里芋を冷凍保存する方法・期間は?生・茹での長持ちのコツや解凍の仕方まで解説!

里芋の冷凍での保存方法・期間を知っていますか?今回は、里芋の〈生・茹で〉で皮むき〜冷凍保存の仕方にくわえ、解凍方法も紹介します。保存期間の目安や下処理の仕方も詳しく見ていきましょう。冷凍里芋におすすめなレシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |野菜ソムリエ ふじかわなおこ
Ameba Instagram 野菜ソムリエ協会HP
日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエプロ。冷凍生活アドバイザー。...
Ameba Instagram 野菜ソムリエ協会HP
日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエプロ。冷凍生活アドバイザー。 野菜大好き長男(6歳)と野菜嫌いを克服しつつある次男坊(4歳)二人のボーイズママ野菜ソムリエです。自身の経験をもとに野菜嫌いのお子さんとそのママさんのサポーターとして、野菜嫌い克服メニューやちょっとしたテクニックの発信、地域の子育てサロンや幼稚園でこどもとママのためのお野菜教室などを行っています。

目次

  1. 里芋は冷凍保存がおすすめ
  2. 保存期間の目安は1ヶ月
  3. 調理の時短もできる
  4. 皮むき時のかゆみ防止にもなる
  5. 里芋を茹でて冷凍保存する方法・期間
  6. 下茹で〜皮むきのやり方|①鍋で茹でる場合
  7. 下茹で〜皮むきのやり方|②レンジで茹でる場合
  8. 茹でた里芋を冷凍するコツ
  9. 里芋を生で冷凍保存する方法・期間
  10. 生で冷凍保存する下準備
  11. 生の里芋を冷凍するコツ
  12. 冷凍里芋の解凍の仕方
  13. ①生で冷凍保存した場合
  14. ②茹でて冷凍保存した場合
  15. 冷凍里芋におすすめなレシピ
  16. ①里芋の味噌汁
  17. ②里芋の煮物
  18. ③里芋コロッケ
  19. 里芋は冷凍保存がおすすめ

里芋は冷凍保存がおすすめ

里芋は煮物や豚汁などに欠かせないという方も多いでしょう。多く手に入った場合は冷凍保存がおすすめです。芋類の中でも冷凍保存が一番向いている野菜ですが、どのような理由があるのでしょうか。

保存期間の目安は1ヶ月

里芋の冷凍での保存期間は約1ヶ月程度です。里芋は生のままでも長期間保存が可能ですが、泥がついているので衛生的にも気を付けなければなりません。また、生のままでの保存は乾燥や温度にも気を使わなければならないので、冷凍保存がおすすめです。

(*里芋の保存期間について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

里芋の正しい保存方法・賞味期限は?常温・冷蔵・冷凍で長持ちのコツを紹介!

調理の時短もできる

里芋は他の芋類と違って皮付きのまま食べることができないので、下茹でをしたりカットしたりと下処理に時間がかかります。時間がある時に下茹でをして冷凍しておけば、日々の料理の時短にもつながります。凍らせることで細胞が壊れて味がしみ込みやすくなるので、煮物なども格別においしく仕上げることができます。

皮むき時のかゆみ防止にもなる

皮付きの生の里芋を触ると、手がかゆくなることがあります。かゆみの原因はシュウ酸カルシウムで、里芋の他キウイフルーツや山芋にも含まれます。シュウ酸カルシウムはトゲ状に結晶化しており、そのトゲが皮膚に刺さることでかゆくなります。

(*里芋の皮むき時のかゆみ防止について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

里芋の皮むきでかゆい時の対処法は?痒みの原因や事前にできる対策も紹介!

里芋を茹でて冷凍保存する方法・期間

里芋を茹でて冷凍保存する場合は、どのように行えば良いのでしょうか?賞味期限と一緒に見ていきましょう。

下茹で〜皮むきのやり方|①鍋で茹でる場合

まずは鍋で茹でる場合の下処理の方法です。

①皮の処理をする前に泥を落とすように里芋同士をこすり洗いする。
②里芋の頭を切り落とす。
皮付きのまま鍋に入れ、かぶるくらいの水を入れて沸騰したら15分ほど茹でる。
水に入れて冷まし、手で皮をむく。
食べやすい大きさにカットする。

①では、きれいになるまで水を何度か交換しましょう。茹でることで、皮がむきやすいのに加えて、かゆみ成分(シュウ酸カルシウム)が失活し、かゆみ・かぶれの心配なく皮むきができます。

下茹で〜皮むきのやり方|②レンジで茹でる場合

レンジで加熱する場合の下処理の方法です。

①泥を落とすように里芋同士をこすり洗いする。
②きれいになるまで水を何度か交換する。
③里芋をラップに包み、600Wのレンジで4分間加熱する。
④冷まして皮をむき、使いたい大きさにカットする。


レンジでの加熱は手軽にできますが、里芋の大きさや個数によって加熱時間が変わるので注意が必要です。上記は200gの里芋に対する目安です。また、いずれの場合も、皮をむく前に冷ましすぎると皮がむきにくくなるので注意しましょう。

