スチューベンは糖度20度もあるぶどう?皮ごと食べれる?食べ方・レシピのおすすめも紹介!

【加藤ぶどう園監修】スチューベンとはどんなぶどうか知っていますか?今回は、スチューベンの糖度・味わいや、旬の時期・主産地に加えて、食べ方や皮ごと食べれるかなども紹介します。スチューベンの美味しい選び方や、保存方法の他に、活用レシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |その他の専門家 加藤正芳
HP
千葉県松戸市にある加藤ぶどう園の園主、松戸市農業委員、(公社)山梨県果樹園芸会ぶどう部員、全国ボックス栽培研究会員、40歳の時に会社員から転職した所謂脱サラ経営者。観光農園として、...
HP
千葉県松戸市にある加藤ぶどう園の園主、松戸市農業委員、(公社)山梨県果樹園芸会ぶどう部員、全国ボックス栽培研究会員、40歳の時に会社員から転職した所謂脱サラ経営者。観光農園として、お客様に感動と生涯の思い出をお届けできるよう日々努めています。

目次

  1. スチューベンとは?どんな特徴のぶどう?
  2. スチューベンとは糖度の高いぶどうの品種
  3. スチューベンの旬の時期・主産地
  4. スチューベンの値段
  5. スチューベンの選び方や保存方法は?
  6. 美味しいスチューベンの選び方
  7. スチューベンの保存方法・期間
  8. スチューベンの食べ方は?皮ごと食べれる?
  9. ①生で皮ごとそのまま食べれる
  10. ②加熱調理して食べる
  11. スチューベンの活用レシピ
  12. ①ぶどうジュース
  13. ②ぶどうムース
  14. スチューベンを食べてみよう

スチューベンとは?どんな特徴のぶどう?

現在では、品種改良などにより10,000種類以上の品種のぶどうが存在していると言われています。ここでは、たくさんの品種のうちの一つである、スチューベンの特徴などについて紹介していきます。

スチューベンとは糖度の高いぶどうの品種

スチューベンは、黒ぶどうの品種である「ウェイン」と「シェリダン」を掛け合わせ、アメリカで育成されたぶどうです。1952年頃に日本に導入されたNY生まれのスチューベンは、非常に甘く、その糖度は20度以上にもなると言われています。香りはあまり強くありませんが、酸味が少なく味が濃いのが特徴です。

スチューベンの旬の時期・主産地

スチューベンは、寒冷地での栽培に適しています。日本では、ニューヨークと同じくらいの緯度で気候が似ている青森県で試験栽培が開始されたのを機に、東北地方を中心に栽培されており青森県鶴田町が生産量日本一です。

スチューベンは貯蔵性に優れた品種であるうえに、主産地である青森県ではりんごの貯蔵技術をぶどうの保存にも活かしています。そのため、収穫時期は9月~10月ですが、10月~2月頃までスチューベンが味わえます。

スチューベンの値段

スチューベンは、通販では概ね一房あたり500円前後で販売されていますが、生産地の直売所などでは一房100円台とかなり手頃な値段で手に入れることもできるようです。ぶどうが出回り始める10月頃は、比較的求め安い価格のスチューベンも、他のぶどうがなくなってくる時期になると需要が高まり値段は上がるとも言われています。

スチューベンの選び方や保存方法は?

新鮮で美味しいスチューベンを見分けるには、どのような点に注意すればよいのでしょうか。ここでは、美味しいスチューベンを選ぶポイントや、新鮮なまま保存する方法について解説していきます。

美味しいスチューベンの選び方

美味しいスチューベンの特徴は以下のとおりです。

・皮の紫黒色が濃い
・果実にハリがある
・白い粉(ブルーム)がついている
・軸が緑色をしている


ブルームは熟した新鮮な果実に見られるもので、果物が旬を迎えた証拠であると言われており、そのまま食べても問題ありません。軸が茶色く枯れてくると、ぶどうの粒が落ちやすくなるため、粒落ちが多いものは鮮度が落ちている可能性があると言えるでしょう。

スチューベンの保存方法・期間

スチューベンを保存する際の方法・ポイントは以下のとおりです。

・洗わない
・傷んでいる実があれば、あらかじめ取り除いておく
・果実の乾燥を防ぐため、房のまま新聞紙やラップ、ビニール袋などで保存する
・軸から枝を2~3ミリ残して、ハサミで1粒ずつカットし、保存用の袋などで保存する


保存場所は、冷蔵庫の野菜室がおすすめです。水がついてしまうと傷みやすくなるため、食べる直前に洗うようにしましょう。

スチューベンは比較的日持ちの良いぶどうで、家庭の冷蔵庫で房のまま保存した場合は3~5日、1粒ずつ枝から外して保存した場合では1週間程度日持ちします。軸から外すことで、枝に水分を取られるのを防げるため、より長く保存できます。

スチューベンの食べ方は?皮ごと食べれる?

最近は、種なしぶどうや皮ごと食べられる品種も多く出回っていますが、スチューベンは自然のまま栽培されている種ありぶどうです。ここでは、スチューベンの食べ方について紹介していきます。

①生で皮ごとそのまま食べれる

関連する記事