舞茸は冷凍できる?保存方法や日持ち期間は?解凍法やレシピのおすすめも紹介!

舞茸は冷凍保存できるか知っていますか?うまみ成分たっぷりの舞茸ですが、今回は、舞茸を冷凍保存する方法・ポイントや、日持ち期間の目安に加えて解凍方法を紹介します。舞茸の賞味期限が切れた場合の特徴やレシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 舞茸は冷凍保存できる?美味しくなる?
  2. 舞茸の保存方法は冷凍がおすすめ
  3. 舞茸の冷凍での保存方法・期間は?ポイントは?
  4. 舞茸を冷凍保存する方法
  5. ポイント①密閉して冷凍保存する
  6. ポイント②急速冷凍する
  7. ポイント③水で洗わない
  8. ポイント④小分けして冷凍保存する
  9. 冷凍舞茸の保存期間の目安
  10. 冷凍舞茸を解凍する方法は?
  11. 凍ったまま加熱調理して使う
  12. 自然解凍&電子レンジでの解凍はおすすめしない
  13. 舞茸の賞味期限が切れた時の見分け方は?
  14. 舞茸の賞味期限が切れた場合の特徴
  15. 冷凍舞茸を使ったレシピ
  16. ①舞茸の天ぷら
  17. ②舞茸のパスタ
  18. ③舞茸の炒め物
  19. ④舞茸のスープ
  20. ⑤舞茸の炊き込みご飯
  21. ⑥舞茸のきんぴら
  22. 舞茸を冷凍保存して美味しく食べよう

舞茸は冷凍保存できる?美味しくなる?

風味豊かで歯ごたえがある舞茸は、様々な料理に使えるので買い置きしておくととても便利です。一度では使いきれずに保存したい時、冷凍保存することはできるのでしょうか。舞茸を冷凍することによって美味しさがアップするのかどうかなどを、理由とともに解説します。

舞茸の保存方法は冷凍がおすすめ

舞茸は以下に挙げる理由により冷凍保存がおすすめです。

【理由】
・旨味が強くなる
・栄養価がアップする
・保存期間が延びる
・好きな時に必要な分だけ使える


舞茸を含むきのこ類は生の状態ではあまり風味を感じられませんが、細胞が壊されることによって酵素が働き、グアニル酸と呼ばれる旨味成分が作られ美味しさがアップします。きのこの細胞を壊すには様々な方法があり、冷凍保存も旨味をアップさせる方法の一つです。細胞が壊されることで、舞茸の栄養成分も流れ出すため栄養価が3倍アップするメリットもあります。

舞茸は傷みやすい食材のため、冷蔵庫の保存だと3日程度しか日持ちさせることはできませんが、冷凍保存することにより保存期間を延ばすことが可能になります。また、冷凍保存しておくことで好きな時に使え、お弁当やお酒のつまみなど少量だけ使いたい時にも便利なので冷凍保存はおすすめの方法です。

舞茸の冷凍での保存方法・期間は?ポイントは?

冷凍保存すると様々なメリットがある舞茸ですが、保存方法はどのようにすれば良いのでしょうか。保存期間の目安や冷凍保存のポイントとともに解説します。

舞茸を冷凍保存する方法

舞茸の冷凍保存の方法は以下の通りです。

【方法・手順】
①舞茸の汚れを濡らしたキッチンペーパーで拭き取る
②石づきがあれば切り落とし小房に分ける
③ラップに包んでジップロックなどの保存袋へ入れる
④冷凍庫へ入れる


舞茸は特に下処理をしなくてもそのまま使うことができますが、石づきが固くて気になる場合は包丁などで切り落として使うと良いでしょう。

(※舞茸の保存方法・期間について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみて下さい。)

舞茸の保存方法・期間は?冷凍や冷蔵で日持ちする?保存食レシピも紹介!

ポイント①密閉して冷凍保存する

舞茸の冷凍保存は、必ず保存袋などに入れて空気を抜いて密封保存するようにしてください。冷凍庫内の冷気があたる状態で保存すると、舞茸が酸化して変色などの劣化の原因になります。舞茸をラップに包んでから保存袋に入れると、酸化防止に更に効果的でしょう。

ポイント②急速冷凍する

舞茸を冷凍保存するポイントの一つに、急速冷凍することが挙げられます。舞茸を含む食品は凍る過程の中で、食品の細胞を破壊して氷の結晶ができる最大氷結晶生成温度帯を通ります。この温度を早く通り過ぎるようにマイナス30度以下の冷気で30分以内に冷凍させることを急速冷凍と呼び、それによって食品が劣化することを最小限に抑えることが可能です。

家庭で食材を急速冷凍するには、金属トレイを使うのがおすすめの方法です。金属トレイは熱伝導率が高いため、食材に冷気が素早く伝わり急速冷凍が可能になります。密封された舞茸の入った保存袋を金属トレイにのせて、出来るだけ平らにして冷凍庫へ保存して下さい。

ポイント③水で洗わない

舞茸などのきのこ類は洗ってしまうと食感が変わり、風味も落ちて美味しくなくなってしまいます。また、水分を含むとそこから傷みやすく劣化の原因になってしまいます。舞茸は洗わずに調理することができますが、汚れがひどい時はキッチンペーパーを濡らして拭き取るようにしましょう。

(※舞茸の水洗いについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみて下さい。)

舞茸は洗う?洗わない?必要性がある場合とは?味落ちしにくい洗い方も紹介!

ポイント④小分けして冷凍保存する

関連する記事

×