グラニュー糖に賞味期限がない理由とは?正しい保存方法も紹介!

グラニュー糖の賞味期限はどこに書いてあるのでしょうか?実は記載はありません。今回は、グラニュー糖の賞味期限が書いてない理由や、いつまで使えるのかに加え、使用を避けるべき状態について紹介します。グラニュー糖の品質を保存する方法も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. グラニュー糖の賞味期限はどこに書いてある?ない?
  2. グラニュー糖に賞味期限がない理由とは?
  3. グラニュー糖は品質の劣化が極めて少ないため
  4. グラニュー糖が腐らない理由
  5. グラニュー糖の使用を避けるべき状態とは?
  6. グラニュー糖の正しい保存方法は?
  7. 密閉された容器に入れて冷暗所で保存する
  8. 冷蔵・冷凍では保存しない
  9. グラニュー糖が固くなっても使える?対処法は?
  10. グラニュー糖が固くなる原因は「乾燥」
  11. 固くなったグラニュー糖をサラサラにする方法
  12. グラニュー糖は基本いつまでも使える

グラニュー糖の賞味期限はどこに書いてある?ない?

グラニュー糖は飲み物やお菓子作りなどに使われる砂糖の一種ですが、なかなか使い切れないこともあるかもしれません。実はあまり知られていないことですが、グラニュー糖などの砂糖類には賞味期限の記載はないといわれています。今回は本当にグラニュー糖には賞味期限がないのか、その理由もあわせて見ていきましょう。

(*砂糖の賞味期限について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

砂糖に賞味期限はない?なぜ腐らないのかやサラサラ状態で保存する方法など紹介!

グラニュー糖に賞味期限がない理由とは?

砂糖類には賞味期限がないといっても、長期間保存されたグラニュー糖を使うのが心配になる人もいるかもしれません。ここでは、グラニュー糖の賞味期限がなぜないのか、その理由を詳しく解説します。

グラニュー糖は品質の劣化が極めて少ないため

グラニュー糖は糖度が高く品質の劣化が極めて少ないため、賞味期限の表示の必要がない食品です。これは食品衛生法やJAS法・食品表示法によって定められ、グラニュー糖以外の砂糖類や塩などにも適用されています。

加えて、グラニュー糖は製造過程でろ過や加熱を繰り返して精製されているので不純物がほとんど含まれず、長期間保存しても安心して料理や飲み物に使うことができます。

グラニュー糖が腐らない理由

グラニュー糖が腐らず、長期間おいしく食べられる理由は次の通りです。

・水分がごくわずかしか含まれていない
・糖度が高く細菌、微生物は繁殖することができない


日本食品標準成分表によると、グラニュー糖は水分をほぼ含まないことを示すTrの記載がされ、食品が腐る要因の一つである水分を含まないことがわかります。また、糖度の高いグラニュー糖は食中毒の原因となる細菌や微生物が侵入しても、浸透圧の働きによってそれらの水分を奪うため活動や繁殖をすることはできません。

このような理由により、グラニュー糖は賞味期限の記載の必要ない食品だと考えられています。

グラニュー糖の使用を避けるべき状態とは?

グラニュー糖が、次のように変化している時は使用を避けるようにしましょう。

・湿気や水分が入り込み、溶けてしまっている
・グラニュー糖の一部が変色している
・外部から虫などが入り込んでいる


グラニュー糖は腐ることのない食品ですが、密封せずに湿度の高い場所で保存した場合、湿気や水分が入り込むことがあります。水分が入ったグラニュー糖は細菌や微生物が繁殖しやすくなるので、溶けてしまったものの使用は避けたほうが良いでしょう。

グラニュー糖を保存していると全体的に変色することがありますが、これはアミノ酸と結合して起こるメイラード反応による現象のため、問題なく飲み物などに使うことができます。しかし、密封せずに保存したグラニュー糖が一部だけ色が変化している場合は、外部から異物が入り込んだ可能性があるので使用せずに処分することが無難です。

グラニュー糖の正しい保存方法は?

グラニュー糖のさらさらとした状態を保ち、おいしく使っていくためにはどのように保存するのが最適なのでしょうか。ここでは、グラニュー糖の正しい保存方法を詳しく紹介します。

密閉された容器に入れて冷暗所で保存する

グラニュー糖を保存するときは密閉容器に移してから、冷暗所で保存するようにしましょう。密封できる瓶などの容器に移すことによって、湿気や虫がグラニュー糖に入り込むことが防げます。また、湿度や温度の変化の多い窓際や水回り・火のそばを避け、食品庫や収納棚などの冷暗所で保存するとより安心です。

冷蔵・冷凍では保存しない

グラニュー糖の冷蔵・冷凍での保存を避ける理由は次の通りです。

・冷蔵庫の他の食品の匂いが移りやすい
・常温に戻したときに結露がおきてしまう


グラニュー糖は他の食品の匂いを吸収しやすいので、冷蔵庫で保存することは避けると長期間美味しさが保てます。加えて、湿度の高い夏場などは冷蔵庫で保存すると常温に戻したときに、結露によってグラニュー糖に水分が入り込む可能性があります。また、冷凍庫での保存も冷蔵庫同様に結露を起こしやすいので、一年を通して常温で保存しましょう。

(*砂糖の保存方法について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

砂糖の保存方法は常温?冷蔵庫はNG?固まった場合の対処法や腐敗の特徴を紹介!

グラニュー糖が固くなっても使える?対処法は?

グラニュー糖を保存する際に密封していても固くなることがありますが、そのような状態になった場合も普段通り使うことができるのでしょうか。ここでは固まったグラニュー糖の原因を、対処法とあわせて詳しく解説します。

グラニュー糖が固くなる原因は「乾燥」

グラニュー糖が固くなったのは湿度が高いからだと思う人もいるかもしれませんが、その原因は乾燥によるものです。グラニュー糖の表面にあるわずかな水分が蒸発することによって、結晶化して塊が生じやすくなります。固くなったグラニュー糖は食べても問題ありませんが、お菓子作りなどには使いにくいので飲み物などに使用すると良いでしょう。

固くなったグラニュー糖をサラサラにする方法

固くなったグラニュー糖をサラサラにする方法は次の通りです。

①固まったグラニュー糖をビニール袋に入れ、霧吹きなどで水分を与える
②ビニール袋の口を輪ゴムなどでとじ密閉する
③数時間そのままの状態で保存し、適度に水分を含ませる
④スプーンなどを使ってつぶし、サラサラの状態にする

グラニュー糖が固まる原因は乾燥のため、霧吹きなどを使い適度な水分を補うことで元の状態に戻ります。霧吹きが自宅にない場合は、ビニール袋に固まったグラニュー糖と一緒に食パンを入れることで、程よい水分を移す代用法もおすすめです。その際は、必ず賞味期限内の食パンを使うようにしてください。

(*砂糖が固まった時について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

砂糖が固まる理由は?解消方法はある?防止法・対策や保存のコツなど解説!

グラニュー糖は基本いつまでも使える

グラニュー糖には賞味期限がなく、基本的にいつまでも使える食材だとわかりました。しかし、グラニュー糖は他の食品の匂いが付きやすいので、密閉するなどの注意が必要です。今回紹介した保存のポイントや固まった場合の対処法を参考にして、飲み物の甘味付けやお菓子作りにグラニュー糖を活用しましょう。

関連する記事