ブロッコリーの保存方法・期間とは?冷凍・冷蔵で長持ちさせるコツを紹介!

【野菜ソムリエ監修】ブロッコリーが余った場合、正しく保存できていますか?今回は、ブロッコリー(生・茹で)の冷蔵・冷凍別の保存方法・期間の目安や、葉・茎など部位別の保存の仕方なども紹介します。解凍のコツや新鮮&腐っているブロッコリーの特徴も紹介するので参考にしてください。

専門家監修 |野菜ソムリエ ふじかわなおこ
Ameba Instagram 野菜ソムリエ協会HP
日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエプロ。冷凍生活アドバイザー。...
Ameba Instagram 野菜ソムリエ協会HP
日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエプロ。冷凍生活アドバイザー。 野菜大好き長男(6歳)と野菜嫌いを克服しつつある次男坊(4歳)二人のボーイズママ野菜ソムリエです。自身の経験をもとに野菜嫌いのお子さんとそのママさんのサポーターとして、野菜嫌い克服メニューやちょっとしたテクニックの発信、地域の子育てサロンや幼稚園でこどもとママのためのお野菜教室などを行っています。

目次

  1. ブロッコリーの長持ちする保存方法は?
  2. ブロッコリーは常温保存より冷凍・冷蔵での保存がおすすめ
  3. ブロッコリーを冷蔵保存する方法・期間
  4. そのまま生で冷蔵保存する方法・手順
  5. 下茹でして冷蔵保存する方法・手順
  6. 保存期間・賞味期限の目安
  7. ブロッコリー(生)を冷凍保存する方法・期間
  8. そのまま生で保存するメリット
  9. 保存方法・手順
  10. 保存期間・賞味期限の目安
  11. ブロッコリー(茹で)を冷凍保存する方法・期間
  12. 茹でて保存するメリット
  13. ①お湯で茹でて冷凍保存する方法・手順
  14. ②レンジで茹でて冷凍保存する方法・手順
  15. 保存期間・賞味期限の目安
  16. 冷凍ブロッコリーを解凍する方法は?
  17. ①凍った状態で調理する
  18. ②湯通しして解凍する
  19. ③電子レンジで解凍する
  20. ブロッコリーの部位別の保存方法
  21. ブロッコリーの茎を冷蔵保存する方法・期間
  22. ブロッコリーの茎を冷凍保存する方法・期間
  23. ブロッコリーの葉の保存方法・期間
  24. 新鮮なブロッコリーの見分け方は?
  25. ①葉が瑞々しい
  26. ②房が密集し丸くなっている
  27. ③茎が詰まっておりスがない
  28. ブロッコリーを保存せず食べた方がいい場合とは?
  29. ①ブロッコリーが腐っている
  30. ②ブロッコリーが黄色・茶色に変色している
  31. ブロッコリーの正しい保存方法・期間を知ろう

ブロッコリーの長持ちする保存方法は?

ブロッコリーを最後まで美味しく食べるためには、保存方法が重要で、例えば、次の日食べる場合と、1週間後食べる場合では保存の仕方を変えた方がいいのです。

では、日持ちさせたい場合はどうやって保存するのがいいのでしょうか?

※保存期間はあくまで目安ですので、最後に紹介する賞味期限が切れた時の見分け方とともに参考にするようにしてください。

ブロッコリーは常温保存より冷凍・冷蔵での保存がおすすめ

ブロッコリーは0~5℃の温度で保存するのが適しているといわれています。そのため、ブロッコリーは常温での保存には向かず、日持ちもしません。長持ちさせるためにも、購入したら必ず冷蔵庫で保存するか、冷凍するようにしましょう。

ブロッコリーを冷蔵保存する方法・期間

それでは、ブロッコリーを冷蔵保存する場合、生のまま・茹でた後での保存方法・手順や賞味期限の目安を紹介するので参考にしてみてください。

そのまま生で冷蔵保存する方法・手順

出典:https://pbs.twimg.com/media/Clnp6WgWIAA3u43?format=jpg&name=small

ブロッコリーを生のまま冷蔵庫に保存する方法を紹介します。

1.茎についた外側の葉を取り除く。
2.水分を軽く含ませた新聞紙などにブロッコリーをやさしく包む。
3.2の上から、ビニール袋またはラップをかぶせ包み込む。
4.冷蔵庫の野菜室で保存する。

ブロッコリーをそのまま保存するよりも、一工夫することで、より鮮度の高い状態を長持ちさせることができます。ブロッコリーを冷蔵庫で保存する時は、つぼみを上側にし、茎を下側にして立てておくのがポイントです。こうすることで、つぼみが潰れずに食感良く保存することができます。

