わけぎとは?ネギとの違いや保存方法は?使い方や料理レシピのおすすめなどを紹介!

わけぎとはどんな野菜か知っていますか?今回は、わけぎの旬の時期・産地や味・食感に加えて、新鮮な選び方や、栄養素なども紹介します。わけぎの保存方法・期間や使い方の他に、活用レシピのおすすめも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. わけぎとは?どんな野菜?
  2. わけぎはネギの種類の一つ
  3. わけぎの旬の時期・産地
  4. わけぎの味わい・食感の特徴
  5. わけぎは地域によって呼び方が違う
  6. 「わけぎ」と「ネギ・あさつき」の違いは?
  7. わけぎとネギの違いは見た目
  8. わけぎと「あさつき」の違いは?
  9. わけぎの選び方や栄養素は?
  10. 新鮮なわけぎの選び方
  11. わけぎの栄養素
  12. わけぎの保存方法・期間は?
  13. ①わけぎの冷蔵での保存方法
  14. ②わけぎの冷凍での保存方法
  15. わけぎの使い方は?
  16. ①生で薬味として使う
  17. ②ぬたにして食べる
  18. わけぎを使った料理レシピのおすすめ
  19. ①わけぎのチヂミ
  20. ②わけぎのパスタ
  21. ③ひよこ豆とわけぎのサラダ
  22. わけぎを食べてみよう

わけぎとは?どんな野菜?

わけぎとネギはよく似ていますが、その違いは知っていますか?今回は、わけぎの特徴に加え、美味しいわけぎの選び方やおすすめのレシピも併せて紹介します。この機会に、わけぎを食卓に取り入れてみてください。

わけぎはネギの種類の一つ

わけぎはネギ属に分類されるのでネギの一種とされていますが、正確にはネギと玉葱の雑種です。ネギは種子を作って増えるのに対し、わけぎは根元が球根状に膨らみ分球して増えます。プランターや鉢でも育てやすいので、家庭菜園にもおすすめの野菜です。

(*ネギの種類について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

ネギ(葱)の種類・品種11選!細い・太いや味・大きさなど特徴を比較して紹介!

わけぎの旬の時期・産地

わけぎは主に関西以西で栽培されており、特に広島の生産量は全体の半分以上を占めています。通年出荷されていますが、露地栽培のわけぎの収穫時期は春と秋の年2回です。春には各地の直売所にたくさん並ぶので、春に楽しまれることの多い野菜です。

わけぎの味わい・食感の特徴

わけぎはネギのような独特の辛みやクセが少なく甘みがあります。香りも強くないので、ネギの青臭さが苦手な人におすすめの食材です。生でも食べられますが、少々食感が硬めなので火を入れる料理に向いています。

わけぎは地域によって呼び方が違う

西日本でわけぎといえば、上記で紹介した広島県産の根元が球根状のものを指します。地方によって方言があり呼び方が変わることがありますが、どれも表しているのは同じ野菜です。しかし、東日本では「ワケネギ」という種類のネギを「わけぎ」としている場合があります。ワケネギはわけぎとは完全な別種になるので間違えないように注意して下さい。

「わけぎ」と「ネギ・あさつき」の違いは?

わけぎとネギは一見よく似ていますが、チェックするポイントを覚えておけば見分けるのは簡単です。

わけぎとネギの違いは見た目

わけぎとネギは、葉の部分はよく似ていますが根元の形に違いがあります。ネギは根元までまっすぐに伸びているのに対し、わけぎの根元はエシャロットのような膨らんだ球根状です。

わけぎと「あさつき」の違いは?

わけぎと似た野菜に「あさつき」もありますが、あさつきはネギと比べても色が薄く形も全体的に細いのが特徴です。あさつきの根元もわけぎのような球根状ではなくまっすぐなので、見分けるときは根元に注目しましょう。

(*あさつきについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

あさつき(浅葱)とは?ねぎとの違いは?食べ方・料理レシピや旬の時期なども紹介!

わけぎの選び方や栄養素は?

