ポトフの隠し味のおすすめ15選!コク・旨みが増す調味料をレシピとともに紹介!

ポトフの隠し味はどんな調味料が最適か知っていますか?今回は、ポトフの隠し味のおすすめを〈コク・旨み・酸味〉など部門別にレシピとともに紹介します。そのほかにもポトフを美味しく仕上げるコツも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ポトフをプロの味に仕上げたい!
  2. ポトフの隠し味のおすすめ【コクを出す】
  3. ①味噌
  4. ②バター
  5. ③生姜
  6. ④鶏ガラスープの素
  7. ⑤オイスターソース
  8. ⑥豚骨スープ
  9. ポトフの隠し味のおすすめ【旨みが増す】
  10. ⑦にんにく
  11. ⑧醤油
  12. ⑨カレー粉
  13. ⑩塩麹
  14. ⑪めんつゆ
  15. ⑫ガラムマサラ
  16. ポトフの隠し味のおすすめ【あっさり・酸味が増す】
  17. ⑬ケチャップ
  18. ⑭白ワイン
  19. ⑮レモン
  20. より美味しいポトフに仕上げるコツは?
  21. ①くず野菜を利用して野菜のブロードを作る
  22. ②ベーコンやソーセージ・肉にはしっかり焼き目をつける
  23. ③具材は大きめに切って入れる順番に配慮する
  24. ポトフに隠し味をちょい足しで本格風に仕上げよう

出典:https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%82%AD-%E3%82%81%E3%82%93%E3%81%A4%E3%82%86-1000ml-1%E6%9C%AC/dp/B00LHLY6D8

常備しておくと何かと便利な調味料であるめんつゆも、適量をちょい足しすることで、ポトフの隠し味になります。

・分量/ポトフ6人前に対し、4倍濃縮のめんつゆ大さじ2杯程度
・入れるタイミング/具材を煮込む時
・めんつゆは3倍濃縮のものもあるので、味見をしながら加える

和食調味料であるめんつゆも、だしが含まれているので、ポトフの隠し味に使うと味に広がりが出ます。塩分が含まれているうえ、メーカーによって味が異なるので、具材がひと煮立ちして調味料を加える際に味見しながら適量を見極めましょう。また、皿に盛った後で好みでひとたらししても、美味しくなるのでおすすめです。

【免疫力アップ⤴️⤴️】鶏肉のポトフ by sakieiyou 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが348万品

⑫ガラムマサラ

カレーの調味料として知られるガラムマサラも、ポトフに旨みを加える隠し味として使えます。

・分量/ポトフ4人前に対し、ガラムマサラ小さじ1/3杯程度
・入れるタイミング/仕上げの時
・ガラムマサラの中でも唐辛子が含まれていないものがおすすめ


カレーに使用するガラムマサラには、様々なスパイスが含まれているため、隠し味としてちょい足しすると味に深みが生まれます。唐辛子ではなくコショウで辛味を出しているガラムマサラの方が、ポトフにはなじみやすいとされています。

野菜も豪快に♪海軍ポトフ by cookmanian 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが348万品

ポトフの隠し味のおすすめ【あっさり・酸味が増す】

食欲がなかったり体が弱っていたりする時は、あっさりと酸味が効いたポトフが欲しくなるものです。ここでは、酸味のあるあっさりした味わいのポトフを作る際に、おすすめの隠し味を3つ紹介します。

⑬ケチャップ

出典:https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/s-mart/cabinet/item/spice/catsup/pll02588.jpg

野菜嫌いな子供でも食べやすいポトフに仕上げたい時には、隠し味としてケチャップをちょい足しするのがおすすめです。

・分量/ポトフ6~8人前に対し、ケチャップ大さじ2杯程度
・入れるタイミング/煮込む時
・酸味が欲しい時にはケチャップを多めに入れる


ケチャップには酸味だけでなく甘みや塩味も含まれており、隠し味として効かせると食べやすくなります。ケチャップを多めに入れればトマト風味に、少なめに入れるとコクと旨みを感じる味わいになるので、味見をしながら入れる量を調整しましょう。

家族の為に覚書♡わが家のポトフ by jmari 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが348万品

⑭白ワイン

風味豊かなポトフに仕上げたい時には、白ワインを隠し味としてちょい足しする方法があります。

・分量/ポトフ3~4人前に対し、大さじ1杯程度
・入れるタイミング/炒めた具材に油が回った時
・使う白ワインは酸味の少ない、辛口のものがおすすめ


ポトフの隠し味としてちょい足しすることで、白ワインの香りがほんのりと残ったプロのような仕上がりとなります。加熱する過程でアルコール分が飛ぶので、子供でも食べることができます。ワインの種類によっては酸味が強くなりすぎるので、少なめに加えるよう意識しましょう。

関連する記事

×