固いハンバーグになる理由と柔らかくする方法は?リメイクレシピ3選も紹介!

固いハンバーグになってしまったことはありませんか? 今回は、ハンバーグが固くなってしまう理由・原因や、固いハンバーグにならない方法・レシピを紹介します。固いハンバーグを美味しく食べるリメイクレシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ハンバーグが固い…。なぜ?
  2. ハンバーグが固い仕上がりになる理由・原因
  3. ①つなぎの量が足りない
  4. ②牛ひき肉を使っている
  5. ③焼き過ぎて表面が焦げている
  6. ④ハンバーグのタネに空気が入り過ぎている
  7. 固いハンバーグにならない・柔らかくする方法
  8. ①合い挽き肉を使う
  9. ②ハンバーグを寝かせる
  10. ③ジューシーになる隠し味を入れる
  11. ④焼く温度と時間に気をつける
  12. ⑤つなぎを正しい量で入れる
  13. ⑥タネの空気をしっかりと抜く
  14. 柔らかいハンバーグが作れる絶品レシピ!
  15. 材料
  16. 作り方・手順
  17. 固いハンバーグを美味しく食べるには?
  18. ①煮込みハンバーグにする
  19. ②ハンバーグとは別の料理にして使う
  20. 固いハンバーグのリメイクレシピ!
  21. ①タコライス
  22. ②カレードリア
  23. ③ボロネーゼパスタ
  24. 固いハンバーグにならないように作ろう!

ハンバーグが固い…。なぜ?

ハンバーグは子供から大人まで多くの人に好まれる、定番の家庭料理の一つです。柔らかくジューシーなハンバーグを作るコツはいくつかありますが、レシピ通りに作ったのに固い食感になってしまった時は何が原因なのでしょうか。今回は手作りのハンバーグが固い食感になる理由と、柔らかくする方法について詳しく解説します。

ハンバーグが固い仕上がりになる理由・原因

何度もハンバーグを作っているのに仕上がりの固さがいつも違う場合は、気づかないところに理由があるのかもしれません。ここでは、ハンバーグが固い理由や原因を説明するので参考にしてください。

①つなぎの量が足りない

ハンバーグが固い食感になる原因の一つとして、パン粉や牛乳・卵などのつなぎの量が足りないことが挙げられます。これは、ハンバーグのつなぎはひき肉を結合させるだけでなく、肉や野菜の旨味を吸い込んで焼いた時に流れ出すことを防ぐ役割があるからです。

つなぎを使わずに塩だけでこねたハンバーグも人気ありますが、固い食感になりやすいのでつなぎはしっかりと入れた方が良いでしょう。

(*ハンバーグのつなぎや、パン粉の代用品について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ハンバーグにつなぎを使う意味・理由は?パン粉以外に豆腐・ご飯でも代用できる?
パン粉の代用品は?食パンで作れる?ハンバーグ・揚げ物に最適なのは?

②牛ひき肉を使っている

ハンバーグを作る際に牛だけのひき肉を使った場合、合いびき肉よりも固い食感になりがちです。レストランなどでは牛ひき肉だけのハンバーグもありますが、中がジューシーなレア状態で提供されています。レア状態の牛ハンバーグはよほど新鮮なひき肉でないと食中毒のリスクが高いので、家庭で再現するのは難しいでしょう。

このことにより、しっかりと火が通った柔らかいハンバーグを家庭で作る際には、牛ひき肉だけ使うのは避けた方が無難だと言えます。

(*ハンバーグのひき肉の選び方について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ハンバーグのひき肉のベストな量・種類・割合は?絶品レシピとともに紹介!

③焼き過ぎて表面が焦げている

表面が焦げる程焼き過ぎることも、ハンバーグが固くなる原因だと言えるでしょう。ハンバーグを強火で焼くと表面が焦げるだけで真ん中まで火が通らず、必要以上に加熱することで固い食感になります。しかし、弱火で長時間焼き過ぎても肉汁が流れるので、固い食感になるのを防ぐためには適した温度での加熱が必要です。

④ハンバーグのタネに空気が入り過ぎている

ハンバーグのタネに空気が入り過ぎていると、柔らかくなると思う人もいるかもしれませんが、実は固い食感の原因になります。それは、焼いた時にその部分から膨らんで割れやすくなり、肉汁が流れ出るからです。ハンバーグが固い食感になるのを防ぎ、ジューシーな食感に仕上げるためには成型にも気を配りましょう。

固いハンバーグにならない・柔らかくする方法

関連する記事