉を刺激することでタンパク質の合成が促進され筋肉が発達します。ステーキは焼くだけの調理法で、比較的低カロリーに食べることができるため筋トレ中にもおすすめの食べ方です。

ステーキの部位の人気ランキング【TOP7】

ステーキに使われる牛肉には様々な部位がありますが、その中でもどのような部位が人気があるのでしょうか。それぞれの部位の特徴を人気ランキングにして紹介します。

7位:チャックアイロール

値段(円/kg)11,000円
柔らかさ程よい歯ごたえ
脂身の多さ適度な霜降り
カロリー(kcal/100g)411kcal

チャックアイロールは日本では肩ロースと呼ばれる部位で、首の後ろ辺りに位置します。きめ細かい肉質が特徴で、程よい歯ごたえがあり濃厚な旨味も特徴です。霜降りも適度に入っているので、バランスのとれたステーキを味わうことができます。値段は比較的リーズナブルなので、ステーキ以外にも様々な料理に使われます。

カロリーは高めですが、ビタミンB1やカルニチンなどの栄養価が高いのでダイエット中もおすすめの部位の一つです。

6位:Tボーン

値段(円/kg)11,000円
柔らかさ柔らかめ
脂身の多さ少ない部分と多い部分がある
カロリー(kcal/100g)246kcal

Tボーンステーキは日本ではなかなか見かけることはありませんが、欧米などでは定番のステーキになります。肉の間にある骨がTの形をしていることから名付けられ、サーロインとヒレが両方付いているので2つの味わいのステーキが楽しめることが人気の贅沢な部位です。Tボーンステーキはレストランなどで見かけたら一度は食べてみたい部位でしょう。

5位:リブロース

値段(円/kg)15,000円
柔らかさ柔らかめ
脂身の多さかなり多め
カロリー(kcal/100g)468kcal

リブロースは牛のあばらの部分に位置し、サーロインと並んで高級な人気のステーキの部位です。きめ細かくとても柔らかい食感で、甘味を感じることもできます。焼いて食べるのに適した部位で、ステーキ以外にローストビーフもおすすめの調理法です。

脂肪が多くカロリーが高めなので、薄切りにしてしゃぶしゃぶで食べると余分な脂を落とすことができカロリーオフになります。

(※サーロインとリブロースの違いについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみて下さい。)

サーロインの部位は牛のどこ?リブロースとの違いは?特徴やステーキなど食べ方も紹介!

4位:イチボ

値段(円/kg)9,000円
柔らかさ柔らかい
脂身の多さ多め
カロリー(kcal/100g)230kcal

イチボは牛のお尻のえくぼの部分の赤身肉で、ランプの隣に位置します。ランプと一緒にされることも多いですが、ランプに比べると脂がのっていて柔らかい食感が特徴です。赤身肉なのでカロリーは低いですが、適度な脂と旨味を楽しむことができます。隣通しでもランプとは違う味わいなので、ステーキの食べ比べをしてみても面白いでしょう。

(※イチボとランプ肉の違いについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみて下さい。)

ランプ肉はどこの部位?味・食感など特徴は?焼き方やステーキなど食べ方のおすすめも紹介!

3位:サーロイン

出典:https://gurusuguri.com/shop/kobegrill/sir-700/?__ngt__=TT10e4885e5003ac1e4ae07eIwTr18j4wHOJQUN8JZiJsK

値段(円/kg)15,000円
柔らかさとても柔らかい
脂身の多さとても多い
カロリー(kcal/100g)498kcal

ステーキといえばサーロインという位、ステーキには適した代表的な部位です。脂と赤身のバランスが取れていてとても柔らかく、濃厚な味わいと甘味を楽しむことができます。価格も高価でカロリーも高いのであまり頻繁に食べることはできませんが、特別な食事にはぴったりのステーキの部位でしょう。

(※サーロインステーキのカロリーや糖質について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみて下さい。)

サーロインステーキのカロリー・糖質は?ダイエット向けカロリーオフする方法も紹介!

2位:ヒレ

出典:https://www.satofull.jp/products/detail.php?product_id=1018454

値段(円/kg)16,000円
柔らかさとても柔らかい
脂身の多さ少なめ
カロリー(kcal/100g)233kcal

ヒレは牛肉の部位でも最高級部位で、牛肉全体の3%しか取れない希少部位の一つでもあります。脂身は少ないですがほとんど動かすことのない筋肉なので、とても柔らかいのが特徴です。価格は高めですが、カロリーがとても低いので女性にはおすすめのステーキの部位になります。

ステーキにする際は脂肪が少ない為、火を通しすぎると固くなってしまうので気を付けて下さい。赤身肉の味わいが好きな方は、迷わずこの部位をステーキに選ぶと良いでしょう。

1位:シャトーブリアン

出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000053631.html

値段(円/kg)20,000円
柔らかさとても柔らかい
脂身の多さ少ない
カロリー(kcal/100g)241kcal

シャトーブリアンといえば、牛肉の部位では最も希少価値が高い最高級部位です。ヒレの中でも更に中央に位置する厚みがある肉質が良い部分のことで、牛1頭から600gほどしか取れず幻の部位とも呼ばれています。価格も非常に高く、ブランド牛など高いものだと1枚6万円を超えるものもあるそうです。

シャトーブリアンはヒレと同じく、最も動かすことの無い部位なのでとても柔らかくステーキにすると箸で切ることも出来るほどです。赤身肉でも肉汁がたっぷりでも脂肪は少なく、低カロリーな部位になります。一度は食べてみたい、人気のステーキの部位です。

(※シャトーブリアンについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみて下さい。)

シャトーブリアンは牛の超希少部位!ヒレ肉と違いは?値段が高級な理由や肉質など特徴を紹介!

