ピスタチオの食べ方は?薄皮は食べられる?殻の剥き方や毒カビの注意点も紹介!

ピスタチオの美味しい食べ方を知っていますか?今回は、ピスタチオの簡単な殻の割り方・剥き方や薄皮も食べられるかどうか紹介します。〈食べ過ぎ・毒〉など、ピスタチオを食べる際の注意点も紹介するので参考にしてみてくださいね。食べ過ぎによる影響も紹介します。

目次

  1. ピスタチオの殻が硬い…。上手な食べ方は?
  2. ピスタチオの殻の割り方・剥き方
  3. ピスタチオの食べ方は?薄皮も食べられる?
  4. ピスタチオの薄皮は食べても問題ない
  5. ピスタチオの薄皮の剥き方は?
  6. ピスタチオを食べる際の注意点は?
  7. ①ピスタチオの食べ過ぎはNG
  8. ②ピスタチオにカビ毒がついている場合がある
  9. ピスタチオを食べてみよう!

ピスタチオの殻が硬い…。上手な食べ方は?

お酒のおつまみやおやつとしてナッツを食べる人も多いのではないでしょうか。殻付きで緑色のピスタチオは見た目にも美味しそうなのですが、殻が硬いのが難点です。どのようにしたら上手に殻を剥き食べることが出来るのか、上手な殻の割り方、食べ方を学んでみましょう。

ピスタチオの殻の割り方・剥き方

ピスタチオの殻を簡単に割るポイントを紹介していますので、画像を参考に試してみて下さい。

①割れ目の隙間が小さいピスタチオを片手に持つ
②道具として使用するピスタチオの殻をもう片手に持つ
③割れないピスタチオの殻の隙間に②の殻を差し込む
④②の殻を軽くひねる

ピスタチオの殻は基本的には素手で簡単に割れますが、割れない場合は割った後のピスタチオの殻を道具として使用すると、簡単に殻を割ることが出来ます。全く隙間がないピスタチオの場合にはペンチなどで殻を挟んで割り、その後同様の手順で殻を割ると良いでしょう。

ピスタチオの食べ方は?薄皮も食べられる?

ピスタチオには外側の固い殻と内側の薄皮がありますが、薄皮は食べても良いのでしょうか?食べても問題はないのか、食べ方を調べてみましょう。

ピスタチオの薄皮は食べても問題ない

ピスタチオは硬い皮を割ったあと、茶色の薄皮に包まれた緑色の実が出てきます。この薄皮は綺麗に剥いた方がよいのかそのまま食べて良いのか迷いますが、薄皮は食べても問題なく、むしろ積極的に食べたい成分が含まれています。薄皮には実は食物繊維が含まれているので、気にならないようなら是非薄皮のまま食べてみて下さい。

(*ピスタチオの栄養素や効能について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ピスタチオの栄養素と効能は?美容健康に効果あり?食べ過ぎなど注意点も紹介!

ピスタチオの薄皮の剥き方は?

ピスタチオ100gを目安とした場合の薄皮の剥き方を紹介しますので、ピスタチオの分量に応じて水の量を調整して下さい。

①皮を剥いたピスタチオを約100g用意する
②鍋にカップ1杯くらいの水を入れ沸騰させる
③沸騰したら鍋にピスタチオを入れる
④箸で軽く混ぜて15~20秒くらいで火を消す
⑤ザルにピスタチオを移す
⑥ピスタチオを大きなお皿に広げ余熱をとる
⑦一粒づつ指で摘まみ皮を剥く

ピスタチオをザルに移した際には水洗いはしないように気をつけて下さい。茹でたピスタチオを乾燥させてしまうと薄皮を剥きにくくなるので、早目に剥きましょう。

ピスタチオをそのまま食べるのではなくアイスクリームやケーキなどのようなスイーツに使用する場合には、綺麗に薄皮を剥き色鮮やかな緑色の実を使用したいものです。薄皮の剥き方をマスターしておき、時間のゆとりのある時に薄皮を剥いておけば、スイーツを作るときなどに便利ですね。

ピスタチオを食べる際の注意点は?

ピスタチオは栄養価が豊富でナッツの女王といわれていて適量を摂取すると、健康や美容にとても良い効果を与えてくれます。しかし誤った食べ方をすると危険なこともあるので、どのような点に注意をしたら良いかをお知らせします。

関連する記事