こんにゃくが腐るとどうなる?カビなど見分け方は?食中毒の危険性なども紹介!

こんにゃくが腐るとどうなるか知っていますか?食中毒の危険性はあるのでしょうか?今回は、<白い膜・斑点・カビ>などこんにゃくが腐ると見た目がどうなるのかに加え、<開封後・未開封>別にこんにゃくの賞味期限を紹介します。賞味期限切れのこんにゃくを食べるとどうなるのか、こんにゃくの日持ちする保存方法も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. こんにゃくが腐ってる…?
  2. こんにゃくは腐るとどうなる?見分け方は?
  3. こんにゃくの賞味期限は?腐るのはいつから?
  4. 腐ったこんにゃくを食べたらどうなる?あたる?
  5. こんにゃくが日持ちする保存方法は?
  6. こんにゃくが腐る際の見分け方を知っておこう
こんにゃくの保存方法・期間は?冷凍できる?開封後も日持ちするコツや活用レシピも紹介!

乾燥させて「凍みこんにゃく」で保存する手も

こんにゃくを長期保存したいなら、乾燥させて凍みこんにゃくに加工するのもおすすめです。本格的な凍みこんにゃくはこんにゃくいもから作られますが、冷凍庫を活用することで似た仕上がりにすることができます。さらに冷凍したこんにゃくを解凍したものを手で絞ったものを、1日ほど天日干しさせて保存すると、通常のこんにゃくより日持ちします。

(*凍みこんにゃくについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

凍みこんにゃくとは?味や作り方は?戻し方や活用レシピのおすすめも紹介!

こんにゃくが腐る際の見分け方を知っておこう

今回はこんにゃくが腐った時の変化に加え、開封後・未開封など状態別のこんにゃくの賞味期限を紹介しました。こんにゃくは長期保存が可能な食品ではあるものの、正しく保存しなければ腐って溶けたり袋が膨張したりといった変化が見られることがあります。こんにゃくが腐る際の見分け方を覚えておき、誤食しないように心がけましょう。

関連する記事

×