グリーンパプリカとは?ピーマンと味など違いは?緑のまま生で食べられるのかも紹介!

緑色のパプリカ「グリーンパプリカ」を知っていますか?赤など他の色のパプリカや緑ピーマンとの違いが気になりますよね。今回は、グリーンパプリカがそのまま生で食べられるかや味わいを口コミとともに紹介します。グリーンパプリカの栄養素や効果・効能、食べ方・レシピのおすすめも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. グリーンパプリカとは?ピーマンと違いある?
  2. グリーンパプリカは未熟な赤いパプリカ
  3. グリーンパプリカとピーマンの違い
  4. グリーンパプリカはそのまま生で食べられる?どんな味?
  5. グリーンパプリカは緑のまま食べてもOK
  6. グリーンパプリカの味わい
  7. ただしグリーンパプリカは他の色のパプリカに比べて腹痛が起こりやすい
  8. グリーンパプリカの栄養素や効果・効能は?
  9. グリーンパプリカの栄養素・効能
  10. ちなみに栄養価が1番高いのは赤いパプリカ
  11. グリーンパプリカのレシピ・食べ方を紹介!
  12. ①4色パプリカとキノコのマリネ
  13. ②カラフルパプリカとツナの炒め物
  14. ③モロッコ風豆野菜サラダ
  15. ④肉詰めグリーンパプリカ
  16. ⑤ベーコンとパプリカのパスタ
  17. グリーンパプリカを食べてみよう!

グリーンパプリカとは?ピーマンと違いある?

パプリカと言えば赤や黄色など、カラフルなイメージがありますが、グリーンパプリカという緑色のパプリカがあるのを知っていますか。ここではグリーンパプリカとはどのような野菜なのか、ピーマンとの違いはあるのかを解説します。

グリーンパプリカは未熟な赤いパプリカ

グリーンパプリカは、普通のパプリカと同じ丸みのある形をしています。グリーンパプリカは、普通のパプリカの成長初期段階にあたり、収穫せずに放置していると、熟すにつれて緑から赤へと色が変化していきます。つまりグリーンパプリカは、熟していない赤いパプリカなのです。

グリーンパプリカとピーマンの違い

グリーンパプリカとピーマンには、このような違いがあります。

・グリーンパプリカは、ピーマンよりも大きい
・グリーンパプリカはふっくらと丸みのある形をしていて、ピーマンは細長い
・グリーンパプリカは肉厚だが、ピーマンの皮は薄い
・グリーンパプリカにはピーマン程の苦みや青臭さはない


同じ緑色で見た目も似ているグリーンパプリカとピーマンは、どちらもナス科トウガラシ属の植物であり、パプリカの方が大型種です。ピーマンは明治時代にアメリカから日本へ伝わり、終戦後に一般家庭で普及するようになりました。一方パプリカは1993年、オランダからの輸入をきっかけにして、国内で普及するようになりました。

(*パプリカとピーマンの違いについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ピーマンとパプリカの見た目以外の違いは?味・栄養や調理法で比較して紹介!

グリーンパプリカはそのまま生で食べられる?どんな味?

赤色や黄色のパプリカはサラダなどに加えて生で食べることもありますが、グリーンパプリカは生でも食べられるのでしょうか。ここでは、グリーンパプリカの食べ方や味わいについて紹介します。

グリーンパプリカは緑のまま食べてもOK

熟していない緑のままのグリーンパプリカは、一見ピーマンのように苦みがありそうです。ピーマンは一般的に加熱調理して苦みを抑え、甘みを引き出しますが、パプリカはもともと甘味があるため生でも食べることができます。グリーンパプリカも同様に、生でもおいしく食べられるのが特徴です。

グリーンパプリカの味わい

グリーンパプリカは、このような味がします。

・バランスのよい甘味と酸味がある
・ほかの色のパプリカほど甘みはない


グリーンパプリカは、パプリカが熟す前の段階なので、赤色や黄色のパプリカより甘味は少なめで、苦みが若干感じられることもあります。しかしピーマン程のしっかりとした苦みではないので、ほろ苦さが料理のアクセントにもなります。

ただしグリーンパプリカは他の色のパプリカに比べて腹痛が起こりやすい

パプリカには食物繊維が豊富に含まれており、適量であれば腸を刺激してお腹の調子を整えてくれます。しかし食物繊維を過剰に摂取すると、腸を刺激し過ぎて下痢や腹痛を引き起こすことがあります。

特にグリーンパプリカは未熟果なので繊維が固く、熟している赤色や黄色のパプリカよりも消化不良を引き起こす可能性が高くなるので、食べすぎないようにしましょう。

グリーンパプリカの栄養素や効果・効能は?

