獅子柚子(鬼柚子)の食べ方やレシピは?味や料理以外の使い方なども紹介!

獅子柚子(鬼柚子)とは何か知っていますか?今回は、獅子柚子の旬の時期・産地や、栄養に加えて、食べ方や味わいなどを紹介します。獅子柚子を使ったレシピ・作り方の他に、料理以外への使い方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 獅子柚子(鬼柚子)とは?
  2. 獅子柚子はゆずではない
  3. 獅子柚子の旬の時期・産地
  4. 獅子柚子は栄養が豊富?効果・効能は?
  5. ①ヘスペリジン
  6. ②ペクチン
  7. 獅子柚子の食べ方や味わいは?
  8. 獅子柚子の果肉を生食しても美味しくない
  9. 獅子柚子は基本的に皮の部分を調理して食べる
  10. 獅子柚子を使った料理レシピは?
  11. ①獅子柚子のジャム
  12. ②獅子柚子のマーマレード
  13. ③獅子柚子の砂糖漬け
  14. ④獅子柚子酒
  15. ⑤獅子柚子のピール
  16. 獅子柚子の料理以外への使い方は?
  17. ①獅子柚子をお風呂に入れて使う
  18. ②獅子柚子は縁起物として大きな鏡餅の飾りに使われる
  19. 獅子柚子を食べてみよう

獅子柚子(鬼柚子)とは?

住んでいる地域によっては、獅子柚子(鬼柚子)を実際に目にしたことがない人も多いことでしょう。名前からは、形状や大きさが想像しにくいかもしれません。ここでは、獅子柚子とは何かについて、旬の時期や産地も交えて説明します。

獅子柚子はゆずではない

獅子柚子とは、鬼柚子ともいわれる果実の大きい文旦(ぶんたん)の仲間のことで、名称に柚子とついているもののゆずではありません。ゆずのように黄色ですが、表皮がぼこぼこしているのが特徴で、直径が15cm、重さは1kgにもなります。柑橘類なので、さわやかな香りがします。

獅子柚子の旬の時期・産地

獅子柚子は10月中旬から12月初旬が収穫時期となっていますが、旬といわれるのは11月です。関東以西で栽培はされているものの、食用には適さない果実なので、鑑賞用として出荷されるものがほとんどです。

獅子柚子は栄養が豊富?効果・効能は?

獅子柚子は果肉が少なく食用に向かないといわれていますが、実は様々な栄養成分を含んでおり、皮やワタも加工して食べることができます。ここでは、獅子柚子に含まれる栄養成分と、その効果と効能について説明します。

①ヘスペリジン

ヘスペリジンとは、温州みかんや八朔、ダイダイなどの皮やワタにも多く含まれる、フラボノイドとも呼ばれるポリフェノールの一種です。別名ビタミンPともされる栄養成分で、抗酸化作用や末梢血管を強くする作用があります。ヘスペリジンを摂取することで血流の改善や高血圧の予防、コレステロール値を低くする効果があるとされています。

②ペクチン

獅子柚子には、ペクチンと呼ばれる食物繊維の一種が豊富です。その働きにより腸内環境が整い、下痢や便利を予防する効果が期待できます。さらに食物繊維にはコレステロール値を低下させる作用があるので、生活習慣病の予防にも効果的です。

獅子柚子の食べ方や味わいは?

果肉が少ない獅子柚子は、それ以外の理由でも食用に向かないとされています。しかし、獅子柚子が持つ栄養成分や健康効果を考えると、食べる方法を考えてみる価値はあります。ここでは、獅子柚子の食べ方と味わいについて紹介します。

獅子柚子の果肉を生食しても美味しくない

獅子柚子の果肉は酸味は感じるものの、ぼんやりとした味わいで、みかんやグレープフルーツなどの他の柑橘類のように生食しても美味しいとはいえません。そのため、獅子柚子の果肉だけを食べるために購入している人はほぼいないと考えられます。

獅子柚子は基本的に皮の部分を調理して食べる

関連する記事