淡竹とは?旬の時期・産地など特徴は?下処理の仕方や人気レシピも紹介!

たけのこの品種「淡竹」を知っていますか?日本のたけのこ「孟宗竹」とどんな違いがあるのでしょうか。今回は、「淡竹」の〈味わい・食感・見た目〉など特徴や、旬・収穫時期や産地にくわえ、下処理の仕方や保存方法なども紹介します。〈煮物〉など「淡竹」の食べ方・レシピや通販商品のおすすめも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 淡竹の特徴は?どんなたけのこの品種?
  2. 淡竹は中国原産のたけのこ
  3. 淡竹の特徴を孟宗竹と比較
  4. 淡竹の味わい・食感
  5. 淡竹の旬・収穫時期や産地は?
  6. 淡竹の産地
  7. 淡竹の旬・収穫時期は5月〜6月ごろ
  8. 淡竹の食べ方や下処理・下ごしらえの仕方は?
  9. 大きくなった淡竹はアク抜きが必要
  10. 淡竹に合う調理法・料理
  11. 淡竹の美味しいレシピは?
  12. ①淡竹の煮物
  13. ②淡竹と豚肉の甘辛煮物
  14. ③淡竹のきんぴら
  15. 淡竹の保存方法は?
  16. 淡竹を通販でお取り寄せして食べてみよう

淡竹の特徴は?どんなたけのこの品種?

淡竹の読み方は「はちく」で、たけのこの一種であり、国内で数多く流通している孟宗竹(もうそうちく)とはひと味違います。ここでは、淡竹とはどんな品種かについて、たけのことしての特徴も交えて説明します。

淡竹は中国原産のたけのこ

淡竹は中国原産のたけのこで寒さにも強い品種であることから、全国各地に植栽されています。日本国内では孟宗竹と真竹(またけ)に次いで生育している品種で、食用の用途以外にも、茶道具の原料として活用されています。

はちくと聞くと「破竹」をイメージする人も多いようですが、これは竹が一節に割れ目を入れると一気に割れていくことから、激しい勢いが止められない例えとして使われている言葉です。食べ物として表現する場合は、淡竹が正しい漢字表記なので覚えておきましょう。

淡竹の特徴を孟宗竹と比較

日本で最も植栽されているのは孟宗竹ですが、淡竹との見分け方は難しくありません。孟宗竹は節の輪が1本しかないですが、淡竹には2本あり、上下ともに角ばっています。たけのこで比較すると、孟宗竹より淡竹の方が細長い形状をしている点が違いです。さらに孟宗竹のたけのこには表面に細かな産毛があるものの、淡竹には見られずにつるつるしています。

淡竹の味わい・食感

国内に流通しているたけのこは孟宗竹のものが大半で、大きくて肉厚なのに柔らかく、エグみが少ないことで知られています。淡竹は掘り出したものをすぐに食べる品種なので、アク抜きしなくても生で美味しく食べられます。シャキシャキした食感と、苦みが少ないあっさりとした味わいであることから、あえて淡竹を好んで食べる人も多いようです。

(*たけのこの種類について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

たけのこの種類6選!旬の時期や味・主産地など特徴を紹介!

淡竹の旬・収穫時期や産地は?

淡竹は中国が原産であり、日本各地に植栽されてることは前述しました。そんな淡竹はたけのこを採るためだけでなく、商業利用するために様々な地域で栽培されています。ここでは主な淡竹の産地と、旬を含んだ収穫時期について説明します。

淡竹の産地

日本における淡竹の産地としてあげられる地域は、以下の通りです。

・近畿地方
・中国地方
・四国地方
・九州地方


淡竹は大型な竹なので、高さが20mを超えることも珍しくありません。淡竹自体は北海道南部まで見られるものの雪に弱いため、暖かい地方の方が健全に育つとされています。そのため気候が温暖な近畿以西で、淡竹が商業用に栽培されているのです。

淡竹の旬・収穫時期は5月〜6月ごろ

淡竹のたけのこの収穫時期は5月から6月ごろで、孟宗竹よりは遅いです。淡竹の産地は複数あるものの、北信濃と呼ばれる長野県長野市のものが有名で、旬の淡竹を予約販売しているECサイトも多いです。孟宗竹のたけのこはくわでの掘り起こしが必要ですが、淡竹は地上に30~40cmのものが顔を出すので鎌で刈り取ることができます。

淡竹の食べ方や下処理・下ごしらえの仕方は?

