夏みかん(甘夏)の保存方法・期間は?冷凍が一番?保存食レシピも紹介!

夏みかん(甘夏)の正しい保存方法・期間を知っていますか?今回は、夏みかんの保存方法・期間を〈冷凍・常温・冷蔵・カット済み・天日干し〉別に紹介します。夏みかんが腐ったときの見分け方や〈砂糖漬け・ピール・シロップなど〉大量消費できる保存食のレシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 夏みかん(甘夏)の正しい保存方法って?
  2. 夏みかんのカット後や長期保存したい場合は「冷凍保存」がおすすめ
  3. 手軽に夏みかんを保存したい場合は常温・冷蔵どちらでも問題ない
  4. 夏みかんを常温保存する方法・期間
  5. 夏みかんを冷蔵保存する方法・期間
  6. 夏みかんを冷凍保存する方法・期間
  7. 夏みかんは皮をむいて果肉だけで冷凍保存しよう
  8. 夏みかんを絞って果汁で冷凍保存する方法も
  9. 夏みかんの皮は冷凍せずに保存食にするのがおすすめ
  10. 冷凍した夏みかんの解凍方法・食べ方
  11. 夏みかんを天日干しで保存する方法も!
  12. 夏みかんが腐るとどうなる?
  13. 夏みかんを日持ちさせる保存食レシピ
  14. ①ピール
  15. ②シロップ
  16. ③砂糖漬け
  17. 夏みかんを正しく保存しよう

氷砂糖を使って夏みかんのシロップが簡単にできるので試してみてください。冷蔵庫での保存期間は1ヶ月程です。炭酸で割ったり、アイスクリームやヨーグルトにかけたり、紅茶にいれたりとバラエティー豊かに楽しめます。

果実のシロップ(夏みかん) by manger 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが359万品

③砂糖漬け

出典:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1410001048/?rtg=6eda011f6fd88de89df6159597f3d8d4

酸味の多い夏みかんの果実を砂糖漬けにして、冷蔵庫で保存するレシピを紹介します。そのまま食べると酸っぱすぎる夏みかんもひと手間加えることで美味しく変化します。出来上がった夏みかんの砂糖漬けは、ミントを飾ったり、ヨーグルトと一緒に食べたりと、暑い日やお風呂上りに最高のおやつです。残ったシロップは紅茶に入れて再利用することもできます。

酸っぱい柑橘類を美味しく消費♪みかんの砂糖漬け♪ レシピ・作り方 by はちわれ413|楽天レシピ

夏みかんを正しく保存しよう

甘酸っぱい香りが初夏の訪れを知らせる夏みかんですが、時期柄柑橘類は痛みが早く、腐りやすいものです。夏バテ防止効果も美肌効果もあるので、ビタミンたっぷりの夏みかんを正しく保存し、最後まで美味しく楽しみましょう。

関連する記事

×