オリゴ糖と蜂蜜の違いは?ダイエットなど目的別にどっちが良いか紹介!

オリゴ糖と蜂蜜の違いを知っていますか?今回は、オリゴ糖と蜂蜜の違いを〈甘さ・カロリー・効果〉など比較して紹介します。〈ダイエット・血糖値を上げない〉など目的別に、オリゴ糖と蜂蜜どっちを使うべきかや、おすすめ商品も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. オリゴ糖と蜂蜜の違いを知りたい…
  2. オリゴ糖とは?どんな甘味料?
  3. オリゴ糖は3つ以上の糖が結びついた糖類
  4. オリゴ糖の味わい
  5. オリゴ糖の使い道
  6. オリゴ糖と蜂蜜の違いを比較!
  7. ①原料
  8. ②甘さ
  9. ③カロリー・糖質
  10. ④効果・効能
  11. ⑤デメリット
  12. オリゴ糖と蜂蜜は結局どっちがおすすめ?ダイエット向きなのは?
  13. ①オリゴ糖が向いている人
  14. ②蜂蜜が向いている人
  15. オリゴ糖と蜂蜜のおすすめ商品を紹介!
  16. オリゴ糖のおすすめ|オリゴのおかげ
  17. 蜂蜜のおすすめ|かの蜂 国産百花蜂蜜
  18. オリゴ糖とはちみつを混ぜた「蜂密入りオリゴ糖」を使うのもおすすめ
  19. オリゴ糖と蜂蜜の違いを押さえよう

オリゴ糖と蜂蜜の違いを知りたい…

オリゴ糖と蜂蜜は、どちらも砂糖の代わりに用いられることが多い甘味料です。蜂蜜とオリゴ糖の見た目は色で違いが分かりますが、その成分や甘み、カロリーにはどのような違いがあるのか知らない方も多いでしょう。今回は、蜂蜜とオリゴ糖の詳しい違いについて紹介します。

オリゴ糖とは?どんな甘味料?

近年、女性を中心に砂糖よりも健康的な甘味料として人気のオリゴ糖ですが、どんな原料から作られているのか知らない人も多いでしょう。また、オリゴ糖の具体的な健康への効果にはどのようなものがあるのかについても、合わせて紹介するので参考にしてみてください。

オリゴ糖は3つ以上の糖が結びついた糖類

オリゴ糖とは、単糖が3つ以上結びついた糖類のことを指します。オリゴ糖は種類が豊富で、健康のためにオリゴ糖を摂取するのであれば、消化されずに腸に到達する難消化性オリゴ糖がおすすめです。難消化性オリゴ糖には、ガラクトオリゴ糖やフラクトオリゴ糖といった市販されているものも多く、近年では手軽に入手しやすくなっています。

オリゴ糖の味わい

オリゴ糖の味わいは通常の砂糖と比較すると、甘みが少なくあっさりとしています。そのため、甘みが足りないと感じる人も多く、ついつい使い過ぎてしまう人も多いので注意が必要です。健康にも良く、カロリーも低いですが適量を心掛けるようにしましょう。

オリゴ糖の使い道

オリゴ糖の甘みを生かした使い道は、以下の通りです。

・珈琲や紅茶に加えて飲む
・無糖のヨーグルトにかける
・卵焼きや炒め物などの調味料として使う


オリゴ糖は熱を加える料理にも使用することができますが、商品によっては長時間の加熱によって成分が分解されてしまうこともあるので、熱を加える料理に使用する際には注意が必要です。特におすすめの使い道は、ヨーグルトにかける方法が挙げられます。

オリゴ糖にはヨーグルトに含まれるビフィズス菌の効果を高める働きがあり、善玉菌の活性化を促し、腸内環境をよくするでしょう。

オリゴ糖と蜂蜜の違いを比較!

オリゴ糖は甘さが薄い一方で、腸内環境に効果的な成分や働きを持つことがわかりましたが、蜂蜜と比較するとどのような違いがあるのでしょうか。ここでは、オリゴ糖と蜂蜜それぞれの効果や成分を比較し、その違いを紹介します。

①原料

オリゴ糖の種類ごとの原料は、以下の通りです。

・フラクトオリゴ糖の原料:ショ糖
・ガラクトオリゴ糖の原料:乳糖
・イソマルトオリゴ糖の原料:デンプン
・大豆オリゴ糖の原料:大豆
・乳糖果糖オリゴ糖の原料:ラクトスクロース
・キシロオリゴ糖の原料:コーンコブ

難消化性オリゴ糖として有名なフラクトオリゴ糖の原料の原料であるショ糖は、主に砂糖のことを指します。ガラクトオリゴ糖の原料である乳糖と比べて、砂糖が原料のオリゴ糖は甘みが強く感じられるのが特徴です。乳糖は、比較的甘さが少なく、食材にかけても味に大きく影響しません。

②甘さ

オリゴ糖と蜂蜜の甘みを比べると、蜂蜜の方がオリゴ糖に比べて非常に甘みが強く感じられます。そのため蜂蜜でオリゴ糖の代用をする際には、同量入れると甘みが濃くなってしまうので、少量ずつ加えていくようにすると良いでしょう。

③カロリー・糖質

関連する記事

×