すき焼きの美味しい食べ方やマナーは?関西・関東別の作り方・レシピも紹介!

すき焼きの食べ方・マナーや作り方の手順を知っていますか?今回は、すき焼きの〈関西・関東〉別の作り方や、食べ方・手順の例を紹介します。そのほかにも、すき焼きを食べる際のマナー・注意点も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. すき焼きとは?どんな料理?
  2. すき焼きの名前「すき」の由来
  3. すき焼きの作り方・手順は「関東」と「関西」で違う
  4. すき焼きの作り方・レシピは?
  5. 材料
  6. ①関西風すき焼きの作り方
  7. ②関東風すき焼きの作り方
  8. すき焼きの美味しい食べ方・マナーは?
  9. ①溶き卵を準備する
  10. ②お肉・野菜が煮えてきたら溶き卵に絡めて食べる
  11. ③締めの卵丼を作って食べる
  12. すき焼きを食べる際・作る際に注意すべきこと
  13. ①しらたきと牛肉は離して入れる
  14. ②肉は煮すぎると硬くなるので注意
  15. ③割り下は鍋底を薄くおおう程度の量にする
  16. すき焼きを食べてみよう

すき焼きとは?どんな料理?

すき焼きは、日本の家庭料理としても親しまれているので、多くの人が一度は食べたことがあるでしょう。身近な料理ではありますが意外と名前の由来や作り方を正確に認識している人は少ないかもしれません。今回は、すき焼きの作り方や地域での違いなどを説明していきます。

すき焼きの名前「すき」の由来

すき焼きの「すき」の語源には諸説ありますが、江戸時代の農家が仕事中に鋤(すき)と呼ばれる農具の金属部分を鍋代わりにして魚や豆腐を焼いて食べていたことが由来と言われます。この他にも、すき焼きで使用する肉が薄いため、薄く切った肉を意味する「すきみ」から派生したとされる説も有名です。

もともとすき焼きは関西地方で呼ばれる料理名で、関東地方では牛鍋と呼ばれていました。現在では、統一され、関東でもすき焼きと呼ばれて親しまれています。

すき焼きの作り方・手順は「関東」と「関西」で違う

全国的にすき焼きという料理名で親しまれていますが、関東と関西ではマナーや作り方、食べ方が異なります。関東でのすき焼きは鍋料理のジャンルに入り、割り下という合わせ調味料で煮て作られる料理です。そのため、割り下を最初に鍋に入れてから、具材を入れて煮込むのがマナーとなります。

一方の関西でのすき焼きは、焼肉に近いジャンルのため、煮るのではなく焼いて作られます。調味料も割り下ではなく、砂糖や醤油を直接入れて味付けをすることも大きな違いです。

すき焼きの作り方・レシピは?

ここでは、一般的なすき焼きの材料や作り方を紹介します。また、関西風と関東風のすき焼きの作り方も紹介するので、違いを確認しながら好みの作り方を見つけてみてください。

材料

(4人前)
・牛ロース(薄切り)300g
・ねぎ 2本
・しらたき 200g
・えのきたけ 1束
・焼き豆腐 1丁
・しいたけ 8枚
・白菜 200g
・春菊 100g
・牛脂 適量
・卵 4個
・醤油 100ml
・みりん 100ml
・砂糖 大さじ3
・水 200ml

①関西風すき焼きの作り方

関西風のすき焼きの作り方は、下記の通りです。

①肉や野菜を食べやすい大きさに切る
②しらたきは鍋に入れて中火で1分程ゆでて水気を切る
③鍋に牛脂を入れて中火で熱し、牛肉に焼き色がつくまで加熱する
④牛肉に焼き色がついたら端に寄せて、具材と醤油・みりん・砂糖を加える
⑤具材に火が通るまで煮たら完成


関西風のすき焼きは、先に肉を焼いてから野菜や調味料を加えていくため好みの味付けに調整しながら食べることができます。関東風と違って割り下を作る手間がない分、手軽に調理できることもメリットです。