孟宗竹のたけのこはエグみがあるので、調理前のアク抜きが必要とされています。そうした下処理は淡竹にも欠かせないのかが、気になるところです。ここでは、淡竹の食べ方や下処理の方法について説明します。

大きくなった淡竹はアク抜きが必要

淡竹は新鮮なものであればそのまま生で食べられますが、大きくなったものは以下の手順でアク抜きすることをおすすめします。

①淡竹の根元に包丁のかかと部分の刃先をあて、先端に向かって切り進める
②穂先まで切り込みを入れたら、開いて皮を剥く
③大きめの鍋に②を入れて水を張る
④③を火にかけて、キッチンペーパーなどで落し蓋をする
⑤④が沸騰したら弱火にし、吹きこぼれないように茹で続ける
⑥1時間ほど茹でたら火を止め、そのまま冷ます
⑦茹で汁が完全に冷めたら水を変え、そのまま一晩さらす


孟宗竹の場合は茹でる時に米ぬかを加えますが、淡竹の場合は基本的には必要ありません。淡竹が伸びすぎている、あるいは青々としている際にはエグみを感じることがあるので、下茹での際に米ぬかを加えておくとよいでしょう。

淡竹に合う調理法・料理

淡竹は生のままで食べられるほか、以下のような料理におすすめです。

・たけのこご飯
・煮物
・炒め物
・揚げ物
・味噌汁
・和え物


生のシャキシャキした食感を味わうのも淡竹の良さですが、淡竹は茹で方次第で柔らかく仕上げることもできるので、様々な料理に活用できます。天ぷらや汁物など、定番の若竹煮以外のメニューにも、積極的に使ってみることをおすすめします。

淡竹の美味しいレシピは?

淡竹はエグみが少なく、あっさりとした味わいなので、様々な料理に活用できます。ここでは、淡竹の美味しさを存分に味わえるメニューを3つ紹介します。

①淡竹の煮物

出典:https://cookpad.com/recipe/198392

淡竹をじゃがいもや人参とともに肉じゃが風に煮た一品で、このレシピでは水を使わずに作ります。野菜から出る水分と調味料だけで煮るので、焦がさないように木べらで返すのがポイントです。

淡竹(はちく)の煮物 by CHIROKO 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが349万品

②淡竹と豚肉の甘辛煮物

出典:https://cookpad.com/recipe/1143299

淡竹を主菜に使いたい時におすすめのメニューで、和風だしをベースにオイスターソースと生姜を加えて中華風に仕上げます。このレシピでは下茹でなしで調理していますが、アクが気になる場合は下茹ですることをおすすめします。

筍(淡竹〜はちく〜)と豚肉甘辛煮 by うっちゃん❤ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが349万品

③淡竹のきんぴら

出典:https://cookpad.com/recipe/2608274

淡竹はきんぴらにしても美味しく食べられ、副菜やお弁当のおかずとしてもお酒のおつまみとしても重宝します。このレシピでは淡竹のみで作っていますが、好みで人参やスナップエンドウと合わせるのもおすすめです。

♪美味しいよぉ〜筍orハチクのキンピラ♪ by ura681225 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが349万品

淡竹の保存方法は?

淡竹は旬の時期が限定されているので、以下の手順で長期保存することをおすすめします。

・水煮にして瓶詰めし冷蔵保存する
・メンマに加工して瓶詰めし冷蔵保存する
・下茹でした淡竹を水を張った蓋つき容器に入れ、毎日水を替えながら冷蔵保存する
・下茹でして手頃な大きさに切り、冷凍保存する


最も保存期間が長いのが、淡竹を水煮あるいはメンマに加工してから煮沸消毒した瓶に詰める方法で、1年ほど保存することが可能です。容器をプラスチックにした場合は、保存期間は半年ほどと短くなります。その他の冷蔵保存では3日程度、冷凍保存は1ヶ月が日持ちする期間の目安です。

(*たけのこの冷凍保存について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

たけのこは冷凍保存できる?日持ち期間は?スカスカ・失敗を防止するコツも紹介!

淡竹を通販でお取り寄せして食べてみよう

出典:https://item.rakuten.co.jp/auc-hisatora/hisatora2005-15-3k/

今回は淡竹の特徴をはじめ、旬や収穫時期、下処理の仕方や保存方法なども紹介しました。淡竹の旬は短いですが、通販で予約しておけばお取り寄せが可能です。孟宗竹のたけのことはひと味違う美味しさを、この機会にぜひ味わってみることをおすすめします。

楽天市場|2021年信州【信州産】朝獲れたけのこ 【ご予約受付中】淡竹はちく【3kg】

関連する記事