わけぎを購入するときは、できるだけ新鮮なものを選びましょう。ここでは、わけぎを選ぶときにチェックするべきポイントと、わけぎの主な栄養素を紹介します。

新鮮なわけぎの選び方

新鮮なわけぎには以下のような特徴があります。

・鮮やかな緑色
・葉先までピンと張っている
・太すぎず細すぎない


葉が黄色くなっているものや、折れたり傷が入っているわけぎは傷みやすいため選ばないようにしましょう。葉先がしおれていたり変色したりしているものは、育ちすぎて味が落ちていたり古い可能性があります。太さでも味が変わるので、鉛筆くらいの太さのものを選ぶと良いでしょう。

わけぎの栄養素

わけぎには、次のような栄養素が含まれています。

・βカロテン
・ビタミンC
・ビタミンK


βカロテンには抗酸化作用があるため、老化防止や発がん抑制に効果があります。ビタミンCは身体の免疫を高めるので、風邪や感染症予防に効果的です。βカロテンやビタミンCの含有量はネギより多いため、ネギよりも栄養価の高い野菜だと言えます。

わけぎの白い部分にはネギ同様辛みやにおいの元になる硫化アリルが含まれており、硫化アリルはビタミンB1の吸収を助ける働きがあるため、疲労回復効果が期待できます。

わけぎの保存方法・期間は?

わけぎも他の葉物野菜同様傷みやすい食材です。ここでは、より新鮮な状態を保てるわけぎの保存方法と保存期間の目安を紹介します。

①わけぎの冷蔵での保存方法

わけぎを冷蔵保存するときは、次のような方法で冷蔵しましょう。

①切っていない状態で新聞紙で包む
②ビニール袋に入れる
③野菜室へ入れる


わけぎは気温が高くなると傷みやすいので常温での保存は避けましょう。わけぎに含まれる硫化アリルは傷や乾燥で量が減ってしまうので、なるべく早く使いきるようにしてください。冷蔵での保存期間は2~3日です。

②わけぎの冷凍での保存方法

わけぎの冷凍保存の仕方は以下の通りです。

①使いやすい大きさに切る
②密閉容器やラップに包んで保存する


小口切りに刻んで保存しておく場合、わけぎ同士がくっついてしまわないようにキッチンペーパーを敷いておくのも良いでしょう。わけぎに水分が付いたまま冷凍すると解凍したときの食感が悪くなってしまうので、冷凍前に水分はしっかり取っておくことが大切です。冷凍では約3週間の保存期間があるので、しばらく使う予定の無いときは冷凍がおすすめです。

わけぎの使い方は?

ネギほど馴染みがなく、食べ方や使い方が分からないという場合は、まずは以下のような使い方を試してみてください。

①生で薬味として使う

わけぎはネギより風味が柔らかいので、ネギの香りや辛みが苦手な方は代わりにわけぎを使ってみるのも良いでしょう。ネギより食べやすいだけではなく、料理に彩りを添えてくれます。

②ぬたにして食べる

わけぎは火を通す料理に向いており、代表的な調理法は甘い味噌や酢味噌と和えた「ぬた」です。わけぎ自体にクセは少なく他の食材とも相性が良いので、魚介類や他の野菜と合わせてアレンジしてください。

わけぎを使った料理レシピのおすすめ

わけぎを使ったおすすめのレシピをいくつか紹介します。ぬた以外にも様々な料理に使用できるので、気軽に使える食材だと言えます。

①わけぎのチヂミ

出典:https://cookpad.com/recipe/6104197

ニラの代わりにわけぎを使った、子供にも食べやすいチヂミです。においも気にならず、野菜もたくさん食べられる簡単でおすすめのレシピです。

子供も好きな食べやすい、わけぎのチヂミ! by カッチャンまま 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが340万品

②わけぎのパスタ

出典:https://cookpad.com/recipe/5071820

わけぎは炒める料理にもよく合うので、サッと炒めて食感良く仕上げましょう。オイル系のパスタに加えると、わけぎの緑がよく映えます。

トマトとベーコンとわけぎのパスタ by 高田馬場 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが340万品

③ひよこ豆とわけぎのサラダ

出典:https://cookpad.com/recipe/3019004

ぬたは和食のイメージがありますが、洋風のサラダにもわけぎは合います。食物繊維たっぷりのひよこ豆を一緒に食べられる腹持ちの良いサラダです。

ひよこまめとわけぎの海草ゴマサラダ by Fujiレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが340万品

わけぎを食べてみよう

ネギが苦手な方は、見た目が似ているわけぎも避けてしまっている場合がありますが、わけぎとネギの味わいは違います。和洋中どの料理とも相性がよい野菜なので、わけぎが美味しい時期には1度食べてみると良いでしょう。

関連する記事