②関東風すき焼きの作り方

関東風のすき焼きの作り方は、下記の通りです。

①具材を食べやすい大きさに切る
②割り下の材料を混ぜ合わせる
③鍋に割り下を入れて煮立たせる
④煮立ったら材料を並べて入れ、具材に火が通るまで煮る
⑤お好みの煮え加減になったら完成


関東風のすき焼きは、肉や野菜を煮て作るため、割り下に染みだした具材の旨みを味わうことができます。具材の旨みが溶け込んだ割り下を使って作る雑炊や、うどんを楽しめるのも関東風のすき焼きのメリットです。

すき焼きの美味しい食べ方・マナーは?

普通に食べても美味しいすき焼きですが、美味しい食べ方を知っておくとより楽しめます。ここでは、すき焼きの美味しい食べ方やマナーを紹介するので、ぜひ自宅などでも実践してみてください。

①溶き卵を準備する

すき焼きは、溶き卵に絡めて食べることで更に美味しくなるので、食べる際はあらかじめ溶き卵を準備しておきましょう。新鮮な卵を使用した方が美味しいので、食べる直前に割った新しい溶き卵で食べるようにしてください。

②お肉・野菜が煮えてきたら溶き卵に絡めて食べる

肉や野菜が煮えてきたら溶き卵にしっかりと絡めて食べてください。具材を卵に絡めることで、味がよりまろやかになり美味しさが深まります。溶き卵には味に深みを出すだけでなく牛肉の臭みを消す効果も期待できるようです。また、熱々の状態で口に入れると火傷する可能がありますが、卵に絡めることで適温に調整できるのもメリットになります。

③締めの卵丼を作って食べる

すき焼きの締めには、卵丼を作って食べるのもおすすめの食べ方です。肉や野菜を煮込んだ後の煮汁には素材の旨みがたっぷりと詰まっています。そこに白米を入れて米に旨みを吸収させ、さらに卵でとじることで旨みを逃さず堪能することができます。

すき焼きを食べる際・作る際に注意すべきこと

すき焼きを美味しく仕上げるためには、調理の際や食べる際にいくつか気を付けた方が良いポイントがあります。ここでは、すき焼きを作る際の注意点をいくつか紹介するので参考にしてください。

①しらたきと牛肉は離して入れる

すき焼きを作る際は、しらたきと牛肉を離して調理してください。しらたきはその製造過程で凝固剤として炭酸カルシウムを使っていますが、炭酸カルシウムには肉を硬くする働きもあります。しらたきの下ごしらえをすることで炭酸カルシウムをある程度落とせるので、しっかりと下ごしらえをしておくのも良いでしょう。

(*しらたきの下処理について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

しらたきのアク抜きは不要?下ごしらえの方法は?使い方やメリットについても紹介!

②肉は煮すぎると硬くなるので注意

すき焼きで使用する牛肉は、長時間煮込むことで牛肉に含まれる水分や旨みが抜け出して身が収縮し、硬い肉になってしまいます。牛肉の赤い部分ある程度なくなったら食べることができるので火を弱めてください。牛肉の火の通り加減に注意しながら、柔らかい状態で堪能しましょう。

③割り下は鍋底を薄くおおう程度の量にする

関東風のすき焼きの場合には割り下で肉や野菜を煮込みますが、その量が多すぎると割り下に肉や野菜の旨味が溶けだしてしまい、美味しさが半減してしまいます。割り下の量は鍋底を薄くおおう程度の量にしておくと、野菜からも加熱することで水分がある程度出てくるので、ちょうど良い仕上がりになるでしょう。

すき焼きを食べてみよう

すき焼きは、日本を代表する料理で古くから多くの人に親しまれてきました。ポイントを意識することで更に美味しく食べられるので、今回説明した味付けや調理法を参考にして美味しいすき焼きを堪能してみてください。

関連する記事