じゃがいもが柔らかいのは腐ってる?食べられる?見分け方や消費レシピも紹介!

【管理栄養士監修】じゃがいもが柔らかくなったことはありませんか?腐っているのでしょうか?今回は、じゃがいもが柔らかい原因や対処法にくわえ、柔らかくなるのを防止する保存方法を紹介します。柔らかいじゃがいもを消費できるレシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 秋山 嘉代
Ameba
1997年管理栄養士免許取得。 大手企業で15年間、バイオ・発酵生産の研究に従事。腸内細菌について知見を深めました。 2児の子育て中、主食としてのお米の大切さを改めて実感し、...
Ameba
1997年管理栄養士免許取得。 大手企業で15年間、バイオ・発酵生産の研究に従事。腸内細菌について知見を深めました。 2児の子育て中、主食としてのお米の大切さを改めて実感し、ごはんと味噌汁を基本とした日本型の食事・健康理論を学びました。一般社団法人日本健康食育協会認定 健康食育シニアマスター取得。 2019年よりSalon Warm Beautyで食サポートを担当しています。 しっかり食べる事は自分を大切にする事、セルフケアに繋がる事をお伝えしたいです。

目次

  1. じゃがいもが柔らかいのは腐ってる?原因は?
  2. 柔らかいじゃがいもは食べられる
  3. 柔らかい原因は水分の抜け
  4. 芽が生えている・皮が緑色の場合は要注意
  5. じゃがいもが腐った場合の特徴
  6. じゃがいもが柔らかい場合の対処法
  7. 柔らかいじゃがいもを水に浸す
  8. じゃがいもが柔らかくならない保存方法
  9. じゃがいもを常温で保存する方法・期間
  10. じゃがいもを冷蔵で保存する方法・期間
  11. じゃがいもを冷凍で保存する方法・期間
  12. じゃがいもの使い切りレシピ
  13. ①じゃがいものガレット
  14. ②ビシソワーズ
  15. ③ポテトサラダ
  16. ④ハッシュドポテト
  17. ⑤ジャーマンポテト
  18. ⑥ピーマンのマッシュポテト詰め
  19. ⑦ポテトチップス
  20. ⑧じゃがいもスイートポテト
  21. じゃがいもが柔らかくなる前に消費しよう

⑥ピーマンのマッシュポテト詰め

出典:https://cookpad.com/recipe/2673148

ピーマンにマッシュしたじゃがいもを詰めるだけの簡単レシピですが、パーティーやお弁当にも使えて見た目も良くお腹も満足します。冷凍保存しておいたマッシュポテトで作るのもおすすめです。マヨネーズではなくチーズでも美味しいですよ。

↓詳しい作り方・レシピはこちら↓

じゃがいも消費!ピーマンのマッシュ詰め by みほ0820 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが323万品

⑦ポテトチップス

出典:https://cookpad.com/recipe/5709301

子供が喜ぶポテトチップスにすることで、じゃがいもを大量消費しながら手作りオヤツにすることができます。水分が抜けたじゃがいもでも薄くスライスして水分を飛ばす調理なら食感も気にならずに美味しく食べることができます。

↓詳しい作り方・レシピはこちら↓

電子レンジ簡単ポテトチップス(うす塩味) by 瀬田川リバー 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが323万品

⑧じゃがいもスイートポテト

出典:https://cookpad.com/recipe/4485317

サツマイモで作るのが一般的ですが、じゃがいもでも美味しいスイートポテトが作れます。サツマイモよりもヘルシーで、季節に関係なく手に入りやすい点も材料として優れています。

↓詳しい作り方・レシピはこちら↓

大量消費!簡単じゃがいもスイートポテト! by Ma7Mi2 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが323万品

じゃがいもが柔らかくなる前に消費しよう

柔らかいじゃがいもは食べれますが、賞味期限が迫っているため腐ってしまう前に早めに食べ切るようにしましょう。柔らかくならないために季節や状態に合わせて正しい保存といろいろなレシピで美味しく消費しましょう。

秋山 嘉代

管理栄養士

じゃがいもは調理の仕方によって様々な食感が楽しめます。細切りのシャキシャキ食感や丸ごと火を通したホクホク食感などなど。すり流してスープにとろみをつけることも出来ます。お好みの食べ方を見つけてくださいね。

関連する記事

×