味の素の代用品10選!ほんだし・鶏ガラスープの素は代わりになる?活用レシピも紹介!

味の素の代用品を知っていますか?代わりの調味料はあるのでしょうか?今回は、味の素の代わりに使える調味料<ほんだし・鶏ガラスープの素>などを紹介します。味の素の代用品を使用したレシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 味の素が家にない…代わりはある?
  2. そもそも味の素とは?どんな役割?
  3. ①料理に旨味を加える
  4. ②減塩料理にすることができる
  5. 味の素の代用品は?無添加の調味料もある?
  6. ①ほんだし【無添加】
  7. ②昆布茶【無添加】
  8. ③鶏ガラスープの素
  9. ④ウェイパー
  10. ⑤白だし【無添加】
  11. ⑥干し椎茸【無添加】
  12. ⑦チーズ【無添加】
  13. ⑧昆布だし
  14. ⑨顆粒コンソメ
  15. ⑩ハイミー
  16. 味の素は使う食材によっては代用しなくてOK?
  17. 味の素の代用となる食材の例
  18. 味の素の代用品を使ったレシピを紹介!
  19. ①マッシュルームのペペロンチーノ
  20. ②麻婆豆腐
  21. ③せせりの唐揚げ
  22. 味の素の代用品は色々ある!

味の素が家にない…代わりはある?

うま味調味料として代表的な味の素は、さまざまな料理に使われているため、使いたいときに切れていると困ることもありそうです。家庭に味の素がなかったとき、他の調味料で代用することはできるのでしょうか。今回は、味の素の代用品と代用品を使ったレシピなどを紹介するので参考にしてみてください。

そもそも味の素とは?どんな役割?

味の素は調味料の一つとして、レシピなどで目にすることもあるでしょう。この味の素は一体どのような役割をしているのでしょうか。ここでは、味の素の役割を2つ紹介します。

①料理に旨味を加える

うま味調味料である味の素は、粉末で使いやすく料理に加えることで手軽に旨味を出すことのできる便利な調味料です。料理に旨味を加えるためには、昆布やかつおから出汁をとるなど手間のかかるイメージがあるかもしれませんが、味の素を活用すれば手軽に旨味を加えられます。

なお、味の素は昆布由来の旨味成分であるグルタミン酸から作られています。グルタミン酸はアミノ酸の一種で、さとうきびを原料に作られており水に溶けにくい成分です。グルタミン酸にナトリウムを加えることで水に溶けやすくなり、さまざまな料理に使うことができます。

②減塩料理にすることができる

味の素は塩ではないので塩気を足すことはできませんが、代わりに旨味を足すことができます。料理に塩分を足したいときに塩の代わりに味の素で旨味を加えると、ぼやけていた味を引き締めてくれるので、少ない塩分量でも美味しさを感じられます。

味の素でうま味を加えることで減塩しながら美味しい料理を食べることができるので、塩分量が気になる人はぜひ試してみてください。

味の素の代用品は?無添加の調味料もある?

味の素は化学調味料とも呼ばれ、体に悪い成分と敬遠されることがありますが、化学調味料は体に悪いわけではないようです。ここでは、味の素の代用品にすることのできる調味料を10選紹介します。化学調味料が無添加の商品もあるのでぜひ参考にしてみてください。

①ほんだし【無添加】

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71OEStR3ukL._AC_SX679_.jpg

ほんだしにはカツオの主成分となるイノシン酸が入っているので、味の素のように旨味を出すことができます。たくさん入れてしまうと、カツオの風味が増して料理の味が変わってしまう恐れがあるので使う量には注意が必要です。ほんだしには無添加の商品もあるので、化学調味料が気になる人は無添加のほんだしで代用すると良いでしょう。

②昆布茶【無添加】

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/4176Fsy32LL._AC_.jpg

昆布茶は味の素の旨味の成分となっている昆布のグルタミン酸が豊富に含まれているので、代用品としてぴったりです。また、粉末で水に溶けやすく料理にも使いやすいというメリットがあります。種類によっては、最初から塩分が入っている物もあるので、塩分量を確かめてから使うと良いでしょう。

昆布にはカルシウムやカリウムがたっぷり含まれているので、昆布茶を使うことで旨味を出す以外に動脈硬化を予防するなどの効果も期待できます。

③鶏ガラスープの素

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71nM0OPCgKL._AC_SX679_.jpg

鶏ガラスープの素はスープ料理だけでなく、さまざまな料理に使うことができます。鶏ガラからはグルタミン酸が出ているので、味の素の代用品として旨味を強めることができるでしょう。味の素と同じく粉末になっているため、旨味を出すために手軽に使いやすいのもポイントです。ただし、多くの場合塩分が含まれているので、塩分量を適宜調節してください。

④ウェイパー

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41SQ%2BD1Cs5L._AC_.jpg

チャーハンや中華スープなど、中華料理に使われることの多いウェイパーも味の素の代わりに使うことができます。味の素の旨味成分であるグルタミン酸以外にも旨味成分が含まれているので、味の素より深い旨味を出すことができるでしょう。

特に中華料理の旨味を出すことに長けている調味料なので、中華料理を作る際に味の素がない場合はウェイパーで代用すると良いでしょう。

(*ウェイパーについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ウェイパーとは?味や使い方は?化学調味料の成分・原料の危険性についても紹介!

