ケッパー(ケイパー)の代用品15選!ない時の代わりを口コミを元に紹介!

ケッパー(ケイパー)がなくて困ったという経験はありませんか?そこで今回は、ケッパーがない時の代用品・代わりの調味料15選を口コミとともに紹介します。また、ケッパーの代用品を使ったレシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ケッパー(ケイパー)がない時は?代用品はある?
  2. ケッパーは花の実を酢漬け・塩漬けにした食材
  3. ケッパーの代用品を選ぶポイント・コツ
  4. ケッパー(ケイパー)の代用品15選!
  5. 代用品①:オリーブ
  6. 代用品②:ピクルス
  7. 代用品③:らっきょうの甘酢漬け
  8. 代用品④:梅干し
  9. 代用品⑤:グリーンピース
  10. 代用品⑥:ハーブソルト
  11. 代用品⑦:チョロギ
  12. 代用品⑧:高菜漬け
  13. 代用品⑨:シソの実漬け
  14. 代用品⑩:ミョウガ漬け
  15. 代用品⑪:レモンと玉ねぎ
  16. 代用品⑫:山椒の酢漬け
  17. 代用品⑬:玉ねぎときゅうりと酢
  18. 代用品⑭:ナスタチウムのつぼみ漬け
  19. 代用品⑮:ぬか漬け
  20. ケッパー(ケイパー)の代用品を使ったレシピを紹介!
  21. ①サーモンのカルパッチョ
  22. ②ポテトサラダ
  23. ケッパーがなくても心配ない!

ケッパー(ケイパー)がない時は?代用品はある?

ケッパーはケイパーとも呼ばれる食材ですが、常備している家庭は少なく馴染みが薄いかもしれません。使用する料理も限られるため、代用品を覚えておくと便利でしょう。ここではケッパーとは何か、代用品を選ぶポイントを説明します。

ケッパーは花の実を酢漬け・塩漬けにした食材

ケッパーはフウチョウボク科の木のつぼみを、酢あるいは塩で漬けたものを指します。スモークサーモンのマリネなどに使われ、ほのかな甘味と酸味が特徴の調味料です。日本のスーパーに並んでいるケッパーのほとんどは酢漬けで、塩漬けは輸入食品店などで購入できます。

ケッパーの代用品を選ぶポイント・コツ

ケッパーが果たす役割には、以下の3つがあります。

・ケッパーの緑が料理に彩りをそえる
・酢や塩などの味わいを加える
・肉や魚の臭み消しになる効果がある


上記のようにケッパーは料理において様々な役割を担っているため、代用品を選ぶ際には求める味わいや効果に合わせて、適切にケッパーの代用品を選ぶのがポイントといえます。また、ケッパーの酢漬け、塩漬けのいずれの代わりかによっても代用品を使い分ける必要があるでしょう。求めるケッパーの特徴に合うものを探してください。

(*ケッパーとはどんな調味料かについて詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

ケイパーとは?どんな調味料?使い方や効果・効能〜代替品や賞味期限まで紹介!

ケッパー(ケイパー)の代用品15選!

ケッパーは酢漬けであっても塩漬けであっても、少量使うことで風味や食感を楽しめます。料理の彩りとして使われることも多く、必ずしも一緒に食べるとも限りません。ここではケッパーの代用品15種類について、代用する目的も合わせて紹介します。

代用品①:オリーブ

ケッパーの味わいの代用品としておすすめなのは、オリーブでほのかな苦味を感じる点がよく似ています。オリーブとケッパーは色合いも近いため、細かく刻んでから料理に加えると見た目も遜色なく仕上げられます。マヨネーズソースやタルタルソースに入れる際の代用品にピッタリです。

代用品②:ピクルス

ケッパーの酢漬けの味わいに近づけたいなら、ピクルスで代用するとよいでしょう。ピクルスはスーパーでも手に入りやすく、きゅうりを選べばケッパーと色合いもよく似ています。れんこんのピクルスを選べば、ケッパーの特徴的な食感に近づけることもできそうです。玉ねぎのピクルスも使いやすいので、ぜひ試してみてください。

(*ピクルスについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ピクルスとは?作り方や野菜のおすすめは?日持ち期間やアレンジレシピも紹介!

代用品③:らっきょうの甘酢漬け

関連する記事

×