水菜は生で食べれる?加熱より栄養価が高いメリットも?活用レシピのおすすめを紹介!

水菜は生で食べれるか知っていますか?冬に旬を迎える水菜ですが、今回は、水菜は生食できるかや生で食べる栄養面のメリットに加えて、活用レシピのおすすめも紹介します。水菜の生で食べる際のポイントや新鮮な選び方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 水菜は生で食べれる?危険?
  2. 水菜は生食できる
  3. 水菜を生食した時の味は苦い?
  4. 水菜を生で食べるメリットは?
  5. ①水菜は生で食べるほうが栄養価が高い
  6. 水菜を生で食べる際のポイントは?
  7. ①水菜をそのまま食べずに洗う
  8. ②大きくなりすぎた水菜は避ける
  9. ③新鮮な水菜を選ぶ
  10. 水菜の生食で美味しいレシピ
  11. ①水菜の生ハムまき
  12. ②水菜のユッケ
  13. ③水菜の和風サラダ
  14. ④水菜のタルタルサラダ
  15. ⑤水菜の生春巻き
  16. 水菜を生で食べよう

水菜は生で食べれる?危険?

水菜は、鍋の具材として使われることが多い食材ですが、生でも食べることができるのでしょうか。ここでは、水菜を生で食べれるかや、味について説明していきます。

水菜は生食できる

水菜は生で食べることができる野菜で、シャキシャキとした食感が楽しめるためサラダなどに使われることも多いです。スーパーではサラダ用の水菜として売られているものもありますが、サラダ水菜だけでなく、そうでない水菜も生で食べることができるので安心して生食しましょう。

水菜を生食した時の味は苦い?

生の水菜は人によっては苦いと感じる場合もあるようで、以下の口コミからも分かるように苦味の感じ方や生食に向くかどうかは意見が分かれるようです。苦味は調理法によってある程度抑えることができますが、水菜の苦味を美味しいと感じるかどうかは人それぞれのため、家族や友人との食卓に生の水菜を出す際は注意しましょう。

水菜の生食は前まで抵抗があったけど、これはこれでありかと思って最近はたまに食べる。最近の水菜はやわらかいし

サラダに入ってる生の水菜は苦いから嫌いだけど茹でた水菜は世界を救う。うまい

水菜を生で食べるメリットは?

水菜は生で食べることができると分かりましたが、火を通さずに生で食べるメリットはあるのでしょうか。水菜の生食にどのようなメリットがあるかについて説明します。

①水菜は生で食べるほうが栄養価が高い

水菜には以下のような栄養素が豊富に含まれており、生で食べた方が栄養価が高いのがメリットです。

・ビタミンC
・カリウム
・β-カロテン
・葉酸


ビタミンCには抗酸化作用があり、カリウムには血圧を下げる効果がありますが、いずれも加熱調理によって栄養が損失あるいは流出してしまいます。この理由から水菜は生で食べた方が栄養価が高いので、水菜の栄養をくまなく摂りたい場合は火を通さず生で食べましょう。

(*水菜の栄養について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください)

水菜に栄養はない?含有成分・効能や栄養を逃さない調理法も紹介!

水菜を生で食べる際のポイントは?

水菜の栄養は熱に弱いものがあるため、生で食べた方がしっかりと栄養が摂れますが、生で食べる際には気を付けた方が良いポイントがあります。ここからは、水菜を生で食べる際のポイントについていくつか紹介するので参考にしてください。

①水菜をそのまま食べずに洗う

生の水菜は買ってきてそのまま食べるのではなく、下記の手順でしっかりと丁寧に洗ってから食べましょう。

【洗い方】
1、ボウルなどの容器に水を張る
2、水菜の根元の部分を水につける
3、根元の茎を拡げながら、流水でしっかりと洗う
4、葉っぱの先まで丁寧に洗う


上記の手順で水菜を洗ってみると、根元の部分に付いていた土や虫がボウルの中に落ちるので、しっかりと洗って汚れや虫を落としましょう。また、農薬が残っている場合もあるので、しっかり洗った方が健康のためにも安心です。なお、水菜の栄養素の中には水に流れ出てしまう性質のものもあるので、水にさらす時間を極力短くするように心がけてください。

関連する記事