パイナップルの切り方|簡単〜裏ワザでプロ風おしゃれなアイデア7選を紹介!

パイナップルの切り方を知ってますか?今回は、パイナップルの簡単な切り方や〈鳥・ハワイ式螺旋・カクテル用〉などプロ風おしゃれな裏ワザ・飾り切りアイデアを紹介しています。芯まで無駄なく食べれる台湾風の切り方も紹介しているで参考にしてみてくださいね。

目次

  1. パイナップルの切り方は?簡単・おしゃれにカットできる?
  2. パイナップルの簡単な切り方は?
  3. パイナップルの切り方の裏ワザは?プロ風おしゃれな飾り切りアイデア7選!
  4. ①缶詰風の輪切り
  5. ②ハワイ伝統の螺旋状の飾り切り
  6. ③鳥パイナップルの飾り切り
  7. ④スティック状にする切り方
  8. ⑤カクテルに添える用パイナップルの切り方
  9. ⑥器型にする切り方
  10. ⑦芯まで食べれる台湾風の切り方
  11. パイナップルを切る際のポイントは?
  12. ①切れ味が良い包丁を選ぶ
  13. ②器形に切るときは底を落とす
  14. ③交互にずらすと食べやすい
  15. パイナップルを保存する際の切り方も知っておこう
  16. ①冷蔵保存の場合はそのままでOK
  17. ②冷凍保存する場合は一口サイズにカットしよう
  18. パイナップルを思い通りに切ろう!

パイナップルの切り方は?簡単・おしゃれにカットできる?

丸ごとの状態で売っているパイナップルは、どうやって切ったら良いのかわからない人も多いのではないでしょうか。しかし、実は簡単に切り分けることが出来ます。今回はパイナップルの簡単な切り方やおしゃれな飾り切りのアイデアを紹介するので、参考にしてみて下さい。

パイナップルの簡単な切り方は?

パイナップル簡単に切り分けられる方法は以下の通りです。

1.パイナップルの実を押さえ、葉の部分を握り、ねじって葉を取る
2.パイナップルを横に寝かせ、両端を切り落とす
3.そのまま輪切りで2~4等分に切る
4.実と皮の2mmくらいの間に包丁を入れ、車輪を転がす要領で実の部分を切り抜く
5.芯の部分も包丁を入れて実を転がし、くり抜く


こちらは、マツコの知らない世界というテレビ番組で紹介された、パイナップルの美味しい切り分け方になります。葉の部分は瓶のふたを開ける要領で手首を回すと簡単に取れ、真ん中に芯があるので、縦に切るより輪切りのが簡単に切れます。実を切り抜く時に、まな板と包丁を水平にしてなるべく動かさず、車輪を転がすようにパイナップルを動かすときれいに切れるでしょう。

芯をくり抜くのが難しい場合は、切り抜いたパイナップルを四等分にして、芯を取り除く方法を試してみて下さい。

パイナップルの切り方の裏ワザは?プロ風おしゃれな飾り切りアイデア7選!

ここではパイナップルの切り方の裏ワザや手を汚さずに食べれる切り方、パーティーにもひと花添えるおしゃれな飾り切りの方法などを紹介するので、是非挑戦してみましょう。

①缶詰風の輪切り

パイナップルを缶詰のような輪切りにする方法は以下の通りです。

1.葉と実を分ける
2.パイナップルの両端を切り落とす
3.実を横向きに置いて中心で二つに切る
4.実と皮の2cmくらいの間に包丁を入れ、まな板と垂直にし、車輪を転がす要領で切り分ける
5.芯の部分に包丁を入れ、皮と同じように実を回転させて切り進める
6.お好みの太さに切り分ける


葉は手でねじるだけでも取れますが、後で両端を切り落とすので、その分を一緒に切ってしまえば時短になります。果物ナイフがあれば細かい作業も楽に出来ますが、なければ裏ワザで、パンスライス用のナイフでも代用できます。実と芯を切り分ける時に、包丁をなるべく動かさずに回転させる事が、綺麗に切り取るポイントです。

②ハワイ伝統の螺旋状の飾り切り

ベトナム流とも言われる、ハワイ伝統の螺旋状飾り切りの方法は、下記の方法で簡単に作れます。

1.葉と実の両端を切り落とす
2.皮の緑の部分が残らない寸前のところを包丁で剥く
3.実の表面にある黒い点は螺旋状に並んでおり、並びに沿ってV字にカットしていく


葉を最初に切り落とした方が扱いやすいですが、慣れてくると葉の尖っている部分を包丁でそぎ落とし、片手で握りながら切ることも出来ます。皮を切り取る時には、V字にカットする目印になるため、黒い点を残しておきましょう。手間はかかりますが、螺旋状の飾り切りにすると、無駄なくパイナップルを食べることが出来るのでおすすめです。

③鳥パイナップルの飾り切り

パイナップルの飾り切りで鳥を作るやり方は以下の通りです。

1.パイナップルの葉の部分を少し余裕をもって切り落とす
2.包丁やハサミなどを使って鳥の頭を作る
3.人参を三角に切って爪楊枝で鳥の顔に刺し、チョコチップやレーズンなどで目を付ける
4.パイナップルの底を切り落とし、皮から実をくり抜く
5.切り取った底を皮の上から再度入れて器にし、中に芯を取り除き、お好みの大きさにカットした実を入れる
6.葉を鳥の羽になるようにハサミで調節して、器の上部に載せる


始めに葉をカットする時に、実を大きく切り取り顔が大きな鳥にしても可愛いですが、ロスを防ぐにはなるべく小さくカットした方が良いでしょう。鳥の頭を作る時は出来るだけ丸に近づけると、出来上がりが可愛くなります。