ふじかわなおこ

野菜ソムリエ

マッシュした里芋を保存袋に平らになるように入れた後、菜箸などで線を付けて冷凍すると使いたい時にパキッと割るだけで使えて便利です。

茹でた里芋を冷凍するコツ

用途別にカットした里芋はそのまま冷凍保存用袋へ入れて、約1ヶ月間保存ができます。用途が決まっていなければ丸のまま冷凍してもOKです。マッシュして小分けにラップに包み、保存袋に入れて冷凍するのもおすすめです。

里芋を生で冷凍保存する方法・期間

里芋は茹でてからだけではなく、生の状態で冷凍保存できます。皮むき・皮付きの両方での方法を確認しましょう。

生で冷凍保存する下準備

皮付きの里芋を生のまま冷凍するには下準備が必要です。

①里芋同士をこすり洗いして泥を落とす。
 きれいになるまで水を何度か交換しましょう。
②ザルか新聞紙にあげて天日干しにする。
③手か包丁で皮をむく。
④塩を振ってぬめりを落としながら洗い、使いたい大きさにカットする。
⑤再び天日干しにする。


皮付きのまま冷凍することもできます。その際はかなり良く洗わないと里芋本体に泥の臭いが移ってしまうことがあります。

生の里芋を冷凍するコツ

下準備が終わった里芋は冷凍用保存袋に平らに広げ入れ、空気をなるべく抜いて冷凍庫へ入れて下さい。こちらも約1ヶ月程度保存が可能です。汁物に使用するため薄く切った里芋をそのまま冷凍用保存袋に入れると、くっついて取り出しにくくなるので小分けにラップに包んでから保存袋に入れるのがコツです。

皮付きのまま冷凍する場合は、丸のまま冷凍用保存袋に入れて冷凍庫へ入れましょう。

冷凍里芋の解凍の仕方

冷凍した里芋は解凍方法も様々です。生で保存した場合と茹でてから保存した場合の両方をチェックしていきましょう。

①生で冷凍保存した場合

生のまま冷凍保存した里芋はレンジで解凍するか、凍ったまま料理に使用します。火を通していないので加熱してから使いましょう。煮物に使う場合は、解凍して料理に使うと水っぽくなる場合があるので、特に凍ったままの調理がおすすめです。

【レンジでの解凍方法】
①耐熱容器に凍った里芋を入れる。
②容器に半分くらいの水を入れ、600Wのレンジで4~5分ほど加熱する。
③加熱が終わったら1分ほど蒸らす。


小さい里芋の場合はラップに包んでそのままレンジにかけても解凍できます。この際も解凍具合を見ながら時間をこまめに調節して下さい。凍ったまま料理に使う場合は汁物であれば10分ほど、煮物などの場合は、20分ほど火を通すと独特のねっとりした舌ざわりが出てきます。

②茹でて冷凍保存した場合

茹でてから冷凍した場合は、電子レンジで解凍するか、そのまま料理に使えます。

【レンジでの解凍方法】
①冷凍保存袋から出してラップで包み600Wで2~3分加熱する。
②粗熱をとってそのまま料理に使う。


レンジで解凍した場合はそのまま味噌をつけたり醤油を変えれば即席おかずになります。冷凍のまま加熱調理するのもおすすめですが、あらかじめ茹でてあるので加熱時間は短めにしましょう。

また、これは生・加熱して保存した場合どちらにも言えることですが、自然解凍して料理に使うと、解凍時に水分と一緒に栄養成分・旨味も流出するため、一般的にそのまま調理した方が美味しいと言われています。こちらもぜひ参考にしてみてください。

ふじかわなおこ

野菜ソムリエ

さといも独特のホクホクした食感を残したい場合は、凍ったまま加熱調理して解凍していくのがオススメです。

冷凍里芋におすすめなレシピ

ここからは、冷凍里芋を使用したおすすめレシピを紹介します。

①里芋の味噌汁

出典:http://miso.or.jp/backup/recipe/photos/22.jpg

心も身体も温まる、味噌仕立てのけんちん汁です。汁物としても良し、うどんを入れても良しの根菜たっぷりレシピです。

みそ仕立てけんちん汁・味噌料理レシピ作り方【MISO ONLINE】

②里芋の煮物

出典:http://recipe.reishokukyo.or.jp/recipe/img/photos/0001_main.jpg

出汁や調味料を合わせ、冷凍里芋を入れて炊いただけの簡単レシピです。里芋に調味料が良くしみており、短時間での仕上がりとは思えない出来です!

さといもの煮っころがし | ひとくふうレシピ

③里芋コロッケ

出典:https://www.meg-snow.com/rwd/fun/kurihara-recipe/kitchen/201609/img/pic_main01.jpg

カリッと食感、里芋のねっとり感、ひき肉の甘辛味と3段階の味が楽しめます。いつもはじゃがいもコロッケを作るという方にもおすすめな、変わり種のコロッケとなっています。

さといもコロッケ:栗原はるみのミルクレシピ|雪印メグミルク

里芋は冷凍保存がおすすめ

里芋を冷凍保存しておけば調理がぐんと楽になります。今まで里芋レシピはハードルが高いと思っていた方も、生の里芋が安く売られていたらぜひ冷凍保存して活用してみましょう。

関連する記事