ふじかわなおこ

野菜ソムリエ

ブロッコリーを茹でた後、水にはさらさずザルに上げて粗熱を取り、水気をしっかり切ることで保存後も水っぽくならず美味しく食べられます。

下茹でして冷蔵保存する方法・手順

ブロッコリーを茹でてから冷蔵庫に保存する方法を紹介します。

1.鍋に沸かした湯に塩を入れる。(水1.5Lに対して塩大さじ1が目安です)
2.1にブロッコリーを入れ、熱が通るまで茹でる。
3.ブロッコリーの水気をよくきる。
4.3を密閉できる容器などに入れて保存する。


茹でた後、しっかりとブロッコリーの水気を切っておくことがポイントです。キッチンペーパーなどで軽く水気を拭き取るのもおすすめです。

保存期間・賞味期限の目安

生の状態でのブロッコリーの賞味期限と茹でて保存した場合のブロッコリーの賞味期限は若干異なります。

・生の場合は2~3日程度

・茹でた場合は1〜3日程度


生のブロッコリーは、時間が経つと、つぼみが開いたり黄色に変色したりするため、長持ちしません。ブロッコリーの味が落ち、さらに栄養価も下がってしまいますので、早めに食べましょう。

また、茹でて保存した場合は、生のまま冷蔵保存する場合よりも、劣化が早くなります。生のブロッコリーよりも、気持ち早めに食べきるようにしましょう。

ブロッコリー(生)を冷凍保存する方法・期間

ブロッコリーは冷蔵保存だけでなく、冷凍で保存も可能です。冷凍することによって、よりブロッコリーを長持ちさせることができます。冷凍保存の方法も、生のまま・茹でてからの2種類の保存方法があり、それぞれ違い・メリットを比較して紹介します。

そのまま生で保存するメリット

そのまま生のブロッコリーを冷凍保存するメリットは、ブロッコリー特有の食感が長持ちすることです。その他にも熱を加えないため、熱に弱く、水に流れやすい栄養素(ビタミンやミネラルなど)が抜けにくいといった利点があります。

保存方法・手順

ブロッコリーを生のまま冷凍保存する方法を紹介します。

1.ブロッコリーを包丁で切り、小房にわける。
2.ひとつひとつラップで包む。
3.ビニール袋や保存袋に入れ、冷凍庫に入れる。


ブロッコリーをラップをした状態でさらに袋に入れることで、冷凍焼けを防ぎ、美味しさを長持ちさせることができます。

保存期間・賞味期限の目安

生のブロッコリーを冷凍保存した場合は、1か月程度が保存の目安です。冷蔵保存の場合は2~3日程度でしたので、冷凍保存をしたほうが、より長持ちします。変色もしにくくなるので、ブロッコリーそのものの味や食感も長い期間保つことができます。

ブロッコリー(茹で)を冷凍保存する方法・期間

生のブロッコリーを冷凍する他に、茹でたブロッコリーやレンジで加熱したブロッコリーも冷凍保存が可能です。茹でたブロッコリーを冷凍保存するときのメリットと方法に加え、期間についても紹介します。

茹でて保存するメリット

ブロッコリーを茹でて冷凍保存することで、使いたいときにすぐ使うことができます。早く火が通り、味も染みこみやすくなるため、調理時間の短縮になります。また、ブロッコリーの花蕾が崩れてしまうのを防ぎ、見た目の美味しさも長持ちさせることもできます。

①お湯で茹でて冷凍保存する方法・手順

お湯で茹でてから冷凍で保存する方法・手順は以下の通りです。

1.ブロッコリーを小房に切り分ける。
2.塩を加えた熱湯(水1.5Lに対し塩大さじ1が目安)で、ブロッコリーを固めに茹でる。
3. 茹で上がったらザルにあげ、粗熱を取る。
4.しっかりと水気をきり、保存袋などにブロッコリーが重ならないように並べる。
5.袋の空気を抜いて、冷凍庫に入れる。

冷凍保存して解凍する際に柔らかくなってしまうので、最初から柔らかく茹でてしまうと食感が台無しになってしまいます。少し固めに茹でるのがポイントです。

ふじかわなおこ

野菜ソムリエ

生だけでなく、茹でたブロッコリーも小房ごとにラップでくるんでから保存袋に入れて冷凍すると、ブロッコリーに霜がついてしまうのを予防できます。

②レンジで茹でて冷凍保存する方法・手順


さっとお湯で茹でる方法もおすすめですが、もっと楽に加熱したいとういう時には、レンジを使って加熱する方法があります。

1.ブロッコリーを小房に分ける。
2.耐熱皿に移し、大さじ1~2の水をかけてラップをする。
3.レンジ600Wで1分間加熱する。
4.しっかりと水気をきり、保存袋などにブロッコリーが重ならないように並べる。
5.袋の空気を抜いて、冷凍庫に入れる。

