エリンギの賞味期限はいつまで?カビ・匂いなど劣化の見分け方や日持ちさせる保存法も紹介!

【管理栄養士監修】エリンギの賞味期限はいつまでか知っていますか?今回は、エリンギの賞味期限を〈冷蔵庫・冷凍・乾燥〉など保存法別に比較し、賞味期限切れ・腐った時の見分け方も紹介します。エリンギの賞味期限を伸ばす保存方法や、新鮮なエリンギの特徴も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 住吉彩
Ameba メルマガ Instagram
管理栄養士、野菜ソムリエプロ。 病院で1000人以上の食事指導、栄養管理を経験。現在は”食のチカラで、心も身体も健幸美人で溢れる社会を作りたい!”...
Ameba メルマガ Instagram
管理栄養士、野菜ソムリエプロ。 病院で1000人以上の食事指導、栄養管理を経験。現在は”食のチカラで、心も身体も健幸美人で溢れる社会を作りたい!”という思いから独立し、講座を主宰したり、講演、執筆、監修などを行っている。趣味は家庭菜園。万年ダイエッターを卒業するためのポイントをまとめたメルマガも配信中。

目次

  1. エリンギの賞味期限はいつまで…?
  2. 賞味期限の定義
  3. 常温での保存はNG
  4. エリンギの賞味期限の目安①冷蔵庫で保存
  5. ①カットして保存する方法・期間
  6. ②1本丸ごと保存する方法・期間
  7. エリンギの賞味期限の目安②冷凍保存
  8. 保存方法と賞味期限の目安
  9. 解凍方法
  10. エリンギの賞味期限の目安③乾燥させて保存
  11. 保存方法と賞味期限の目安
  12. エリンギの賞味期限が切れた時の見分け方は?
  13. ①見た目
  14. ②匂い
  15. ③味
  16. エリンギの賞味期限切れか心配な場合とは?
  17. ①白いカビのようなが糸が付着している
  18. エリンギの賞味期限を伸ばすポイントは?
  19. ①水で洗わない
  20. ②パックから取り出して新聞紙で包む
  21. エリンギの新鮮な場合の特徴とは?
  22. ①エリンギのカサ・軸での見分け方
  23. ②エリンギの色での見分け方
  24. ③その他
  25. エリンギの賞味期限に注意しよう
エリンギが腐るとどうなる?見分け方は?臭い・見た目・味など特徴を紹介!

エリンギの賞味期限切れか心配な場合とは?

エリンギの腐っている特徴として白カビが周りについていることを挙げましたが、腐っていなくても白い細い糸が付いているエリンギもあります。この2つの見分け方について紹介します。

①白いカビのようなが糸が付着している

エリンギを冷蔵保存していると、周りに細い白い糸のようなものがフワフワとまとわりついている場合があります。これは白カビではなく、「気中菌糸」と呼ばれるもので洗い流せば問題なく食べられます。完全に白いカビが全体を覆っていて、洗ってもぬめりが取れない場合は白カビの可能性が高いので食べないようにしましょう。

エリンギの賞味期限を伸ばすポイントは?

エリンギの賞味期限は冷蔵保存だと長くて1週間と、決して長期保存できる食材ではありません。しかし、エリンギは保存方法によって保存できる期間が変わります。どの保存方法でもできるだけ、賞味期限を延ばすポイントを紹介します。

①水で洗わない

エリンギを保存する際、汚れやぬめりを取るために水洗いすると、残った水分が原因で腐敗が早く進み、日持ちしなくなってしまいます。また、水で洗い流すとエリンギの旨味も一緒に流れ落ち、調理後も水っぽく仕上がってしまうため、水で洗ってから保存するのは控えましょう。ぬめりや汚れが気になる場合は、キッチンペーパーなどでふき取るようにしてください。

(*エリンギの水洗いについて詳しく知りたい方はこちらの記事も読んでみてください。)

エリンギは洗う?洗わない?必要性がある場合とは?味落ちしにくい洗い方も紹介!

②パックから取り出して新聞紙で包む

冷蔵で保存する場合はパックのまま保存するのではなく、パックから取り出して新聞紙やキッチンペーパーに包んで保存します。さらに、ジッパー付きの保存用袋に入れると、新聞紙が余分な水分を吸収するだけでなく、空気に触れるのを防ぐため保存期間の延長につながります。

エリンギの新鮮な場合の特徴とは?

スーパーに並んだエリンギは形も大きさも様々なので迷いますが、より新鮮なものを選ぶコツがあります。ぜひ、エリンギを購入する際は参考にしてみてください。

①エリンギのカサ・軸での見分け方

新鮮なエリンギのカサ・軸での見分け方を紹介します。

・カサが内側に丸まっていて開きすぎていない
・軸が太くて、弾力がある


エリンギのカサが開きすぎているものは、成長しすぎて味が落ちている場合が多いです。まだ収穫して日数が経っていないエリンギは、カサが内側にしっかり巻かれているので、そちらを選びましょう。また、軸も太くて弾力のあるものの方は味が良く新鮮な証拠です。

関連する記事