【動画】ガレットのきれいな食べ方とは?ナイフ・フォークのマナーも解説

ガレットの正しい食べ方を知っていますか?マナーはあるのでしょうか?食べにくいガレットですが、今回は、ガレットの綺麗な食べ方の手順を【動画】で解説します。ナイフ・フォークを使った正しいテーブルマナーも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ガレットの食べ方マナーとは?
  2. ガレットのきれいな食べ方【動画】
  3. ①ガレットの生地だけを食べる
  4. ②ガレットの半熟卵を潰す
  5. ③ガレットを幅5cmくらいで縦に切る
  6. ④切った生地の上に具材を乗せる
  7. ⑤ナイフとフォークで具材を包むように生地を巻く
  8. 【おまけ】ガレットを食べる際のナイフ・フォークの使い方
  9. ガレットをきれいに食べよう

ガレットの食べ方マナーとは?

社会人になるとテーブルマナーを必要とされる機会が増えます。メニューにガレットが出た時に、ナイフとフォークをきれいに使えるよう、テーブルマナーを習得しておくにこしたことはありません。ここでは、ガレットを食べる際のマナーについて説明します。

(*ガレットについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ガレットとは?どんな意味?クレープとの違いや食べ方・レシピのおすすめを紹介!

ガレットのきれいな食べ方【動画】

ガレットをマナーを守って食べるためには、生地をナイフとフォークを使ってきれいに切れるよう使い方を覚えておく必要があります。次章以降で食べ方について説明しますが、上の動画の5分10秒からの切り方を参考にしてみてください。

①ガレットの生地だけを食べる

まずはガレットの端を一口程度の大きさに切り、生地だけを食べます。生地だけを口にすることで、そば粉特有の風味を先に味わうのです。店によって、ガレット生地の味が異なるので食べ比べても楽しそうです。ナイフとフォークを正しく使って、切り分けて口に運んでから、生地の味と香りを堪能してください。

②ガレットの半熟卵を潰す

生地そのものを味わったら、真ん中に置かれた半熟卵をナイフとフォークを使って潰しましょう。その際、大きく切るというより、フォークで黄身に穴をあける程度で問題ありません。好みで、具材全体にかかるように黄身を広げましょう。その際、黄身が生地からはみ出して皿を汚すと、所作として美しく見えないので配慮が必要です。

③ガレットを幅5cmくらいで縦に切る

潰した卵が広がったガレットを、幅が5cmくらいになるように縦に切ります。このサイズが、ガレットが食べやすい大きさの目安と覚えておくと便利です。生地をあまり細くし過ぎると、後で困ることになるので注意が必要です。さらに生地の端を巻いて、口に入れやすい大きさに調整してください。

④切った生地の上に具材を乗せる

ガレットの生地を切り分けたら、そこに付け合わせの具材を乗せます。クレソンなどの葉物野菜は、自分の食べやすい大きさに切ってもかまいません。具材をフォークとナイフで持ち上げる際にこぼれ落ちたり、後で中から具材が飛び出すことがないよう、ガレット生地との量のバランスにだけは注意しましょう。

⑤ナイフとフォークで具材を包むように生地を巻く

出典:http://iapplife.com/matome/iphone/54315.html

付け合わせの具材を乗せたガレット生地をナイフで押さえ、フォークで下から上に巻くイメージで包むように巻きましょう。巻きあがったガレットをフォークで刺し、そのまま口に運びます。具材が皿に落ちるのはマナー違反なので、丁寧に巻いてください。その際、ナイフやフォークが皿にあたって音を立てるのは好ましくありません。

【おまけ】ガレットを食べる際のナイフ・フォークの使い方

関連する記事