とんかつの揚げ時間・温度のベストは?フライパンだと何分?揚げ方のコツも紹介!

とんかつの最適な揚げ時間は何分か知っていますか?今回は、フライパンなどでのとんかつ揚げ時間・温度や揚げ上がりの目安を、生焼けだった時の対処法とともに紹介します。とんかつの上手な揚げ方のコツやレシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. とんかつの揚げ時間は何分がベスト?
  2. とんかつの最適な揚げ時間・温度は?フライパンだと何分?
  3. 揚げ油の温度を確認しよう
  4. とんかつの揚げ時間は170〜180度で5分程度
  5. とんかつは二度揚げでさらに美味しく揚げる手も!
  6. とんかつの揚げ上がりの目安は?生焼けだったらどうする?
  7. 揚げ上がりの特徴①見た目
  8. 揚げ上がりの特徴②感触
  9. とんかつが生焼けだった場合は焼き直そう
  10. とんかつの上手な揚げ方のコツは?
  11. ①大きくて熱伝導率の高い鍋を選ぼう
  12. ②油の量はとんかつの2倍以上の深さ
  13. ③揚げる時は肉を一枚ずつ入れる
  14. ④再利用・使い回しの揚げ油は新しい油と一緒に使う
  15. とんかつを美味しく揚げるレシピを紹介!
  16. ①少ない油で作るとんかつ
  17. ②分厚い柔らかとんかつ
  18. ③低温で揚げるとんかつ
  19. とんかつの揚げ時間を意識してみよう!

とんかつの揚げ時間は何分がベスト?

自宅でとんかつを作った際にパン粉をまぶした衣が柔らかかったり、肉が固すぎたりと思うように仕上がらなかった経験がある人も多いでしょう。その理由はとんかつの揚げ方や、揚げ時間にある可能性があります。ここでは、とんかつの揚げ時間はどのくらいが適切なのかについて説明します。

とんかつの最適な揚げ時間・温度は?フライパンだと何分?

とんかつを揚げると一口に言っても、天ぷら油を使うのかフライパンを使うのかでは適した揚げ時間が変わります。しかしほどよくとんかつが揚がる時間を知っていれば、問題ありません。ここでは美味しいとんかつに仕上がる、最適な揚げ時間について説明します。

揚げ油の温度を確認しよう

とんかつを揚げる際には時間だけでなく油の温度も重要で、以下のように特徴が異なります。

・低温(160〜170度):菜箸を入れた際にユラユラとした小さな泡がゆっくりと上がってくる
・中温(170〜180度):菜箸を入れた際にシュワシュワとした小さな泡がすぐに上がってくる
・高温(180〜190度):菜箸を入れると大量の大きな泡が急に上がってくる


加熱した油に菜箸を入れた際の泡の上がり方が特徴的なので、油温計がなくても見極めやすいです。パン粉を落として確認する人もいますが、油が汚れるので菜箸で確認することをおすすめします。とんかつに適した油温については、次章で詳述します。

とんかつの揚げ時間は170〜180度で5分程度

とんかつの揚げ時間は170〜180度の中温で5分程度が基本です。とんかつを入れて2分を目安に片面を揚げ、下面のパン粉がきつね色になっていたら裏返します。さらに3分ほど揚げてとんかつの周囲から出ている泡が小さくなり、全体がきつね色になっていたら引き上げます。生焼けを心配する人も多いですが、油をきっている間に余熱が通るので問題ありません。

フライパンでとんかつを揚げ焼きにする際には、油が170℃程度になったらとんかつを入れて中火にします。適した油の量については後述しますが、片面を2分裏返して3分揚げるとの目安時間も油から引き上げて余熱を入れるのも変わりません。いずれの方法でも分厚いとんかつの場合はより時間がかかり、揚げすぎると衣も肉も硬くなるので注意が必要です。

とんかつは二度揚げでさらに美味しく揚げる手も!

とんかつは以下のように二度揚げすると、さらに美味しく揚がるのでおすすめです。

①とんかつを170℃の油で2分を目安に揚げて引き上げる
②油を180℃まで揚げてから、再び①を入れる
③30秒上げたら出来上がり


低めの温度で揚げている間に肉にゆっくりと日が通り、さらに高温で揚げることで肉がジューシーにパン粉がサクサクした仕上がりになります。二度揚げしたとんかつも油をきっている間に余熱が入るので、揚げたてを食べるのではなく、常温で休ませるようにしましょう。

とんかつの揚げ上がりの目安は?生焼けだったらどうする?

