のし餅の切り方|切るタイミングやくっつかないコツは?食べ方・保存法も紹介!

のし餅の切り方を知っていますか?切るタイミングはいつがベストでしょうか?今回は、のし餅の包丁を使った切り方のコツ・くっつかない方法を、〈柔らかい・硬い〉場合で〈ハサミ・ピザカッター〉などでの簡単な切り方とともに紹介します。のし餅を切った後の保存方法や硬い時の美味しい食べ方・レシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. のし餅の切り方って?切るタイミングはいつがベスト?
  2. のし餅を切るタイミングは翌日がベスト
  3. 冷凍のし餅は解凍したタイミングで切る
  4. のし餅の包丁での切り方のコツは?
  5. ①まっすぐ下に押して切る
  6. ②縦向きで切る
  7. ③糸などガイドを使う
  8. ④のし餅袋を使う
  9. のし餅を切るときに包丁にくっつかない方法は?
  10. ①包丁を温める
  11. ②事前に大根を切る
  12. ③もちとり粉を使用する
  13. のし餅の包丁以外で簡単な切り方も紹介!
  14. ①柔らかい場合:ハサミで切る
  15. ②硬くなった場合:手で折る・ふやかす
  16. ③ピザカッターを使う手も
  17. のし餅を切った後の保存方法・期間は?
  18. 切ったのし餅は「冷凍保存」がおすすめ
  19. のし餅が硬い時の美味しい食べ方・レシピも紹介!
  20. ①揚げ餅
  21. ②餅ピザ
  22. ③モッフル
  23. ④おしるこ
  24. のし餅の切り方をマスターしよう

のし餅の切り方って?切るタイミングはいつがベスト?

お正月が近くなるとスーパーなどでは板状ののし餅を見かける機会が増えますが、のし餅の切り方や切るタイミングが分からずに購入をためらう人もいるかもしれません。ここではまず、のし餅を切るタイミングについて解説します。

のし餅を切るタイミングは翌日がベスト

のし餅はつきたてのお餅を板状に薄くのばしたものですが、つきたての状態では水分が多くて柔らかすぎて切れないので、切るタイミングは以下の状態になった翌日がベストです。

・表面が乾燥している
・固まりきっていない
・押した時に数mm程度へこむ

のし餅は柔らかすぎても固すぎても切れないので、表面の水分が乾燥していて内部は半乾き程度になっているタイミングで切るのがコツです。自宅でついた餅の場合は日の当たらない寒い場所で、常温で半日から1日程度保管しておくと上記のような切りやすい状態になります。

なお、のし餅は切らずにそのまま冷凍することもできますが、切る際に解凍が必要かどうかは次の項で説明するので参考にしてください。

冷凍のし餅は解凍したタイミングで切る

販売店によっては冷凍保存したのし餅を売っていることがありますが、その場合は常温で解凍してから切るのが切り方のコツです。凍った状態で無理に切ろうとすると包丁が滑って思わぬ怪我を招いてしまうこともあるので注意しましょう。ただし、解凍してから切る際は完全に解凍はせずに、包丁が通る程度の固さにまで解凍して切るようにしてください。

のし餅の包丁での切り方のコツは?

のし餅を包丁できれいに切るためにはいくつかの切り方のコツがあります。そこでここでは、のし餅の包丁での切り方のコツを紹介するのでぜひ試してみてください。

①まっすぐ下に押して切る

のし餅を切る際に大切なコツの1つが、のし餅の上に包丁を置いたら、包丁に体重をかけてまっすぐ下に押して切ることです。包丁を前後に動かした方が切れやすいように思うかもしれませんが、のし餅でその切り方をすると断面や形が汚くなってしまうので注意しましょう。

なお、のし餅の中にはビニールパックに入った状態で売られているものがありますが、その場合はビニールパックに入ったまま切った後にビニールを剥がしましょう。ほか、のし餅を切る際は包丁に当たっている手に力を入れ続けることで痛くなることがありますが、その場合は鍋つかみやタオルなどを包丁の背に当てることをおすすめします。

②縦向きで切る

のし餅は長方形の形をしていますが、切る部分の長さが短い方が簡単に切れるので、縦向きにしてから切るのがおすすめです。体の前に縦向きの状態でのし餅を置いたら、それに対して横向きに包丁を持って切るようにすると簡単に切れるでしょう。