レンジで加熱する方法は、水分を飛ばしてしまうので、茹でる方法よりも少しパサついてしまう可能性があります。レンジで加熱するときに、水分を加えるのを忘れずに行ってください。

保存期間・賞味期限の目安

ブロッコリーをお湯で茹でてから冷凍保存した場合の保存期間は、おおよそ1か月が目安となります。レンジで加熱して冷凍保存した場合も同様の期間を目安にしてください。

茹でたりレンジ加熱をしたほうが、生のまま冷凍保存するより、美味しく食べられる期間を長持ちさせることができます。しかし、冷凍焼けする可能性もあるので、次の日食べることが確実なのであれば冷蔵庫で保存するといいでしょう

冷凍ブロッコリーを解凍する方法は?

冷凍保存していたブロッコリーを食べる際は、自然解凍する、茹でる、電子レンジを使って解凍する方法があります。順番に3つ紹介します。

①凍った状態で調理する

冷凍したブロッコリーは自然解凍をすることができます。朝、お弁当のおかずとして、凍ったままブロッコリーを入れれば、お昼に食べる頃には溶けていますので、そのまま食べられます。夏場のお弁当に入れれば、保冷剤代わりになります。

②湯通しして解凍する

解凍するときの茹で時間は、1分間が目安です。あまり長く茹でてしまうと、ブロッコリーが柔らかくなり、水っぽくなって美味しくありません。栄養素を流さないためにも、手早く茹でて解凍しましょう。

③電子レンジで解凍する

レンジで加熱すると水分が飛び、水っぽさがなくなりますが、パサついたようになるのも特徴です。ただ、茹でて解凍するよりも、レンジで解凍した方がより甘味や歯ごたえを感じられます。加熱時間の目安はレンジ500Wで40秒ですが、硬さ・解凍具合の仕上がりによって加熱時間を調整するようにしてください。

ブロッコリーの部位別の保存方法

ブロッコリーの食べられる部分は房の部分だけではありません。実は、ブロッコリーの茎や葉まで、捨てる部分はなく、全部食べることが出来ます。ブロッコリーの茎や葉の保存方法と賞味期限について説明します。

ブロッコリーの茎を冷蔵保存する方法・期間

ブロッコリーの茎の部分も美味しく食べることができます。茎の部分も花蕾部分と同様に、冷蔵庫で保管すると3日程度が保存期間です。

①生のブロッコリー
1.花蕾部分を取ったブロッコリーの茎を、葉や細い茎を包丁で取り除く。
2. 湿らしたキッチンペーパーなどで茎を包む。
3.2を密閉できる容器やビニール袋、ラップなどで優しく包む。
4.3を冷蔵庫の野菜室に立てて保存する。

②茹でたブロッコリー
1.生のまま保存する場合と同様、葉と細い茎を包丁で取り除く。
2.食べやすい大きさに茎を切り、塩水で茹でる。(塩加減は、小房を茹でる場合と同様)
3.茹であがった茎は、しっかり水気をきる。
4.密閉できる容器やビニール袋に入れて保存する。


長くは日持ちしないので、すぐに食べないようであれば、冷凍保存をおすすめします。

ブロッコリーの茎を冷凍保存する方法・期間

ブロッコリーの茎は茹でた後に冷凍保存することも可能です。

1.一口サイズに茎をきる。
2.沸騰した湯に塩をいれ、茹でる。
3.水気をきり、1食分ごとに分け、ラップで包む。
3.2を冷凍可能な容器またはビニール袋に入れ、冷凍庫で保存する。


長時間茹でてしまうと、解凍後柔らかくなりブヨブヨになります。少し固めに感じる程度に茹でるのがポイントです。

(*ブロッコリーの茎について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ブロッコリーの茎は栄養豊富!切り方・食べ方や活用レシピ10選を紹介!

