ライムの保存方法・日持ちは?冷凍が一番?まるごと・カットなど別に紹介!

ライムの正しい保存方法を知っていますか?冷凍・冷蔵どっちがいいのでしょうか?今回は、ライムの保存方法や日持ち期間を〈冷凍・冷蔵〉別に、〈まるごと・カットライム・果汁〉の場合も含め紹介します。賞味期限が切れた時の見分け方や大量消費ができる保存食レシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ライムの保存方法は?冷凍が一番?
  2. ライムの常温より冷蔵保存がおすすめ
  3. カットライムや長期保存の場合は冷凍しよう
  4. ライムの冷凍での保存方法・日持ち期間は?まるごとでもOK?
  5. ①ライムをまるごと冷凍保存する場合
  6. ②カットライムを冷凍保存する場合
  7. ③ライム果汁のみ冷凍保存する場合
  8. ライムの冷蔵庫での保存方法・日持ち期間は?
  9. ①ライムをまるごと冷蔵保存する場合
  10. ②カットライムを冷蔵保存する場合
  11. ライムの賞味期限が切れて傷む・腐るとどうなる?
  12. 傷んだライムの特徴・見分け方
  13. ライムを保存食にするのもあり!大量消費できるレシピも紹介!
  14. ①色々な料理に使えるライムのはちみつ漬け
  15. ②まるごと果皮も入れるライムのマーマレード
  16. ③爽やかな風味が際立つライムのドレッシング
  17. ライムを正しく保存しよう

ライムの保存方法は?冷凍が一番?

ライムはみかんと同じ柑橘類ですが、口にする頻度が少ないため、家庭での正しい保存方法を知る人は多くありません。ライムを長く日持ちさせるには冷凍が良いのでしょうか。ここではライムのおすすめする保存方法や、カットライムや長期保存に向く保存方法を解説します。

ライムの常温より冷蔵保存がおすすめ

ライムは常温よりも冷蔵保存した方が長く日持ちします。ライムに限らず果物は常温でも保存できますが、冷蔵庫に入れる方が温度が変わりにくく保存に適しているためです。なお、冷蔵庫に入らない場合は湿気が少なく、直射日光が当たらない冷暗所に置くようにしましょう。

カットライムや長期保存の場合は冷凍しよう

カットライムやライムを長く保存したいときは冷凍しましょう。低温に強い細菌でも冷凍庫のマイナス10℃以下の環境ではほぼ活動できず、ライムの果汁が凍って細菌が使う水分が減るので、ライムの腐敗を抑えるのに効果的です。さらに低温であれば酸化や乾燥が進みにくく、ライムの代謝も抑えられるので、日持ちしにくいカットライムでも長く保存できます。

ライムの冷凍での保存方法・日持ち期間は?まるごとでもOK?

カットライムやライムを長く保存する場合は冷凍が適していますが、具体的な方法と日持ち期間を把握することが大切です。ここではライムをまるごと保存する場合も含め、ライムを冷凍保存する方法を詳しく解説します。

①ライムをまるごと冷凍保存する場合

ライムをまるごと冷凍する場合は、以下の手順で1〜3ヶ月ほど保存できます。

①ライムを水で洗って水分を拭き取る
②ライムを保存袋に入れる


ライムはまるごと冷凍する前に水で洗い、冷凍時に霜がつかないように、しっかり水分を拭き取ってから密閉して保存袋に入れましょう。解凍するときは冷蔵庫か冷暗所に置いて自然解凍する方法が一般的ですが、冷凍したまま飲み物に付け合わせたり料理に漬け込んだりもできます。

②カットライムを冷凍保存する場合

カットライムを冷凍するときは、以下の方法で約1〜3ヶ月保存することが可能です。

①ライムを1切れずつラップで密閉する
②包んだライムを保存袋にまとめて入れる


ライムは1切れずつ小分けにすると、使う分だけ取り出せるので長く日持ちします。なお、ライムをカクテル用に添える場合は水で洗って水気を切り、2〜5ミリの厚さを目安にカットしましょう。まるごと冷凍したときと同じくカットライムも自然解凍するだけで使えますが、冷凍したカットライムは凍った状態でカクテルに添えたり、氷代わりに使ったりもできます。

③ライム果汁のみ冷凍保存する場合

ライムの果汁のみを冷凍する場合は、以下の手順で1〜3ヶ月ほど保存できます。

①ライムを水で洗って水分を拭き取る
②ライムを横半分に切り、4〜8等分の大きさに切り分けて搾る
③製氷皿に入れる


ライムを搾るときはワックス不使用のライムを用意し、ライムの強い酸から肌を守るために手袋をつけましょう。ライムは横半分に切って皮目を製氷皿に向けると香りの成分を抽出できる上に、ライムの薄皮が邪魔にならず果汁を多く絞り取れます。ライム果汁は冷凍したままカクテルに使えますが、料理に使う場合は常温か冷蔵庫に入れ、自然解凍してから使いましょう。

ライムの冷蔵庫での保存方法・日持ち期間は?