⑤白だし【無添加】

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51-PBl9yJoL._AC_SY879_.jpg

かつおの出汁の風味と旨味を出すことのできる白だしは、味の素の代用品として使うことができます。白だしには塩分が多く含まれているので、代用する際は入れすぎに注意が必要です。化学調味料や保存料を使っていない無添加の白だしもあるので、化学調味料の使用を避けたい場合も安心して使うことができるでしょう。

(*白だしについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

白だしとは何?代用品や作り方は?めんつゆとの違いも比較して紹介!

⑥干し椎茸【無添加】

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91niW-idrEL._AC_SY879_.jpg

干し椎茸には旨味成分のグアニル酸が多く含まれているので、味の素の代わりに使うことができます。水にもどして使ったり、おろし金で粉末状にしたり料理の種類に合わせて使い方を変えると良いでしょう。干し椎茸は旨味が強いので、味の素より自然の旨味を引き出すことができます。

⑦チーズ【無添加】

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51Yba1%2BT-ML._AC_.jpg

チーズは熟成している間に、タンパク質からうま味成分のグルタミン酸を作り出しています。チーズを入れることでコクと旨味を出すことができるので、味の素の代用品として使うのも良いでしょう。チーズにもさまざまな種類があり、チーズの風味が強く出てしまうこともあるので、料理の種類や用途によって使い分けることをおすすめします。

⑧昆布だし

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41O%2BLyEGUUL._AC_.jpg

昆布だしには昆布から出た旨味成分のグルタミン酸が多く含まれているので、味の素の代わりに使うことができます。味の素と同じ旨味成分が含まれていますが、昆布だしは昆布の風味が強いので入れる量に注意すると良いでしょう。

⑨顆粒コンソメ

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41KIElZWf2L._AC_.jpg

コンソメは、香味野菜と肉から抽出した旨味を感じることのできる洋風スープの素です。食塩や香辛料なども入っており、旨味だけでなくコクを出すことができます。旨味を出すときに使うには、固形のコンソメより顆粒のコンソメの方が使いやすいのでおすすめです。コンソメ自体の味が強いので、味の素の代用品として使用する際は使用量に注意しましょう。

⑩ハイミー

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71LsXh3fWZL._AC_SX679_.jpg

ハイミーは味の素と同じうま味調味料として売られている商品で、味の素の代用品として使われることがあります。昆布の他にかつお・しいたけの旨味も加わっているため、味の素よりコクと旨味を強く出すことができるでしょう。ハイミーは少量でうま味を効かせることができることがメリットですが、味の素より高い値段で売られている点がデメリットと言えます。

味の素は使う食材によっては代用しなくてOK?

味の素を切らしているときでも、旨味が出る食材を使うことで代用しなくても良い場合がありますが、どんな食材を使えば代用せずにすむのでしょうか。ここでは、旨味を出すことのできる食材をいくつか紹介します。 

味の素の代用となる食材の例

味の素の代用品には、以下のような食材が含まれています。

・昆布
・チーズ
・白菜
・トマト
・味噌
・醤油


上記の食材は、うま味調味料の味の素に含まれているグルタミン酸が多く入っている食材です。味の素と同じグルタミン酸が入った食材を使うことで、味の素がなくても食材から旨味を出すことができます。白菜やトマトなどの野菜からも旨味を出すことができるので、味の素が無い時には上手に活用するとよいでしょう。

味の素の代用品を使ったレシピを紹介!

ここまで味の素の代用品を紹介してきましたが、代用品はどのような料理に合うのでしょうか。味の素を使う料理で、代用品に変更して作るレシピを3選紹介します。ぜひ、紹介したレシピを参考にしてみてください。

①マッシュルームのペペロンチーノ

出典:https://cookpad.com/recipe/3012905

味の素の代わりにコンソメを入れても美味しい、マッシュルームのペペロンチーノです。コンソメを入れることで、少し洋風のペペロンチーノに仕上げることができます。家庭にある材料で簡単に作ることができるので、ぜひ作ってみてください。

マッシュルームのペペロンチーノ by でぱちゃ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが346万品

②麻婆豆腐

出典:https://cookpad.com/recipe/6479270

味の素ではなく、昆布茶や昆布の粉末でも作ることのできる麻婆豆腐です。レシピには、昆布茶や昆布の粉末で代用する場合の分量も記載されているので参考にしてみてください。スープと調味料をあらかじめ合わせておくことで、素早く調理することが可能になります。

⭐️⭐️⭐️中本風 辛旨蒙古麻婆豆腐⭐️ by Jin's(公式) 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが346万品

③せせりの唐揚げ

出典:https://cookpad.com/recipe/2159719

味の素の代わりにハイミーで作る、せせりの唐揚げのレシピです。少し多めに入れることで、せせりの旨味と合わさってさらに美味しい唐揚げにすることができます。調味料と肉を合わせて冷蔵庫で味を馴染ませると、旨味が増すのでおすすめです。

激ウマ!せせりの唐揚げ by hanatya 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが346万品

味の素の代用品は色々ある!

今回は、味の素の代用品を口コミを交えていくつか紹介しました。味の素は手間をかけずに旨味を足すことができるので、さまざまな料理によく使われています。味の素が手元にない場合は、代用品をいくつか覚えておくと、困ったときにも活用できるのでおすすめです。今回紹介した代用品を参考に、調理してみてください。

関連する記事