純ココアをお湯だけで美味しく飲むには?作り方のコツや商品のおすすめも紹介!

純ココアをお湯だけでも美味しく飲むことはできるのでしょうか?牛乳で飲むよりカロリーオフでダイエット向きですね。今回は、純ココアをお湯だけで飲むダイエット的メリットや、美味しく飲める作り方・レシピのコツを紹介します。純ココアのお湯以外にもおすすめな飲み物も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 純ココアをお湯だけで美味しく飲める?まずい?
  2. 純ココアの効果は?お湯だけで飲むとよりダイエット向き?
  3. ①ダイエット効果が豊富でカロリーオフもできる
  4. ②安眠などリラックス効果
  5. ③アンチエイジング効果
  6. 純ココアをお湯だけで美味しく飲むには?作り方・レシピのコツはある?
  7. ①純ココアを多めに入れる
  8. ②純ココアをたくさん練る
  9. ③はちみつなど甘味料を足してみる
  10. 純ココアのお湯だけでも美味しく飲める商品5選
  11. ①純 ココアパウダー PREMIUM 500g (975円)
  12. ②バンホーテン ピュアココア 200g (700円)
  13. ③nichie 純ココア オランダ産 カカオ100% (990円)
  14. ④富永貿易 TOMINAGA ピュアココア 1kg (2,077円)
  15. ⑤純ココア(オランダ産有名ブランド使用)500g(1,518円)
  16. 純ココアをお湯だけで飲むのに飽きたら?牛乳以外でも美味しく飲める?
  17. ①コーヒーフレッシュを入れる
  18. ②クリープを入れる
  19. ③豆乳で割る
  20. ④スキムミルクで割る
  21. ⑤アーモンドミルクで割る
  22. 純ココアをお湯だけで飲んでみよう

純ココアをお湯だけで美味しく飲める?まずい?

ココアは甘くて太るイメージがあるものですが、砂糖や牛乳なしで純ココアを飲めばカロリーオフができます。しかしダイエット目的であっても甘味のない純ココアを飲んで、美味しいのかが気になるところです。ここでは、お湯だけを入れた純ココアの味について説明します。


純ココアのお湯だけで美味しい飲み方からチェックする

純ココアの効果は?お湯だけで飲むとよりダイエット向き?

純ココアにお湯だけを入れて飲もうと考えるのは、目的がある人も多いでしょう。砂糖や牛乳を入れずにカロリーオフすることで、ダイエット効果があれば実践する価値はありそうです。ここでは、お湯だけで作った純ココアを飲む効果について説明します。

①ダイエット効果が豊富でカロリーオフもできる

1杯あたり カロリー 糖質
純ココア+お湯 11kcal 1.7g
純ココア+牛乳 78kcal 6.6g

上記はココア1杯に対し、4gのパウダーに130ccの水分を加えた場合のカロリーと糖質を表しています。牛乳を加えた純ココアは大さじ2杯のお湯で練り、100ccの牛乳を加えた想定で計算した数値です。さらに純ココアをお湯だけで飲むと、以下のようにダイエット効果が期待できます。

・脂肪燃焼効果
・便秘解消効果
・食欲抑制効果

純ココアに含まれているカカオポリフェノールには血流を促進するに加え、善玉コレステロールを増殖させる働きがあるため基礎代謝を向上させます。そして純ココアに含まれているリグニンは不溶性食物繊維なので便の量を増やし、腸の蠕動運動を促してくれるのです。さらに純ココアに含まれるテオブロミンの働きで満腹中枢が刺激され、食欲抑制にもつながります。

②安眠などリラックス効果

純ココアをお湯だけで飲むとダイエットだけでなく、安眠などのリラックス効果もあります。これは前述したテオブロミンの働きによるもので、摂取することでセロトニンの分泌を促してくれるからです。セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれ、イライラを鎮め心を安定に導いてくれます。

③アンチエイジング効果

純ココアに含まれているカカオポリフェノールには、皮膚の角質の水分を維持してくれるので、肌荒れの改善によいといわれています。またカカオポリフェノールと亜鉛の相乗効果により、抗酸化作用もあるのです。そのためお湯だけで作った純ココアを飲むのは、アンチエイジング効果につながります。

純ココアをお湯だけで美味しく飲むには?作り方・レシピのコツはある?

ダイエット効果を期待してカロリーオフできる純ココアを飲もうと考えても、美味しくなければ続けるのは難しいものです。しかし美味しく作れる方法を知れば、試してみたくなるかもしれません。ここでは、純ココアをお湯だけで美味しく作る方法を説明します。

①純ココアを多めに入れる

お湯だけで純ココアを美味しく入れたい時には、パウダーを多めに入れることをおすすめします。ココア1杯を入れる際には純ココアをスプーンで1杯、4g程度を使うのが基本です。しかし味の好みに合わせて、純ココアの量を増やすのは問題ありません。

②純ココアをたくさん練る

関連する記事

×