ステーキの美味しい焼き方は?

部位によって様々な特徴があるステーキですが、美味しく食べるためには焼き方にもポイントがあります。どんな焼き方をすれば良いのか、ポイントとともに紹介します。

焼く前の下ごしらえ

ステーキを美味しく焼くには、焼き方だけではなく下ごしらえにもポイントがあります。まず焼く前に牛肉を必ず常温に戻すことで、焼いた時に中心までしっかり火を通すことができます。次に牛肉の筋切りをしてから、包丁の背で牛肉全体を叩き、焼いているときの反り返りを防いで、柔らかく仕上げましょう。

焼き方・手順

ステーキの美味しい焼き方と手順です。

【焼き方・手順】
1.牛肉を冷蔵庫から出して常温に戻しておく
2.牛肉の両面に塩コショウして下味をつけておく
3.フライパンに油を入れて中火で熱する
4.焼き目がつくまで触らずに2分ほど焼く
5.焼き目がついたら裏返して更に1分焼く
6.側面が白くなったら取り出し、アルミホイルに包んで2分ほど寝かせる


ポイントはに牛肉を常温に戻した牛肉を使うことと、肉汁を逃さない為に火を通しすぎないようにすることです。火を通しすぎると牛肉がかたくなってしまいますが、常温に戻すことで中心までしっかり火が通り短時間で焼き上げることができます。また、アルミホイルに包んで蒸すことで、旨味を含んだ蒸気を肉の中に閉じ込め美味しく仕上げることが可能です。

ステーキの部位別のおすすめレシピ

ステーキに人気の部位は他にどのような調理法が合うのでしょう。どれも旨みの強い部位でどんな料理でも合いそうですが、美味しさを引き出すレシピを探してみました。

①シャトーブリアン:ステーキ

出典:https://cookpad.com/recipe/4165161

牛肉の中でも最高級とされるシャトーブリアンは、シンプルにステーキで食べるのがおすすめです。旨味がとても強いので、味付けはソースを使わず塩こしょうのみで味わってください。わさびを添えることで味のアクセントにもなりさっぱり頂けます。

シャトーブリアン様を焼く! by nyaop 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが336万品

②サーロイン:ローストビーフ

出典:https://www.nipponham.co.jp/recipes/genre/yoshoku/11378/

サーロインといえばステーキにされることが多いですが、ローストビーフもおすすめの調理法です。ローストビーフは大体脂身の少ないモモやランプなどの部位が使われますが、サーロインを使うことで柔らかくしっとりとした仕上がりになります。国産牛のサーロインだと脂っこくなりやすいので、輸入牛を使うと美味しく仕上がるでしょう。

サーロインのローストビーフ 作り方(洋食/メインのおかず) - レシピ| 日本ハム

③ヒレ:牛カツ

出典:https://cookpad.com/recipe/1993265

豚や鶏のカツレツは中までしっかり火を通さないと食べられませんが、牛ヒレを使用することでレアで食べることができ牛肉の柔らかさを楽しむ事が出来ます。牛ヒレステーキ肉が安くで手に入った時は、ぜひ贅沢にカツレツにしてみて下さい。

牛ヒレ肉のステーキカツレツ by tink☆ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが336万品

④チャックアイロール:ビーフシチュー

出典:http://www.heinz.jp/recipes/recipes/dgsonerankbeefstew?

程よい脂肪分と牛肉らしい歯ごたえがあるチャックアイロールは、煮込み料理も適しています。濃厚な旨味があるので煮込むほどコクが出て、味わい深く柔らかになります。アメリカンビーフなどの輸入牛は特に歯ごたえがと脂肪のバランスが取れているので、煮込み料理におすすめの部位です。

ワンランク上のビーフシチュー|おいしいレシピ|ハインツ日本株式会社

⑤イチボ:タリアータ

出典:https://www.elle.com/jp/gourmet/gourmet-recipes/a51384/gco-1989/

タリアータとは薄く切ったという意味を持つ料理名で、たたきと同じようですなものですがソースが洋風でパルメザンチーズなどと合わせて食べます。脂肪が少なく柔らかさが特徴の赤身のランプ肉は、生に近い状態でもあっさりと食べやすいです。色々な野菜やハーブを添えると、ヘルシーで様々な味の変化を楽しむ事が出来るでしょう。

和牛ランプ肉のタリアータ のレシピ・作り方|ELLE gourmet [エル・グルメ]

ステーキの部位は自分の好みに合わせて選ぼう

ステーキと一言で言っても様々な部位があり、それぞれの特徴に合わせたにおすすめの食べ方があることを紹介してきました。ステーキは高価なメニューなので、食べる時は自分好みの部位や食べ方を見つけて贅沢に楽しんで下さいね。

関連する記事