小麦粉の生食はNG?お腹を壊す?生焼けの見分け方・防止策を解説!

小麦粉の生食がNGな理由を知っていますか?腹痛・下痢になる可能性があります。今回は、小麦粉の生食がNGな理由を、生食した場合の対処法や実際に食べた人の体験談とともに紹介します。小麦粉の生地の生焼けの見分け方と防止法を〈お好み焼き・クッキー・ホットケーキ〉など料理別にも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 小麦粉は生で食べるのはNG?お腹壊すの?
  2. 小麦粉の生食がNGの理由は?
  3. 生の小麦粉を食べると消化不良で腹痛・下痢になる可能性がある
  4. 小麦粉アレルギーにも注意しよう
  5. 小麦粉を生食したらどうなった?対処法は?
  6. 小麦粉を生食した人の体験談
  7. 消化不良になったら休んで胃に優しい食品を食べよう
  8. 小麦粉の生地の生焼けの見分け方は?
  9. 料理別の生地の生焼けの見分け方
  10. 料理別の生地の生焼けを防ぐ加熱時間
  11. 小麦粉の生地が生焼けだった時の対処法は?
  12. ①お好み焼き
  13. ②クッキー
  14. ③ホットケーキ
  15. ④たこ焼き
  16. 小麦粉の生焼けには注意しよう

小麦粉は生で食べるのはNG?お腹壊すの?

小麦粉はパンやパスタ、ホットケーキなど、いろいろな料理に使われる身近な食材です。基本的に茹でたり、焼いたりして加熱調理することが多いですが、小麦粉を生で食べるとどうなるか知っている人は少ないでしょう。ここでは、小麦粉を生で食べるとどうなるかをいろいろな料理の生焼けを含めて紹介します。

小麦粉の生食がNGの理由は?

一部の肉類やきのこなど、生で食べてはいけない食材はいろいろありますが、小麦粉を生で食べてはいけないのはどうしてでしょうか。茹でたり、揚げたり、いろいろな調理に使える小麦粉ですが、生で食べてはいけない理由について紹介します。

生の小麦粉を食べると消化不良で腹痛・下痢になる可能性がある

生の小麦粉を食べると消化不良を起こす可能性がありますがその理由として、小麦粉に含まれているでんぷんの性質が関係しているようです。小麦粉のでんぷんは、生のままでは水を含みにくい状態ですが、加熱されると結合している分子が切れて水を含みやすくなり、消化しやすい形に変化します。

小麦粉は水を加えて加熱処理するとでんぷんが糊化(こか)し、その結果消化が良くなり、食べやすくなります。逆にいうと加熱処理していない小麦粉は、消化されにくいので良くありません。

吐き気や嘔吐、ひどい腹痛や下痢などの症状を起こすこともあるため注意が必要です。また、ごくまれに生の小麦粉に食中毒菌が付着していて、生焼けの生地を食べると食中毒を起こす場合もあります。

小麦粉アレルギーにも注意しよう

生食による消化不良だけでなく、小麦粉アレルギーにも注意しましょう。小麦粉アレルギーの場合、生食に限らず症状が出ることが多いですが、腹痛や下痢のほかにもかゆみやじんましん、呼吸困難などの症状が出たときは小麦粉アレルギーの可能性があります。

小麦粉を生食したらどうなった?対処法は?

小麦粉の生食や、小麦粉を使った生地の生焼けを食べると消化不良を起こすことはわかりましたが実際になった人はいるのでしょうか。ここでは、小麦粉の生食や生焼けを食べたことがある人の体験談を交えて、小麦粉を生食したときの対処法を紹介します。

小麦粉を生食した人の体験談

小麦粉を生で食べたことがある人の体験談を見ると、消化不良や腹痛が起きることを知らずに食べていたケースがよく見られます。小麦粉を使った生地は、味付けされているので生のままでも美味しいと感じることがあり、つまみ食いをしている人も少なくありません。

また、小麦粉を使った生地は加熱に失敗すると生焼けになってしまいますが、生焼けに気づかずに食べてしまう場合もあります。生食しても体調を壊さなかったという人もいますが、下痢や腹痛を起こした体験談も多く見られます。

腹痛時間は個人差がありますが、中には翌日でも腹痛や下痢の症状に苦しむ人もいるので、小麦の子生食や生焼けには十分注意しましょう。

消化不良になったら休んで胃に優しい食品を食べよう

関連する記事

×