ヒラメの種類と特徴は?選び方は?旬・味・体長などを比較し画像とともに紹介!

ヒラメの種類について知っていますか?一口にヒラメといってもそれぞれに違いがあります。今回は、ヒラメの種類別の<旬・体長・産地・味>などの特徴を画像とともに紹介します。ヒラメの選び方や、さばき方に加えてレシピのおすすめも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ヒラメの種類はどれくらい?
  2. ヒラメはカレイの1種?
  3. ヒラメの種類8選!見分け方も画像で紹介!
  4. ①ヒラメ
  5. ②舌平目
  6. ③イヌノシタ
  7. ④クロウシノシタ
  8. ⑤ガンゾウビラメ
  9. ⑥タマガンゾウビラメ
  10. ⑦コケビラメ
  11. ⑧イシビラメ
  12. ヒラメの選び方は?
  13. 新鮮なヒラメの特徴
  14. ヒラメのさばき方
  15. ヒラメを使ったレシピのおすすめ
  16. ①ヒラメのアクアパッツァ風
  17. ②舌平目のムニエル
  18. ③桃とヒラメのカルパッチョ
  19. ④ヒラメと塩昆布の和え物
  20. ⑤ヒラメの揚げ煮付け
  21. ヒラメのいろんな種類で食べてみよう

ヒラメの種類はどれくらい?

日本は海に囲まれた島国であるため、昔から多くの魚介類が食べられてきました。白身魚のヒラメは淡泊な味で、日本料理からフランス料理まで幅広く使用されている魚ですが、どれくらいの種類が食べられているか知っていますか?今回は、おいしいヒラメの選び方から調理の方法まで紹介します。

ヒラメはカレイの1種?

ヒラメとよく似た魚にカレイがいますが、一般的にヒラメと呼ばれているのはカレイ目ヒラメ科の魚のことです。日本のヒラメの場合、腹を手前にして置いたときに左側を向いているのがほとんどなので「左ヒラメの右カレイ」と見分けられています。よく見ると口の形にも違いがあり、食べている餌も異なるのでヒラメとカレイでは肉質に差があります。

(*ヒラメとカレイの違いについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ヒラメとカレイの違いは?見分け方は目・口が鍵?値段・味わいなども比較して紹介!

ヒラメの種類8選!見分け方も画像で紹介!

ヒラメにもいろいろな種類が存在します。見た目や味に特徴があるので、ヒラメを選ぶ際の参考にしてください。

①ヒラメ

・旬の時期:11月~4月
・体長:50~60cm
・主産地:青森県・北海道・福島県・長崎県・茨城県


目が左に寄っていて、口が大きく鋭い歯を持っています。大きい物の方が味がよく、生食・煮物・焼き物・揚げ物など様々な料理と相性が良いです。養殖も盛んに行われており、産卵後の夏は身が痩せて味が落ちるので、天然物より養殖物の方がおいしいとも言われます。

②舌平目

・旬の時期:11月~6月
・体長:30~60cm
・主産地:西日本・関東以北


形が牛の舌に似ていることからこの名前が付いたヒラメで、フランス料理などでよく使われています。身は薄く、脂肪分がとても少ないさっぱりしたヒラメで、ムニエルにして食べるのがおすすめです。名前にヒラメとつきますが、正確にはカレイ目ウシノシタ科の魚の総称です。

③イヌノシタ

・旬の時期:12月~6月
・体長:40~45cm
・主産地:瀬戸内海沿岸


カレイ目ウシノシタ科の中でも細長い形をしているのが名前の由来ですが、見た目が赤いのでアカシタビラメとも呼ばれています。ウロコが剥がれやすいため、鮮度を判断するときは体色以外で見分けると良いでしょう。6月から夏にかけて産卵しますが、身の味にはあまり変化は現れません。

④クロウシノシタ

・旬の時期:12月~6月
・体長:45cm
・主産地:関東以北・日本海沿岸・瀬戸内海


タイワンシタビラメ属の一種で、ヒレが黒いことから「クロシタ」とも呼ばれています。比較的入荷量が多いのでシタビラメの中でも手に入れやすい種類ですが、皮に少々臭みがあるため調理の際は皮は除いた方が良いでしょう。イヌノシタ同様、味は年中変わりなく食べられます。

⑤ガンゾウビラメ

・旬の時期:12月~3月
・体長:20~40cm
・主産地:和歌山県・徳島県・山口県


ヒラメより小ぶりな身がやや薄いヒラメで、脂が少ない上品な味わいの白身が特徴です。水分が多く傷みやすいのでほとんどが産地で消費されており、県外では多くが干物に加工されて流通しています。

⑥タマガンゾウビラメ

・旬の時期:11月~5月
・体長:20cm
・主産地:広島県・瀬戸内海沿岸


表面に丸い斑文があることが名前の由来になった、ガンゾウビラメより小型のヒラメです。産地では刺身でもよく食べられているヒラメ科の中でも味が良いヒラメで、タマガンゾウビラメを干物にした「でべら」は高級品の干物として取り扱われています。

⑦コケビラメ

・旬の時期:11月~4月
・体長:25cm
・主産地:長崎県・福岡県・静岡県


「コケ」とはウロコのことで、ウロコの目立つヒラメという意味でコケビラメと呼ばれています。鮮魚として市場に出回ることは少なく、干物にされることが多いです。干物の原料としては比較的高価ですが、北九州ではスーパーにも並んでいる一般的な食品です。

⑧イシビラメ

・旬の時期:11月~4月
・体長:50cm~1m
・主産地:ヨーロッパ沿岸


他のヒラメと比べて体高が非常に高く、体長1mにもなる大型のヒラメです。天然のイシビラメは身が厚く引き締まっていておいしいので、ヨーロッパでは最高級魚の一つになっています。中国・韓国での養殖も盛んで、蒸し物やしゃぶしゃぶでよく食べられています。

ヒラメの選び方は?