③糸などガイドを使う

保存上の理由などでのし餅をまっすぐなきれいな状態で切り分けたいのであれば、糸などのガイドを使うと簡単です。その際は、のし餅の切る幅を決めたらそのライン上に糸を乗せ、糸の端はテープなどを活用してまな板に貼り付けておきます。その後、そのラインに沿って包丁でのし餅を切っていけば、予定通りの大きさののし餅に切り分けられるでしょう。

④のし餅袋を使う


*購入サイト|楽天市場*
のし餅袋 つきあがり1升用(お米の段階は約7.5合) 5枚入

自宅でのし餅を作るのであれば、市販ののし餅袋を活用するのもおすすめです。のし餅袋にはあらかじめ切る目安となるラインが入っているため、前述した糸などを使わなくても簡単にサイズを揃えて切り分けることができます。

のし餅を切るときに包丁にくっつかない方法は?

ここまでのし餅の切り方を紹介しましたが、のし餅は切る際に包丁にくっついてしまい、作業が難航することがあります。そこでここからは、のし餅を切るときに包丁にくっつかない方法を紹介するので、くっついてしまって困っている場合はぜひ試してみてください。

①包丁を温める

のし餅を切る際は、包丁をあらかじめ熱湯に数十秒間浸けて温めておくと簡単に切りやすくなります。ただし、その際に濡れたままの状態でのし餅を切ってしまうとカビが生える原因になるので、しっかりと包丁の水分を拭き取っておくことが大切です。

②事前に大根を切る

のし餅を切る際には、事前に包丁で大根を切っておくと簡単に切りやすくなります。これは大根に含まれる水分とアミラーゼと呼ばれるデンプンを分解する酵素の作用によるもので、これらの働きによって餅が柔らかくなることで切りやすくなるのです。

また、前述した包丁を温める方法の場合は包丁の水分に注意する必要がありましたが、こちらの方法の場合は大根の水分が付いても気にする必要はありません。

③もちとり粉を使用する

のし餅が包丁にくっつかないようにするためには、もちとり粉を活用するのもおすすめの方法です。もちとり粉とは米粉のことで、その名の通り餅を扱う際に手や臼に餅がつかないようにするために用いられてきました。

現在ではもちとり粉として米粉以外に片栗粉やコーンスターチなどが使われることもあるので、家庭にある片栗粉などをふりかけながらのし餅を切ると、包丁にくっつきません。ただし、同じ粉類でも小麦粉は水分を吸収して粘り気が出てしまうので、片栗粉などと間違えないように注意しましょう。

(*もちとり粉について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

餅とり粉とは?成分・原料は片栗粉などと違う?使い道や活用レシピのおすすめも紹介!

のし餅の包丁以外で簡単な切り方も紹介!

のし餅は包丁で切るのが一般的ですが、実は包丁が無くてもできる切り方がいくつかあります。ここからはのし餅の包丁以外で簡単な切り方も紹介するので、包丁だと手が痛くなってしまう場合などにもぜひ活用してみてください。

①柔らかい場合:ハサミで切る

のし餅は、柔らかい状態であればハサミを使って切ることができます。ハサミを使えば包丁のように手が痛くなることもなく、また切りたい大きさに簡単に切り分けることができて便利です。なお、ハサミは工作用のハサミではなくキッチン用のハサミを使うのが基本で、包丁で切る場合に比べて水分が多い段階で切り分ける必要があることに注意してください。

②硬くなった場合:手で折る・ふやかす

のし餅が硬くなってしまった場合には、逆にその硬い状態を利用して手で折るようにして切り分けることができます。その際は上の動画で実践しているようにカッターであらかじめ切り目を入れ、それに沿って折るようにしましょう。ただし、この方法は包丁で切った場合に比べて断面が凸凹になるのがデメリットです。

ほかにも、硬くなってしまったのし餅はふやかすことでも切れるようになります。ふやかす際はお湯で濡らしたタオルでのし餅を包むか、霧吹きに入れた日本酒を吹きかけて、いずれも1時間程度置いておけば切れる程度の柔らかさになるでしょう。

③ピザカッターを使う手も

一風変わった切り方としては、ピザカッターを活用する切り方も簡単でおすすめです。ピザカッターを活用する場合はのし餅の上にピザカッターを滑らせるようにして、切りたいラインに沿って切るだけです。ピザカッターは100均などでも手に入れることができるので、のし餅を切るのに苦労している場合は用意しておくのも良いでしょう。

のし餅を切った後の保存方法・期間は?

