メープルシロップにカビ?澱との見分け方は?食べても大丈夫かや正しい保存方法を紹介!

メープルシロップはカビが生えやすいと知っていますか?ただ、「澱」の場合もあって、全部が全部危険というわけではないんです。今回は、メープルシロップのカビと澱の見分け方や、カビが生えても食べられるか、食べてしまった場合の対処法など紹介します。メープルシロップがカビない保存方法も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. メープルシロップにカビっぽいものがある…
  2. メープルシロップははちみつよりカビやすい
  3. メープルシロップの浮遊物は「澱」の場合もある
  4. メープルシロップのカビと澱の見分け方は?
  5. メープルシロップに生えるカビの特徴
  6. メープルシロップにできる澱の特徴
  7. メープルシロップのカビと澱は「溶けるか否か」で見分けられる
  8. メープルシロップの白い泡は?これもカビ?
  9. 未開封であればカビではない可能性が高い
  10. メープルシロップにカビが生えても食べられる?
  11. カビが生えたメープルシロップは丸ごと捨てた方が安全
  12. カビが生えたメープルシロップを食べてしまった場合の対処法
  13. メープルシロップがカビない保存方法と賞味期限
  14. 開封前は常温保存でもOK
  15. 開封後は冷蔵・冷凍で保存する
  16. メープルシロップがない時の代用品は?
  17. メープルシロップはカビが生えないように保存しよう

メープルシロップにカビっぽいものがある…

未開封のメープルシロップを常温保存していて、使おうと思った時に浮遊物を見つけた経験がある人は少なくないことでしょう。それがカビだった場合、食べると食中毒を起こすリスクがあるので心配です。ここでは、メープルシロップに見られる浮遊物について説明します。

メープルシロップははちみつよりカビやすい

そもそもメープルシロップは加熱加工されているものの、はちみつよりカビやすい特徴を持ちます。砂糖やはちみつは糖度が高いので常温保存でも傷みにくいといわれていますが、メープルシロップはそうではありません。開封後のメープルシロップは冷蔵庫で保存するものですが、誤って常温保存するとカビが生えやすいので注意が必要です。

これははちみつとメープルシロップの糖度の違いによるもので、前者は80%以上ありますが後者は66%程度となっています。さらにはちみつよりメープルシロップの方が水分も多いため、カビが生えやすくなるのです。加熱加工されているからと安心せず、保存方法に気を付けるようにしましょう。

メープルシロップの浮遊物は「澱」の場合もある

未開封の状態で常温保存した、あるいは開封後に冷蔵庫で保存しているメープルシロップに浮遊物が浮いている場合、カビではなく澱の可能性もあります。澱とはメープルシロップの糖分が固まったもので、食べることが可能です。カビと澱の見分け方については後述するので参考にしてください。

メープルシロップのカビと澱の見分け方は?

常温や冷蔵庫で保存しているメープルシロップに浮遊物が浮いている時は、それがカビか澱かを見分ける必要があります。食中毒を避ける意味でも、2つの見分け方を覚えておくと安心です。ここではメープルシロップのカビと澱の見分け方を紹介します。

メープルシロップに生えるカビの特徴

出典:https://twitter.com/shoukk9555/status/438897184797229056?s=20

メープルシロップに生えるカビには以下の2種類があります。

・白カビ
・黒カビ
・茶色いカビ
・緑色のカビ


開封後のメープルシロップの容器の上部に白く濁った浮遊物や黒い浮遊物が見られる場合には、カビと考えて間違いありません。また茶色や緑色の浮遊物や付着物が見られる場合も、カビの可能性が高いと考えられます。開封後のメープルシロップは傷みやすいので、容器に浮遊物が浮いていないか付着物はないかなど、変化を必ずチェックしてください。

メープルシロップにできる澱の特徴

出典:https://tokaimon.net/blog/2018/03/18/post9152/

未開封のメープルシロップにも見られる澱には、以下の2種類があります。

・黒い澱
・白い澱


澱もカビと同様に容器の上部に浮遊することはありますが、基本的には底に沈みます。澱は、メープルシロップを開封した後で水分が蒸発し、成分が結晶化することが原因で生じるものです。

また冷蔵庫や寒い場所で常温保存することによっても、メープルシロップは結晶化します。メープルシロップの澱はそのまま食べても問題ないので、食感の違いを楽しむのもおすすめです。

メープルシロップのカビと澱は「溶けるか否か」で見分けられる

澱はメープルシロップが結晶化したものなので、容器を振って内容物を混ぜることで溶けて消えます。混ぜて無くなった場合は澱なので食べて構いませんが、カビは容器を振ってもなくなることはありません。澱かカビかを見分けたい時は、容器を振って溶けるかどうかを確かめましょう。

メープルシロップの白い泡は?これもカビ?

出典:https://cookpad.com/recipe/6336523

メープルシロップに、白い泡のようなものが浮かんでいることがあります。未開封であっても見られることがあるので、不安を感じる人もいることでしょう。ここではメープルシロップに見られる、白い泡について説明します。

未開封であればカビではない可能性が高い

未開封のメープルシロップの上部に白い泡が見られる場合は、カビではない可能性が高いです。メープルシロップは瓶に充填する際に、中身と容器内の空気が混ざり合うことで気泡が発生することがあります。

メープルシロップには粘性が高い特徴があるため、泡が長い時間維持されてしまい、未開封でも泡が見られるケースがあるようです。ただし、開封後に白い泡が見られた場合は雑菌の増殖などによって泡が生じた可能性もあるので食べないようにしましょう。

メープルシロップにカビが生えても食べられる?

