はちみつの大さじ・小さじ1杯は何グラム?代用品での測り方やカロリー・糖質量なども解説!

はちみつの大さじ・小さじ1杯は何グラムか知っていますか?今回は、はちみつのグラム数別の大さじ・小さじ換算表や大さじの正しい測り方のほか、1杯あたりのカロリーや糖質も紹介します。はちみつの大さじ1杯を代用品で測る方法も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. はちみつの大さじ・小さじ1杯は何グラム?
  2. はちみつの大さじ1杯は21g、小さじ1杯は7g
  3. はちみつのグラム数別の大さじ・小さじ換算表
  4. はちみつ大さじ1杯の正しい測り方は?
  5. はちみつの大さじ・小さじ1杯のカロリーや糖質は?
  6. はちみつの大さじ1杯を代用品で測る方法は?
  7. ①ペットボトルキャップ
  8. ②カレースプーン
  9. ③ティースプーン
  10. ④計量カップ
  11. ⑤おたま
  12. はちみつの料理に使う量は大さじ・小さじ何杯分?
  13. はちみつ大さじ1杯を正しく測ろう

はちみつの大さじ・小さじ1杯は何グラム?

出典:https://cookpad.com/cooking_basics/6621

はちみつを使用するとき、大さじ・小さじでは何グラムになるのでしょうか。同じ重さの調味料や大さじ・小さじでのグラム換算表も料理をするときの分量の参考にしてください。

はちみつの大さじ1杯は21g、小さじ1杯は7g

大さじの杯数 グラム数
大さじ1杯 21g
大さじ2杯 42g
大さじ3杯 64g
大さじ4杯 86g
大さじ5杯 108g

はちみつと同じ、大さじ21g・小さじ7gの調味料はこちらです。

・ジャム
・水あめ


料理本やレシピサイトでは、大さじ1杯15ml・小さじ1杯5mlと表記されています。しかし、それをグラムで換算すると調味料によって重さが違うため注意が必要です。はちみつと同じ重さの調味料は、ジャムや水あめなど粘度のあるものです。油やマヨネーズなどのとろみのあるものや醤油などの液体調味料は重さが違うため、間違えないように注意しましょう。

はちみつのグラム数別の大さじ・小さじ換算表

グラム数 大さじ・小さじ換算
100g 大さじ4杯と小さじ2杯強
90g 大さじ4杯と小さじ1杯
80g 大さじ3杯と小さじ1と1/2杯
70g 大さじ3杯と小さじ1杯
60g 大さじ3杯弱
50g 大さじ2杯と小さじ1杯
40g 大さじ2杯弱
30g 大さじ1杯と小さじ1と1/2杯
20g 大さじ1杯弱
10g 小さじ1と1/2杯

大さじ何杯でどれくらいの分量になるのかを知っていると、キッチンスケールがない時にも重さを計ることが出来て便利です。反対に、計量スプーンがない時にも重さを知っていればグラム数で大さじ・小さじ表記のレシピにも対応することが出来ます。

はちみつ大さじ1杯の正しい測り方は?

はちみつを計量スプーンで正しい計り方は以下の通りです。

・計量スプーンから表面張力で盛り上がった状態にする

はちみつのような液体は、表面張力で少し計量スプーンから盛り上がった状態まで入れるようにしましょう。粉物のようにすりきることが出来ませんが、お菓子作りなどは分量の誤差が仕上がりを左右することもあるため正確に計ることが大切です。

はちみつの大さじ・小さじ1杯のカロリーや糖質は?

カロリー 糖質
はちみつ(大さじ:21g) 62kcal 16.7g
はちみつ(小さじ:7g) 21kcal 5.6g


※含有量は日本食品標準成分表を参照しています(※1)

はちみつは砂糖大さじ1杯9gカロリー35kcal、糖質量8.9gと比較するとカロリー・糖質は高くなります。はちみつは、砂糖と比較して3倍程度甘さがあるため砂糖と同じ分量を使用すると甘みが強くなりすぎてしまうため注意してください。はちみつの方が甘みが強い分、使用量が少なくて良いため砂糖よりもカロリー・糖質を低く抑えることが出来ることもあります。

また、はちみつにはビタミンやミネラルも豊富で栄養価は高いので、砂糖よりも美容や健康におすすめです。

(※はちみつの栄養素と効能について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください)

はちみつの栄養素と効能は?加熱はNG?効果を高める食べ方・レシピのおすすめを紹介!

はちみつの大さじ1杯を代用品で測る方法は?

はちみつ大さじ1杯の重さを紹介しましたが、計量スプーンがない時はどうすればよいのでしょうか。計量スプーンがなくても大さじを計るのに代用できるおすすめの方法を紹介します。

①ペットボトルキャップ

ペットボトルキャップはどのメーカーも大きさがほぼ同じのため、軽量するのに適しています。キャップ1杯が7.5mlのため、2杯で15mlです。また、キャップ内側にある上の線までは5mlのため、小さじ1杯も正確に計ることができます。

②カレースプーン

カレーを食べるときに使用する大きめのスプーン1杯は、大さじ1とほぼ同じ分量です。計る時には、計量スプーンと同じようにこぼれないギリギリのところまではちみつをいれましょう。スプーンの大きさや形によって若干誤差はありますが、調理器具が揃ってなくてもスプーンはある場合が多いため役立ちます。

③ティースプーン

コーヒーや紅茶を混ぜるときに使用する小さいティースプーン1杯は、小さじ1杯とほぼ同じ分量です。大さじ1杯の重さを計りたいときには3杯程度を目安にしてください。こちらも、カレースプーンと計り方は同じですが、形による誤差があることを頭に入れておきましょう。

④計量カップ

レシピで1カップと言われる分量の計量カップ200mlは、はちみつ280gになり多めのはちみつを計る時には便利です。大さじ1杯は15mlのため、10mlと20mlのメモリの中間を量りましょう。

⑤おたま

家庭用のおたまは大体100ml程度のものが多いでしょう。おたま1杯ではちみつ大さじ6杯と小さじ1杯強程度の分量になります。自宅のおたまの分量を計っておくと便利です。

はちみつの料理に使う量は大さじ・小さじ何杯分?

はちみつを調理で使うとき、大さじ・小さじ何杯分使用しているのでしょうか。はちみつを使用する料理を例にしていくつか紹介します。

はちみつを使うとき、どのくらい使用するのか紹介します。

・コーヒーや紅茶の砂糖代わりに使う場合:小さじ1杯
・パンケーキにかける場合:大さじ1杯
・レモネード1人分(200ml)の場合:小さじ2杯
・レモン(1個分)のはちみつ漬けの場合:大さじ5杯


はちみつ漬けなどは、分量を計るよりも漬かる程度と記載されていることが多いですが、レモン1個分なら約100g程度使用するのが目安です。パンケーキなどにかける分量は好みですが、かけ過ぎは糖質やカロリーもアップするため気を付けましょう。

はちみつ大さじ1杯を正しく測ろう

大さじやグラムなどレシピによって表記の仕方が違っていると、戸惑うこともあるかもしれませんが、重さを知っておくと計量スプーンさえあれば正しく計ることができます。身近なものでも代用できるので、調理の際に役立ててください。

関連する記事