のし餅を切った後は、保存方法に注意しないとカビなどが発生することがあるので注意が必要です。そこでここではのし餅を切った後の保存方法・期間について解説します。

切ったのし餅は「冷凍保存」がおすすめ

切ったのし餅は、長持ちさせたいなら冷凍保存がおすすめですが、冷蔵でも保存は可能です。冷蔵保存・冷凍保存それぞれの保存の際のポイントは以下の通りです。

【冷蔵保存】
・数日以内に食べ切る
・ラップにくるんでからフリーザーバッグに入れる
・わさびを一緒に入れておく

【冷凍保存】
・片栗粉をまぶしておく
・ラップにくるんでからフリーザーバッグに入れる

のし餅は冷蔵保存では数日程度しか日持ちしないので、すぐに食べ切る予定がないのであれば冷凍保存しましょう。なお、冷蔵保存・冷凍保存いずれの場合も餅を1つずつラップにくるんでからフリーザーバッグに入れ、空気に触れないようにするのがコツです。

ただし、冷蔵保存の場合はわさびをフリーザーバッグの中に入れておくと1~2週間まで保存期間を延ばすことができます。ほか、冷凍保存の際は片栗粉を表面にふりかけてから冷凍することが大切で、片栗粉をかけておかないと水分で餅同士がくっついてしまいます。片栗粉を振りかけておけば余分な水分を吸収してくれるので、忘れないようにしましょう。

なお、片栗粉が無い場合はコーンスターチでも代用可能ですが、小麦粉は代用にならないので注意してください。冷凍保存した場合の保存期間は数ヶ月〜半年にまで長くなるので、お正月についた餅も長く楽しめるのがメリットです。

(*餅の保存方法について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

餅の保存方法・期間は?つきたてでもOK?冷蔵・冷凍でカビ防止&長持ちのコツを解説!

のし餅が硬い時の美味しい食べ方・レシピも紹介!

のし餅を切るのを忘れてしまった場合などには、硬くなったのし餅をどのように食べればよいか悩むこともあるかもしれません。ここではそのような時に役立つ美味しい食べ方・レシピを紹介します。

①揚げ餅

出典:https://cookpad.com/recipe/4801746

硬くなってしまったのし餅は、細かく割ってから揚げれば美味しい揚げ餅になります。揚げることでサクサクとした食感になり、子供のおやつにもぴったりです。

固くなったお餅で揚げ餅2種♪ by POP屋さん 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが363万品

②餅ピザ

出典:https://cookpad.com/recipe/6073055

硬くなってしまったのし餅を柔らかくして食べたいのであれば、こちらの餅ピザがおすすめです。硬くなった餅に水分を加えて加熱することで柔らかくなり、軽食やランチにも役立つ一品となります。

☆簡単!固くなった餅で♪餅ピザ☆ by yuu*maman♪ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが363万品

③モッフル

出典:https://cookpad.com/recipe/4229124

ワッフルメーカーが自宅にある場合は、硬くなったのし餅を活用してモッフルを作ってみるのもおすすめです。硬くなった餅はあらかじめ電子レンジで加熱して少し柔らかくしておくのがポイントで、きな粉やあんこをかけて食べると美味しいでしょう。

お餅の消費に♪モッフル by みゆwmoco 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが363万品

④おしるこ

出典:https://cookpad.com/recipe/6496756

硬くなってしまったのし餅は、あんこがあれば簡単におしるこにもリメイクできます。作り方はあんこと餅を容器に入れたら電子レンジで加熱するだけと簡単なので、ぜひ作ってみてください。

ほっこり♡レンジで簡単おしるこ by Reona★ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが363万品

のし餅の切り方をマスターしよう

のし餅の切り方や切るときに包丁にくっつかない方法、硬くなったのし餅の活用レシピなどを紹介しました。のし餅はコツさえ理解しておけば簡単に切ることができます。紹介した切り方などを参考に、のし餅の上手な切り方をマスターしてみてください。

関連する記事