ライムは果汁やまるごとの状態でも簡単に冷凍できますが、冷蔵庫でも保存できるのでしょうか。ここではライムを冷蔵庫で保存する場合の具体的な方法と合わせ、日持ち期間も詳しく解説します。

①ライムをまるごと冷蔵保存する場合

ライムは以下の方法で1ヶ月程度まるごと保存できます。

①キッチンペーパーで1個ずつライムを包装する
②保存袋に入れる


ライムをまるごと冷蔵保存する場合は、1個ずつキッチンペーパーで包んで乾燥を防ぐことが大切です。さらに保存袋は黒い袋に入れて光を遮断すると、ライムの追熟をある程度抑えられるので、ライムの新鮮な状態を長く維持できます。

②カットライムを冷蔵保存する場合

カットライムを冷蔵保存する場合は、以下のように冷凍庫に入れるときと同じ方法で保存できます。

①ライムを1切れずつラップで密閉する
②包んだライムを保存袋にまとめて入れる


カットライムはラップで密閉していても、空気に触れて酸化しやすいので、冷蔵した場合は3〜10日ほどが保存できる目安です。また、カットライムは冷蔵庫内でもなるべく温度変化が少なく、密閉されている野菜室などに入れるようにしましょう。

ライムの賞味期限が切れて傷む・腐るとどうなる?

ライムは冷凍や冷蔵で保存できますが、長い間保存しているとライムが傷んだり腐ったりすることも珍しくありません。ここでは賞味期限が切れ、傷んだライムの特徴と見分け方を詳しく解説します。

傷んだライムの特徴・見分け方

保存したライムが傷むと、以下の特徴が現れるようになります。

・皮の断面が変色している
・果肉が溶けて白い果汁が溢れている
・カビや腐敗した臭いがする


皮が厚いライムは傷んでいるか特徴が出にくいので、見分けるときはカットをしてみましょう。ライムは傷むと断面が茶色に変わり、溶けた果肉から白い果汁が溢れて粘り気が出ます。また、独特のカビや苔に似た腐敗臭がするようになります。

ライムを保存食にするのもあり!大量消費できるレシピも紹介!

ライムはドリンクに付け合わせることが多いですが、保存食にしてそのまま食べたり、色々なレシピに使ったりできるので、覚えておくと便利です。ここではライムを大量消費できるレシピを3つ紹介します。

①色々な料理に使えるライムのはちみつ漬け

出典:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1050012591/

カットしたライムにはちみつを付け合わせて1〜3日漬け込むだけで、シャーベットやマリネなどに使えるライムのはちみつ漬けを簡単に作れます。はちみつの量を変えるだけで甘味を調整しやすい所もメリットです。

ライム☆蜂蜜漬け レシピ・作り方 by かえるかえる38|楽天レシピ

②まるごと果皮も入れるライムのマーマレード

出典:https://cookpad.com/recipe/4219131

ライムの果皮をまるごと使ったレシピで、苦味のあるライム本来の味わいを楽しめるマーマレードです。冷蔵庫で数ヶ月は保存できますが、保存料が入っていないので、なるべく早めに使い切りましょう。

ライムマーマレード by liqueur☆ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが373万品

③爽やかな風味が際立つライムのドレッシング

出典:https://cookpad.com/recipe/2276973

ライムははちみつ漬けにするレシピが人気ですが、サラダを食べる機会が多い人は、ライムのドレッシングもおすすめです。レシピでは必須脂肪酸が豊富な麻の実のオイルと、オレイン酸が多く含まれるオリーブオイルを使っているため、美容や健康の維持に役立ちます。

爽やか ライムドレッシング by caterina 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが373万品

ライムを正しく保存しよう

ライムは冷暗所や冷蔵庫でも保存できますが、冷凍する方が長く日持ちします。さらにライムはドリンクに付け合わせる他に、保存食にして様々な料理に使うこともできるので、今回紹介したレシピも参考にしてみてください。

関連する記事

×