メープルシロップは決して安い商品とはいえないので、カビが生えたからといってすべて捨てることを躊躇する人もいそうです。ここでは、メープルシロップはカビが生えても食べられるのかについて説明します。

カビが生えたメープルシロップは丸ごと捨てた方が安全

開封後のメープルシロップは、冷蔵保存していてもカビが生えることがあります。食品の種類によっては、カビが生えた部分を取り除いて加熱すれば食べられることもありますが、カビが生えてしまったメープルシロップは丸ごと捨てることをおすすめします。

カビが生えても加熱すれば食べられるように感じるかもしれませんが、カビの種類によっては加熱しても死滅しないものがあるので危険です。メープルシロップに生えるカビの原因菌は複数あり、中には毒性が強い種類が含まれている可能性があります。また毒性がない雑菌であっても大量摂取することで食中毒を起こすリスクが高まるので、避けた方が無難です。

残念ながらカビが生えてしまったメープルシロップを食べられる手段はないので、諦めて処分しましょう。

カビが生えたメープルシロップを食べてしまった場合の対処法

カビが生えたメープルシロップは、加熱したとしても食中毒を発症するリスクは変わりません。万が一食べてしまった場合、以下のような症食中毒症状が見られる可能性があります。

・腹痛
・吐き気
・嘔吐
・下痢


少量のカビであれば胃酸が消化してくれますが、大量に摂取した場合には30時間から120時間ほど経ってから、食中毒の症状があらわれることがあります。嘔吐や下痢がある場合には水分補給をしながら、毒素を出し切った方がよいでしょう。水分を摂れないまたは症状が改善されない場合は病院に行き、医師の診察を受けることをおすすめします。

メープルシロップがカビない保存方法と賞味期限

メープルシロップは高価なので、カビが生える前にしっかり食べきりたいところです。しかし一度に大量に使うのは難しいので、正しい方法で保存し賞味期限内に使いきるのが基本です。ここでは、メープルシロップの保存方法と賞味期限について説明します。

開封前は常温保存でもOK

メープルシロップは開封前は常温保存で構いませんが、水分が多いため傷みやすい特徴があります。そのため常温保存したい場合は、以下のポイントを守ることが大事です。

・未開封のものに限る
・高温になる場所を避ける
・冷暗所に置く


上記の条件を満たす場所として、シンク下にある収納スペースやキッチンの戸棚など、直射日光を避けられる冷暗所で常温保存するのがおすすめです。また常温保存している場所は、適度に風通しをしましょう。

開封後は冷蔵・冷凍で保存する

開封後のメープルシロップは、水分が多い性質からカビが生えやすくなります。そのため冷蔵庫あるいは冷凍庫で保存するようにしましょう。その際のポイントは以下の通りです。

・冷蔵庫や冷凍庫から出したら、使用量だけを取り出してすぐに戻す
・蓋や容器の口についたメープルシロップを清潔な布なので拭き取る
・蓋をしっかり閉めてから冷蔵庫または冷凍庫に戻す


ただし、メープルシロップを冷蔵庫や冷凍庫で保存しても使用時に常温の状態に長く置くと温度変化によって結露ができ、その水分がカビの原因になることがあります。また冷凍していたメープルシロップは常温で戻して使うより、加熱する方が雑菌が入り込みにくいと考えられるので配慮が必要です。

開封後のメープルシロップの賞味期限は冷蔵保存で約1ヶ月程度ですが、冷凍保存にした場合の賞味期限は半年程度とされています。メープルシロップを冷凍保存する際には、使いやすい量に小分けして瓶に入れることをおすすめします。なお、純度100%のメープルシロップであれば完全に固まらず、シャーベット状になるので使いやすいでしょう。

(*メープルシロップの賞味期限について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

メープルシロップの賞味期限は?開封後・未開封で違う?日持ちする保存方法も解説!

メープルシロップがない時の代用品は?

メープルシロップを自宅で切らしてしまった時には、自宅にある以下のようなものを代用品にすることができます。

・はちみつ
・ケーキシロップ
・ガムシロップ
・オリゴ糖シロップ
・水あめ
・砂糖と水


最も便利なのがはちみつで、風味は異なるものの適度なとろみがあるので代用しやすいです。また市販されているケーキシロップやオリゴ糖シロップ、ガムシロップ、水あめなども使えます。ほかにも、砂糖と水を2対1の割合で合わせて鍋で煮詰めると代用品になります。砂糖とてんさい糖やきび砂糖に置き換えると、よりヘルシーな代用品になるのでおすすめです。

(*メープルシロップの代用品について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

メープルシロップの代用品9選!はちみつで代わりになる?作り方や活用レシピを紹介!

メープルシロップはカビが生えないように保存しよう

今回はメープルシロップのカビと澱の見分け方や、カビが生えた場合に食べられるかどうか、食べてしまった場合の対処法などを紹介しました。メープルシロップは高価なので、カビが生えない保存方法を実践し、賞味期限内に食べきることを意識しましょう。

関連する記事