きび砂糖とてんさい糖の違いとは?代用できる?使い分け方も紹介!

きび砂糖とてんさい糖の違いを知っていますか?今回は、きび砂糖とてんさい糖を〈味わい・カロリー・糖質・GI値〉など特徴で比較して、代用可能かや使い分け方も紹介します。両方に似た「三温糖」についても紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. きび砂糖とは?
  2. きび砂糖は「さとうきびが原料の砂糖」
  3. てんさい糖とは?
  4. てんさい砂糖は「砂糖大根(てんさい)が原料の砂糖」
  5. きび砂糖とてんさい糖の違いを比較!
  6. ①味わい・風味
  7. ②カロリー・糖質や栄養素
  8. ③GI値
  9. きび砂糖とてんさい糖は代用できる?
  10. きび砂糖とてんさい糖を代用する際のポイント
  11. きび砂糖とてんさい糖の使い分け方
  12. きび砂糖の使い方と合う料理
  13. てんさい糖の使い方と合う料理
  14. 両方に似た三温糖ってなに?
  15. 三温糖は糖液を煮詰めてカラメル化させた砂糖
  16. 三温糖の使い方と合う料理
  17. きび砂糖とてんさい糖の違いを知っておこう

きび砂糖とは?

日本で一般的とされる砂糖は上白糖ですが、きび砂糖やてんさい糖も店頭に並んでいることが多いです。しかしきび砂糖とはどんな種類なのかを、正確にいえる人は少ないかもしれません。ここではきび砂糖について詳しく説明します。

きび砂糖は「さとうきびが原料の砂糖」

きび砂糖は「さとうきびを原料とする砂糖」をさし、その製法にも特徴があります。上白糖もさとうきびが原料の場合が多いですが、さとうきびから糖分を精製して作っています。一方のきび砂糖は、さとうきびの搾り汁を精製する途中の糖液を煮詰めてつくるため、ミネラルやカルシウムなどの栄養成分が残るのが特徴です。

(*きび砂糖について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

きび砂糖とは?三温糖・白砂糖などと違いは?危険と言われる理由なども紹介!

てんさい糖とは?

出典:https://www.biokura.jp/sc/tensaitou.html

砂糖の原料と聞くとさとうきびをイメージする人が多いと予想されますが、そうとばかりは限りません。てんさい糖もさとうきびを原料としない砂糖の一種です。ここではてんさい糖とは何かについて説明します。

てんさい砂糖は「砂糖大根(てんさい)が原料の砂糖」

てんさい糖は砂糖大根ともいわれるてんさいが原料となっており、北海道産のものが有名です。てんさいから抽出した糖分をろ過することで結晶と糖蜜に分離し、糖蜜を高温乾燥させる製法が用いられています。なお、上白糖もてんさいを原料とすることがありますが、その場合は分離された結晶が上白糖となります。

きび砂糖とてんさい糖の違いを比較!

きび砂糖とてんさい糖は色は似ていますが、味や風味、栄養価も変わらないのかが気になるところです。ここではきび砂糖とてんさい糖の違いについて、3つの観点から比較します。

①味わい・風味

きび砂糖は精製の途中の糖液を用いるため、不純物が残っている状態です。しかし製品化にあたってアクやさとうきびの苦味を取り除くので、まろやかな甘さを感じる味に仕上がります。一方のてんさい糖はてんさいの糖蜜だけを高温乾燥させるので、まろやかながらもコクのある甘みに仕上がります。

②カロリー・糖質や栄養素

きび砂糖 てんさい糖
カロリー 396kcal 390kcal
糖質 99g 97g
カリウム 142mg 27mg
ナトリウム 30mg 48mg
マグネシウム 20g 0mg

※含有量は日本食品標準成分表を参照しています。(※1)

上記は100gあたりの数値ですが、カロリーと糖質はきび砂糖とてんさい糖では大きな違いはありません。上白糖と比べるとどちらもミネラルが豊富ですが、その含有量はてんさい糖よりきび砂糖の方が上となっています。特にマグネシウムに関しては、てんさい糖には含まれていません。

③GI値

GI値
きび砂糖 99
てんさい糖 65

GI値は血糖値の上がりやすさを表す指標ですが、きび砂糖のGI値については正式なデータが明記されている資料がなく、黒糖と同じとする説が定説です。黒糖のGI値である99とてんさい糖の65を比べると、ダイエットを行ううえでは後者の方が効果があると考えられます。

これはGI値が低い方が血糖値が上がりにくく、インスリンの過剰分泌が抑えられることが理由です。インスリンは血糖値を下げる働きを持つホルモンですが、一方で脂肪の蓄積も促進するため、血糖値が上がりやすい高GI値の食品は太りやすくなるのが特徴です。

きび砂糖とてんさい糖は代用できる?