ヒラメを購入するときにチェックした方がよいポイントを紹介します。ヒラメ以外の魚を選ぶ際にも共通して使えるので、覚えておくと便利です。

新鮮なヒラメの特徴

新鮮なヒラメを見分けるときは、以下の状態を確認しましょう。

・身にハリがある
・目にハリがあり飛び出している
・触ったときに、しっかりとした硬さが感じられる
・表面が乾いていない
・肉厚で、厚みが極端に偏っていない
・エラの中が鮮やかな赤色


ヒラメの厚みを見て、腹だけが膨らんでいるものは腹の部分が傷み始めて鮮度が悪い可能性があるので注意が必要です。また、天然のヒラメで裏側が青みを帯びてきている場合、ヒラメを釣る際に使用されたエサがお腹の中に残っていて臭いが出てくる可能性があるので避けた方が良いです。切り身のヒラメを買うときは、弾力があって透明感のあるものを選びましょう。

天然と養殖のヒラメの裏側を見ると、天然のヒラメは真っ白なのに対し養殖のヒラメには黒や茶色のまだら模様があります。味に大差はありませんが、養殖のヒラメは肉質が柔らかく年中安定して脂がのっています。

ヒラメのさばき方

ヒラメの5枚おろしの仕方を紹介します。

①たわしで表面のヌメリと汚れを洗い落とす
②うろこを包丁で取り除く
③頭と内臓を切り取る
④血合いに包丁を入れ、うろこ・血合いを洗って水気をとる
⑤尾を切り落とす
⑥尾側を手前にして置き、表身の中心に包丁を入れ、尾まで切り下げる
⑦中骨に沿って包丁を入れ、片身をはがす
⑧ヒラメを半回転させ、もう反対側も同様に中骨に沿って包丁を入れてはがす
⑨裏側も同じ手順で片身ずつはがす
⑩身に沿って包丁を入れて腹骨を取り除く
⑪中骨と血合いを斜めに削ぎ落とす
⑫エンガワを切り取る


多くの魚は3枚おろしが一般的ですが、ヒラメなどの平べったい魚は5枚おろしにされることが多いです。一見難しそうですが、骨をなぞるように包丁を入れていけば簡単にさばくことができるのでぜひ挑戦してみてください。魚をさばく際は、事前に包丁を研いで良く切れるようにしておくとスムーズにさばけるのでおすすめです。

ヒラメを使ったレシピのおすすめ

ヒラメは淡泊な味なので、味付けしやすくいろいろな料理に合います。ヒラメを使ったおすすめのレシピをいくつか紹介します。

①ヒラメのアクアパッツァ風

出典:https://cookpad.com/recipe/6326700

フライパンに材料を入れて火にかけるだけの簡単なレシピです。彩りが華やかなので、おもてなし料理に最適です。

ヒラメ切身のアクアパッツア風パプリカ添え by BistroMiti 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

②舌平目のムニエル

出典:https://cookpad.com/recipe/6137081

そのまま食べてもおいしいムニエルですが、チーズソースをかけるだけでコクのある味になります。ソースは電子レンジで温めるだけなので手間もかかりません。

舌平目のムニエル♡チーズソースで by かえかえこ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

③桃とヒラメのカルパッチョ

出典:https://cookpad.com/recipe/5798950

桃とヒラメは意外な組み合わせですが、いつもとひと味違ったヒラメ料理を食べたいときにおすすめです。合わせる桃は硬めのものの方が良いでしょう。

旬の桃とヒラメでカルパッチョ☆ by はーと 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

④ヒラメと塩昆布の和え物

出典:https://cookpad.com/recipe/6110077

塩昆布と和えるだけで簡単に作れる、昆布の風味がヒラメの美味しさを引き立てる一品です。ポン酢とかぼすでさっぱりしていて、お酒のおつまみにしても良いでしょう。

ヒラメと塩昆布のポン酢、かぼす和え by obiちゃん 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

⑤ヒラメの揚げ煮付け

出典:https://cookpad.com/recipe/2783417

定番の煮付けですが、一度揚げることで食感に変化が出てタレも良く絡みます。色味を加えたいときには、南蛮漬けのように野菜を入れるのもおすすめです。

ヒラメの揚げ煮付け by ぽちゃサザエ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

ヒラメのいろんな種類で食べてみよう

ヒラメは小骨がほとんど無いので、小さいお子さんから年配の方まで食べやすいのも魅力です。スーパーでも安定して手に入れられる魚で、料理のアレンジもしやすいので、スーパーなどでヒラメを見かけた際はぜひ食卓に取り入れてみてください。

関連する記事

×