グリーンパプリカにはどのような栄養素が含まれ、健康への効果をもたらすのでしょうか。ここでは、グリーンパプリカの栄養素や効能について解説します。

グリーンパプリカの栄養素・効能

グリーンパプリカには、主にこのような栄養素が含まれています。

・ビタミンC
・ビタミンE
・ベータカロテン


ビタミンCは肌のシミの原因となるメラニン色素の生成を抑え、美白効果が期待できる栄養素です。さらにビタミンE、ベータカロテンには抗酸化作用があります。体を酸化から守ってくれるため、老化防止や生活習慣病の予防に効果があります。

パプリカに含まれるビタミンCは熱に強く、加熱による損失はほとんどありません。ベータカロテンは油と一緒に摂取すると吸収率が高まるので、油で炒めることでビタミンCとベータカロテンを効率よく摂取できます。

ちなみに栄養価が1番高いのは赤いパプリカ

赤パプリカにはベータカロテンをはじめ、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、葉酸などの体に重要な栄養素が、他の色のパプリカよりも豊富に含まれています。

特に赤パプリカの赤い色素には、カプサンチンとリコピンが含まれています。カプサンチンは血行をよくして冷え性を改善する効果、リコピンは生活習慣病を改善し、肥満を予防する効果があります。

グリーンパプリカのレシピ・食べ方を紹介!

栄養価の高いグリーンパプリカを食べるのであれば、美味しく調理したいものです。ここではグリーンパプリカの彩りを活かした、美味しいレシピを紹介します。

①4色パプリカとキノコのマリネ

出典:https://cookpad.com/recipe/4194830

赤、黄、オレンジ、緑の4色のパプリカを使った、彩り豊かなマリネです。電子レンジで加熱することでパプリカの甘みがより引き出され、マリネ液のなじみもよくなります。

レンジで☆4色パプリカとキノコのマリネ☆ by hiroakko46 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが361万品

②カラフルパプリカとツナの炒め物

出典:https://cookpad.com/recipe/4262065

細切りのパプリカとツナの缶詰を炒め合わせた、シンプルなレシピです。レシピでは珍しいストライプパプリカを使っていますが、普通の赤色や黄色のパプリカで作ってもかまいません。あと一品ほしい時にささっと作ると、食卓に彩りを添えることができます。

カラフルパプリカとツナの炒め物 by liqueur☆ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが361万品

③モロッコ風豆野菜サラダ

出典:https://cookpad.com/recipe/3126653

生のグリーンパプリカを小さく切って、豆や他の野菜と一緒にそのまま調味料で和えたサラダです。レシピではモロッコ風ミックススパイスを使用してエキゾチックなサラダにしていますが、普通のミックススパイスでも作ることができます。

モロッコ風ミックススパイスで豆野菜サラダ by ルロワ・モワ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが361万品

④肉詰めグリーンパプリカ

出典:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1620026101/

ピーマンを使ってよく作られる肉詰めは、グリーンパプリカでも美味しく作ることができます。ピーマンよりも肉厚のグリーンパプリカを使うことで、より食べ応えのある仕上がりになります。

簡単☆おいしい☆肉詰めグリーンパプリカ レシピ・作り方 by Kayanezumi327|楽天レシピ

⑤ベーコンとパプリカのパスタ

出典:https://cookpad.com/recipe/6446879

オレンジの皮と果汁を加えて、オレンジの風味が感じられるパスタのレシピです。炒めて、塩気のあるベーコンと合わせることで、パプリカの甘味がさらに引き立ちます。グリーンパプリカが加わることで、さらに彩りもよくなります。

オレンジ風味のベーコン・パプリカパスタ by かなッペ☆ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが361万品

グリーンパプリカを食べてみよう!

グリーンパプリカは赤いパプリカが熟す前の段階なので、ピーマンとは異なり甘みがあり、栄養価の高い野菜です。生でも加熱してもおいしく食べられるので、今回紹介したレシピを参考に、彩りよいグリーンパプリカの料理を作ってみてください。

関連する記事