砂糖にもいろいろな種類があり、風味はそれぞれ異なります。きび砂糖とてんさい糖は色は似ていますが、お互いの代用品となりうるのでしょうか。ここではきび砂糖とてんさい糖は、代用できるのかについて説明します。

きび砂糖とてんさい糖を代用する際のポイント

きび砂糖とてんさい糖は、それぞれ代用品として使うことができますが、きび砂糖の代用品としててんさい糖を使う際にはその甘みの特徴を理解するのがポイントです。

てんさい糖にはきび砂糖ほどの甘みがないため、代用品として使う際には分量より多めに入れましょう。きび砂糖が大さじ2杯のレシピであれば、てんさい糖は大さじ2杯半にすると同じような甘みが感じられるはずです。

反対にてんさい糖の代用品としてきび砂糖を使う際には、分量より少なめに使うと味を調えやすいです。ちなみにきび砂糖を上白糖で代用する際には、分量はレシピ通りでかまいません。

きび砂糖とてんさい糖の使い分け方

色とミネラルの豊富さは似ているきび砂糖とてんさい糖ですが、風味に違いがあるので上手に使い分ける方が料理を美味しく仕上げることができます。ここでは、きび砂糖とてんさい糖の使い分け方について詳述します。

きび砂糖の使い方と合う料理

きび砂糖に合うおすすめの料理として、以下のものがあげられます。

・煮物
・ケーキ
・クッキー


まろやかな甘さがありミネラルが豊富なきび砂糖は、使うことできび砂糖の茶色い色合いが強くなってしまうので、色が茶色くなっても問題のない料理に適しています。またきび砂糖には魚の臭みを消したり、鶏胸肉を柔らかくしたりする効果があるので、上手に活用しましょう。

てんさい糖の使い方と合う料理

てんさい糖が合う料理として、以下のものがあげられます。

・コーヒー
・紅茶
・スイーツ
・ヨーグルト

てんさい糖はミネラルが豊富ではあるものの上品な甘味なので、飲み物やスイーツなどがもつ本来の味を損なうことがありません。また善玉菌のエサとなるオリゴ糖を豊富に含み、GI値も低いことからダイエット中の人や便秘がちの人が調理に使う時には特におすすめです。

両方に似た三温糖ってなに?

きび砂糖やてんさい糖と見た目が似ている砂糖に三温糖があります。色こそ似ているものの、三温糖はきび砂糖やてんさい糖等は製法が異なります。ここでは三温糖の製法や、使うのに適した料理を紹介します。

三温糖は糖液を煮詰めてカラメル化させた砂糖

三温糖は上白糖やグラニュー糖を精製した後に残る糖液を、数回にわたって加熱してつくります。三温糖の色は砂糖を加熱することで形成されるカラメル成分によるもので、いわゆる焦げによって生じる色です。そのためきび砂糖やてんさい糖のように、ミネラルを含んでいるわけではありません。

(*三温糖について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

三温糖とは?白砂糖・きび砂糖との違いは?茶色の理由や味の特徴など紹介!

三温糖の使い方と合う料理

三温糖は糖液を加熱する過程で、独特の香りと濃厚な甘さが形成されます。そのため以下のような料理に用いるのがおすすめです。

・野菜の煮物
・魚の煮付け
・佃煮
・照り焼き


三温糖は上白糖と比べても甘みが強く、コクも感じられる味わいです。そのためしっかりと味をつけたい料理や、香ばしく仕上げたい料理に適しています。和食をつくる時には三温糖を用いる方が、コクが出るのでおすすめです。

きび砂糖とてんさい糖の違いを知っておこう

今回はきび砂糖とてんさい糖を様々な観点から比較すると共に、使い分け方法も紹介しました。ミネラルが豊富なので常用したいきび砂糖とてんさい糖ですが、風味には違いがあります。その特徴を理解して使い分け、料理をより美味しく仕上げてみましょう。

関連する記事