コールスローとはどんなサラダ?名前の意味・語源や歴史は?作り方やアレンジレシピのおすすめも紹介!

コールスローとはどんな料理か知っていますか?今回は、〈名前の意味や語源・歴史・作り方〉などコールスローを他のサラダと比較しながら紹介します。コールスローと他のサラダの違いやアレンジレシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. コールスローとは?名前にどんな意味がある?
  2. コールスローはみじん切りキャベツに味付けした料理
  3. コールスローの名前の意味・語源
  4. コールスローの歴史
  5. コールスローは日持ちしない?保存方法は?
  6. コールスローの日持ち期間の目安
  7. コールスローを日持ちさせるポイント
  8. コールスローと他のサラダの違いは?
  9. コールスローと普通のサラダの違い
  10. コールスローとザワークラウトの違いは?
  11. コールスローの基本の作り方・レシピ
  12. 材料
  13. 作り方・レシピ
  14. コールスローのアレンジレシピ
  15. ①カレーコールスロー
  16. ②トマトとキャベツのコールスロー
  17. ③和風コールスロー
  18. コールスローを作ってみよう

コールスローとは?名前にどんな意味がある?

コールスローは名前は聞いたことがあるものの、どのような料理なのかを詳しくは知らない方も多いでしょう。ここではコールスローとは何かや名前にどんな意味があるのかを紹介します。

コールスローはみじん切りキャベツに味付けした料理

コールスローはみじん切りしたキャベツに味付けをした料理です。コールスローの多くはマヨネーズやフレンチドレッシングで味付けをしており、野菜はキャベツの他に、にんじんやとうもろこしはなどが入っていることもあります。

コールスローの名前の意味・語源

コールスローの名前の意味・語源は、オランダ語で「koolsalade(キャベツのサラダ)」を短くした「koolsla(コールスラ)」だとされています。しかし、英語圏であるアメリカやイギリスでは「cole(アブラナ科の植物)」と「slaw(刻みキャベツを材料にしたもの)」をあわせて「coleslaw(コールスロー)」と呼ばれるようになりました。

コールスローの歴史

コールスローの歴史はとても古く、古代ローマ時代から食べられてきたといわれています。かつてはコールスローの味付けには酢と油が使われていましたが、18世紀にマヨネーズが登場してからはマヨネーズと組み合わせることが一般的になり、人気も高まりました。

コールスローは日持ちしない?保存方法は?

生野菜を使うコールスローはマヨネーズを和えて作ることが多いのですが、長持ちさせることは可能でしょうか。ここではコールスローの日持ち期間の目安や保存の仕方、日持ち期間を長くさせるポイントを紹介します。

コールスローの日持ち期間の目安

コールスローは生野菜とマヨネーズを和えた料理のため基本的に日持ちが難しく、日持ちの目安は1日と考えた方が良いでしょう。特にコールスローに使うキャベツは時間がたつにつれ水分が出てしまい、マヨネーズを薄めてしまい味わいや食感が悪くなってしまいます。なおコールスローは常温には置かずに必ず冷蔵保存をしましょう。

コールスローを日持ちさせるポイント

コールスローを日持ちさせるには、キャベツから出る水分をできる限り抜いておくことが大切です。コールスローは野菜を刻むだけで簡単に作れるサラダなので、ついキャベツをそのまま使用しがちですが、塩もみするか塩水につけて野菜の水分を出す手間を加えることがポイントです。また、マヨネーズは食べる直前に和えるようにすると良いでしょう。

(*コールスローの日持ちについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

コールスローの日持ちする保存方法は?マヨネーズが鍵?作り置きレシピのおすすめも紹介!

コールスローと他のサラダの違いは?

関連する記事

×