とんかつの油温や揚げ時間に気をつけていても、肉が厚すぎるなどの理由で生焼けになることはあります。その場合にどう対処したらよいのかも、気になるところです。ここでは、とんかつが生焼けだった場合の対処法を説明します。

揚げ上がりの特徴①見た目

出典:https://twitter.com/yaniel_farm/status/1317421828562845696?s=20

飲食店で提供されるとんかつを切って赤みがある場合は、SPF豚や無菌豚を使用していたり、火は通っているのにレアのように見えたりすることが理由なので食べても問題ありません。しかし自宅で揚げたとんかつの肉が赤い場合は、生焼けであると考えられます。

揚げ上がりの特徴②感触

とんかつを油から引き上げようとした時に、菜箸からバチバチとした振動を感じる場合は火が通っていると考えられます。しかし衣の色が変わっていても菜箸から刺激が感じられない時は、十分に火が通っていない可能性が高いです。また切った後に赤い肉を菜箸で押しても肉汁が出ない時も、生焼けと考えた方がよいでしょう。

とんかつが生焼けだった場合は焼き直そう

とんかつが生焼けだった時には、以下の方法で焼き直しましょう。

【電子レンジの場合】
①耐熱皿にとんかつ皿をのせる
②ラップをかけずに電子レンジに入れ、20秒加熱する
③火が通っているのかを確認する
④火が通っていない場合は、10~20秒再加熱する

【オーブントースターの場合】
①オーブントースターの皿にクッキングシートもしくはアルミホイルを敷く
②とんかつを重ならないように並べる
③3分ほど加熱する


上記の方法で加熱すると油で揚げ直すのと違って、肉が油を吸い込むことがありません。電子レンジで温める際にラップをかけると、衣が水分を含むので避けた方が無難です。またオーブントースターで再加熱する際にクッキングシートを使うと、カロリーカットにつながります。

とんかつの上手な揚げ方のコツは?

出典:https://twitter.com/CAMPFIREjp/status/1435166083909132289?s=20

とんかつをジューシーに美味しく揚げるためには油温と揚げ時間以外にも、注意すべきポイントがあります。油温と揚げ時間を守っても、上手に揚がらないケースもあるからです。ここでは覚えておいてほしい、とんかつを揚げる際の注意点を説明します。

①大きくて熱伝導率の高い鍋を選ぼう

とんかつを揚げる際には、以下のような大きくて熱伝導率の高い鍋を選びましょう。

・天ぷら鍋
・フライパン
・中華鍋


これは熱伝導率の高い鍋は蓄熱性が高く、とんかつを入れても油温が下がりにくいからです。熱伝導率が高い鍋にも色々な種類がありますが、蓄熱性が高く油の劣化が遅くなる銅製のものがおすすめです。銅製より安い鉄製のものでも、油を適温に保ちやすいので試してみましょう。

②油の量はとんかつの2倍以上の深さ

天ぷら油や中華鍋を使う場合は、油の量をとんかつの2倍以上の深さにすることも美味しく揚げるポイントです。フライパンでとんかつを揚げる際には、鍋底から2センチ程度入れるとよいでしょう。フライパンの場合はとんかつを揚げ焼きするので、油で隠れなくても問題ありません。

③揚げる時は肉を一枚ずつ入れる

ジューシーなとんかつを揚げたいと考えているなら、肉を一枚ずつ入れましょう。大きめの天ぷら鍋を使う際にとんかつを2枚入れる人もいるようですが、油温が下がる原因となるためきれいに揚がらないので避けた方が無難です。またとんかつを油に入れて、すぐには触らないことも大事です。油に入れた直後に触るとパン粉がはがれやすくなってしまいます。

④再利用・使い回しの揚げ油は新しい油と一緒に使う

揚げ物で使った油は2~4回ほど再利用できますが、使いまわす際には新しい油と一緒に使うのがおすすめです。使用済みの油は汚れており、時間の経過とともに酸化が進んでいます。新しい油を加えることで、衣に匂いや色がつきにくくなります。

とんかつを美味しく揚げるレシピを紹介!

油の処理が面倒あるいは揚げ物に苦手意識がある人でも、手間をかけずにとんかつを揚げる方法があります。少ない油や低温での調理方法を覚えておくと、自宅でも美味しく分厚いとんかつが楽しめそうです。ここでは、とんかつを美味しく揚げるレシピを紹介します。

①少ない油で作るとんかつ

出典:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1330000807/

とんかつ用の豚肉をまんべんなく包丁の背で叩いてから衣をつけ、少ない油で揚げ焼きにするレシピです。豚肉が半分浸かる程度の油だけでも、衣がサクサクで柔らかいとんかつに仕上がります。豚肉が厚めの時には、使用する油の量を多めにしましょう。

少ない油deやわらかとんかつ レシピ・作り方 by ばれりーなまま|楽天レシピ

②分厚い柔らかとんかつ

出典:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1360004175/

豚肉を肉たたきや包丁の峰で叩いてから、全体に十字に2~3mmの深さに筋切りして作るとんかつです。切れ目を入れることで火が通りやすくなるので、分厚くても柔らかい食感に仕上がります。

極厚☆柔らかとんかつ レシピ・作り方 by アボカドプリン|楽天レシピ

③低温で揚げるとんかつ

出典:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1400021132/

あらかじめ豚肉を3%の塩水につけてから衣をつけ、鍋に肉を入れてから油を注いで加熱するレシピです。弱火から中火で10分ほど温めてから100℃まで温度を上げて火を通し、一度取り出して180℃で二度揚げするときつね色に仕上がります。

低温でじっくり柔らかジューシートンカツ レシピ・作り方 by heartworktky|楽天レシピ

とんかつの揚げ時間を意識してみよう!

今回はフライパンなどでのとんかつ揚げ時間並びに温度や揚げ上がりの目安を、生焼けだった時の対処法とともに紹介しました。とんかつの油温や揚げ時間を意識すると、自宅でもジューシーで美味しいとんかつに仕上がるので、ぜひ試してみてください。

関連する記事