きんぴらごぼうは日持ちする?保存法別の賞味期限や冷凍で長持ちのコツなど紹介!

きんぴらごぼうは日持ちするのでしょうか?今回は、きんぴらごぼうの保存方法別の賞味期限や、日持ちさせるコツと保存時の注意点を紹介します。きんぴらごぼうが腐るとどうなるかや、期限前に使い切るリメイクレシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. きんぴらごぼうって日持ちする?
  2. きんぴらごぼうの保存法別の賞味期限は?
  3. ①常温保存の場合
  4. ②冷蔵保存の場合
  5. ③冷凍保存の場合
  6. きんぴらごぼうを日持ちさせるコツは?
  7. ①日持ちさせたい場合は傷みやすい具材は使わない
  8. ②味付けは濃いめにし火をしっかり通す
  9. ③水分を飛ばす
  10. ④長期間保存する場合は密閉して急速冷凍する
  11. きんぴらごぼうを保存する際の注意点は?
  12. ①具材に「こんにゃく」がある場合は冷凍しない
  13. ②作り置きする場合は冷凍保存する
  14. きんぴらごぼうが賞味期限切れ・腐るとどうなる?
  15. 腐ったきんぴらごぼうの特徴・見分け方
  16. 腐ったきんぴらごぼうを食べた時の影響
  17. きんぴらごぼうを使い切るリメイクレシピ
  18. ①ごぼうサラダ
  19. ②きんぴらごぼうのかき揚げ
  20. ③きんぴらごぼうの豚バラ巻き
  21. きんぴらごぼうを正しく保存して日持ちさせよう

きんぴらごぼうって日持ちする?

きんぴらごぼうは、お弁当に入れたり食事にもう一品足したい時などに重宝されるおかずです。そんなきんぴらごぼうは作り置きおかずとして人気がありますが、どのくらいの期間日持ちするのでしょうか。今回は、きんぴらごぼうの賞味期限や、より長く日持ちさせるための上手な保存方法などを紹介していきます。

きんぴらごぼうの保存法別の賞味期限は?

まずは、きんぴらごぼうの賞味期限を見ていきましょう。常温・冷蔵・冷凍の保存方法別にきんぴらごぼうの賞味期限を紹介するので、参考にして下さい。

①常温保存の場合

きんぴらごぼうを常温で保存した場合は、1~2日が賞味期限になります。しかし、きんぴらごぼうは常温保存に向いていないため、なるべく早く食べるか冷蔵・冷凍した方がおすすめです。特に、夏場や暖房が効いた室内のように、気温や湿度が高い環境で放置するのは避けましょう。

②冷蔵保存の場合

きんぴらごぼうを冷蔵保存した場合の賞味期限は、3~5日が目安です。ただし、冷蔵庫に食材がたくさん入っていたり頻繁に扉を開閉したりする場合は、冷蔵庫の温度が下がりにくく日持ちが悪くなります。きんぴらごぼうの状態をこまめにチェックし、変化があった場合はなるべく早く食べましょう。

③冷凍保存の場合

きんぴらごぼうを1週間以上保存する場合は、冷凍保存がおすすめです。きんぴらごぼうを冷凍保存した場合は、約1ヶ月ほど日持ちします。それ以上長く保存すると冷凍焼けを起こして味が落ちてしまうので、期間内に食べ切るようにしましょう。

きんぴらごぼうを日持ちさせるコツは?

きんぴらごぼうをより長く日持ちさせるには、どのような点に注意すると良いのでしょうか。ここでは、きんぴらごぼうを日持ちさせるコツを紹介します。

①日持ちさせたい場合は傷みやすい具材は使わない

きんぴらごぼうを作る時は、以下のような傷みやすい具材を使わないことがポイントです。

・こんにゃく
・肉類
・油揚げ


上記の食材は水分を多く含むため、雑菌が繁殖しやすく具材に使うと傷みやすくなります。きんぴらごぼうを日持ちさせるには、ごぼうとにんじんだけを使うなどシンプルに仕上げましょう。

②味付けは濃いめにし火をしっかり通す

砂糖や醤油などの調味料には、食品の保存性を高める効果があります。これらの調味料を多めに使い、きんぴらごぼうを濃い味付けにすることで日持ちが良くなります。また、具材の中までしっかり火を通すことも腐敗を防ぐポイントです。

③水分を飛ばす

関連する記事