ブロッコリーの葉の保存方法・期間

ブロッコリーは、花蕾や茎だけでなく、葉も食べることができます。見た目よりも柔らかく、ほんのりと甘みが感じられますので、捨てずに食べてみましょう。

・冷蔵保存の場合
1.ブロッコリーの葉を重ねる。
2.ビニール袋などに入れて保存する。

・冷凍保存の場合
1.食べやすい大きさにカットする。
2.3~4分程度塩茹でする。
3.2の水気をきり、粗熱が取れたら、冷凍可能な保存容器やビニール袋で保存する。


葉も他の部位と同様に、色が変色しないうちに早めに使い切るようにしましょう。賞味期限は長くても3日程度のため、美味しく食べられる期間のうちに食べきりましょう。

(*ブロッコリーの葉について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ブロッコリーの葉は食べられる?栄養は?茎も使える活用レシピ5選も紹介!

新鮮なブロッコリーの見分け方は?

続いて、新鮮なブロッコリーの見分け方についても紹介します。スーパーで購入する際などの参考にして下さい。

①葉が瑞々しい

ブロッコリーには小さな葉がついていることがあります。この外葉がしなっとしおれていると、鮮度が落ちていると言えるので、避けるようにしましょう。葉が緑色で、粒がギュッと詰まって瑞々しいものを選ぶのがおすすめです。

②房が密集し丸くなっている

房の全体が濃い緑色で、こんもりと丸く密集しているものを選びましょう。硬く引き締まっているものが新鮮な証拠です。ブロッコリーの房の部分が大きいものは熟度が高く、美味しいですが、反対に房が小さいものは、早もぎされたブロッコリーのため、あまり美味しいとは言えません。

③茎が詰まっておりスがない

茎に空洞がなく、詰まっているものが新鮮な証拠です。また、ときどき茎にみられる空洞は、雨などの天候の影響で急激に成長してしまったときの産物で、気にせず食べても問題ありませんが、なるべ茎が詰まっているものを選びましょう。

茎が大きいブロッコリーの方が完熟度が高く、甘みが強い証拠です。茎の切り口が500円玉大くらいのものを選びましょう。茎がしっかり残っているものは、劣化がしにくく長持ちするので、保存させる場合はおすすめです。

(*ブロッコリーの選び方・見分け方について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ブロッコリーの選び方・見分け方は?紫色でも大丈夫?日持ちする保存法など紹介!

ブロッコリーを保存せず食べた方がいい場合とは?

ブロッコリーは、茎が茶色くなったり、ぬめりが出て黒くなったりすることがあります。ブロッコリーは他の野菜に比べて、腐っているのかパッと見ただけでは分かりにくい野菜です。新鮮度が落ちていたら、保存せずにすぐに食べるようにしましょう。

①ブロッコリーが腐っている

腐っているブロッコリーの状態は以下のような特徴があります。

・変色している
・溶けている
・柔らかい
・ぬめりがある
・茎に空洞がある
・カビが生えている
・酸っぱい臭い


生のブロッコリーが腐ると、綺麗な緑色から黄色、そして茶色へと変色していきます。ブロッコリーは、どうしても花を咲かせようとする働きがあり、黄色の花になるため、色が変わってしまいます。

(*ブロッコリーが腐るとどうなるのかについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ブロッコリーが腐るとどうなる?見分け方は?賞味期限の目安も紹介!

②ブロッコリーが黄色・茶色に変色している

生のブロッコリーは、時間が経つにつれて、緑色→黄色→茶色へと色が変わります。そのため、茶色になったブロッコリーは、茶色の部分だけを切り捨ることで、それ以外の緑色の部分は食べられます。しかし、ブロッコリー全体が茶色になったブロッコリーは、食べずに捨てることをおすすめします。

ブロッコリーの頭が黄色に変化するのは、花のつぼみが開いているためです。腐っていたり、傷んだりしている状態ではありません。しかし、ブロッコリー全体の栄養を花を咲かせることに使っており栄養が少なくなっているので、黄色いブロッコリーを見つけたら早めに使用しましょう。

また、表面が紫色に変化しているものもまれにあります。紫色の正体はアントシアニンです。アントシアニンは、ブロッコリーを寒さから守るために表面に出てきます。紫色のブロッコリーは状態が悪いわけではないので、食べても大丈夫です。

(*ブロッコリーが変色している場合について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ブロッコリーが黄色に変色…食べられる?正体は花?活用レシピのおすすめも紹介!
ブロッコリーが茶色・赤に変色しても食べられる?色あせが原因?茎など部位別に紹介!

ブロッコリーの正しい保存方法・期間を知ろう

栄養価が高く、年中スーパーでよく見かけるブロッコリーは、意外と賞味期限が短いです。美味しくブロッコリーを食べるためにも、正しい保存方法で鮮度を長持ちさせましょう。これまで捨ててしまっていた、茎や葉も美味しく食べてみて下さい。

関連する記事

×