④スティック状にする切り方

パイナップルを以下のようにカットすると、簡単にスティック状にすることが出来ます。

1.パイナップルの葉をねじるか包丁で実と分け、実の両端を切り落とす
2.実を縦に置き、まず4等分にカットしてそれぞれ半分に切り8等分にする
3.包丁で芯を取り除き、オレンジの皮を剥く要領で実と皮を分ける


スティック状にするやり方は、パイナップルの切り方で一番簡単な方法です。4等分ではなく8等分にするのは、皮を剝がしやすくするためで、8等分でも剥がしにくい場合はもう少し実を細くカットすると良いでしょう。そのまま食べても良いですが、棒を刺してアイスのようにすると、手を汚さずに食べれます。

⑤カクテルに添える用パイナップルの切り方

パイナップルはお酒とも相性の良いフルーツで、カクテルグラスの縁にカットしたパイナップルを添えるとよりおしゃれになります。添えるパイナップルのカット方法は以下を参考にしてみて下さい。

1.葉をねじ切り、実の両端を切り落とす
2.実を4等分して、それぞれ芯を取る
3. そのまま食べるよりは薄くカットし、縁に添える方の中心に切れ込みを入れる

皮のトゲが気になる場合は、芯を取った後に包丁で切り落としましょう。太めにカットすると食べごたえはありますが、グラスから落ちやすくなるので、なるべく薄くカットするのがポイントです。細かい作業が得意な人は、カットしたパイナップルをハートや星の形にしてもおしゃれです。

⑥器型にする切り方

パイナップルを器型にする方法は以下の裏ワザを使えば簡単に出来ます。

1.パイナップルを葉ごと半分に切る
2.底になる部分の皮を厚さ1cmほどカットする
3.外側の硬い部分を残しながら、包丁を入れて実をくり抜いていく
4.先にカットした皮の部分の上にくり抜いた外側を載せると器形になる
5.芯を取り除いてお好みの大きさにカットした実を器型に盛り付ける


内側からくり抜こうとすると難易度が高いので、先に外側を切り落として実をくり抜くという裏ワザを使うことで、簡単に器形と実を分けることが出来ます。パイナップルを4等分して皮を綺麗に剥がし、カットした実を盛り付けて船のようにしても、おしゃれな仕上がりになります。

⑦芯まで食べれる台湾風の切り方

台湾の市場にいる職人たちが行っている、パイナップルの切り方を紹介します。

1.パイナップルの葉と反対の部分を切り落とす
2.葉を持ちながら包丁で皮を上から下に剥いでいく
3.切り落とした部分を上にして、十字に切れ込みを入れる
4.パイナップルを横にして、お好みの大きさにカットする


台湾パイナップルの芯は甘く柔らかいため、切り取らなくてもそのまま食べれます。慣れてくれば葉を持ちながら、まな板無しで1分くらいでカット出来ますが、難しい場合は両端を切り落として葉のついていない状態で皮を剥いで、十字に切り込みをいれると切りやすいでしょう。

パイナップルを切る際のポイントは?

パイナップルの色々な切り方を紹介しましたが、始めにパイナップルの表面についている汚れを、ブラシなどでしっかり落としてからカットすると安心です。なお、どの切り方にも共通するポイントがあるので、押さえておきましょう。

①切れ味が良い包丁を選ぶ

パイナップルの皮や葉、芯は硬いため、良く切れる包丁でカットしましょう。あまり切れない包丁を使うと、力を入れている時に滑ってしまい、手にけがをすることもあるので注意が必要です。飾り切りなど細かい作業をする時には、果物ナイフやペティナイフなどを使用すると良いでしょう。

②器形に切るときは底を落とす

器形というと底があるイメージですが、器を安定させるために、お皿と接触する底になる部分は先にカットしておきましょう。この裏ワザを使うことで、簡単に皮から実をくり抜くことが出来ます。

③交互にずらすと食べやすい

パイナップルを均一にカットして船型に盛り付けた場合、実を左右に少しずらすだけで、飾り切りしたようなおしゃれな出来栄えになります。どこでカットされているかもわかりやすく食べやすいので、是非ひと手間加えてみて下さい。

パイナップルを保存する際の切り方も知っておこう

当日中に全て食べきれなかった場合には、パイナップルは傷みやすいフルーツのため、しっかりと対策して保存しましょう。保存する時の切り方を、冷蔵と冷凍に分けて解説しますので、参考にしてください。

①冷蔵保存の場合はそのままでOK

冷蔵保存する場合は、実をカットせずに以下の手順で保存できます。

1.葉の部分を1cmくらい残してカットする
2.密閉容器や新聞紙などでしっかりと包み、葉を下にして野菜室に保存する


冷蔵庫に入れる時に邪魔になるからと葉をもぎ取ってしまうと、実がえぐれて空気に触れて、傷みやすくなるので気を付けましょう。空気に触れたり乾燥すると劣化が早まるためしっかりと密閉し、野菜室に保存します。葉を下にすると、底にたまった甘み成分が全体に行きわたり、酸味が抑えられてより甘くなります。

まるごと保存出来ない場合は、カットしたパイナップルを一つずつラップで包み、密閉容器に入れて野菜室で保存しましょう。どちらも、3日を目安になるべく早めに食べることをおすすめします。

②冷凍保存する場合は一口サイズにカットしよう

長期間保存したい場合は一口サイズにカットして冷凍保存しましょう。長持ちする冷凍保存の方法は以下の手順になります。

1.オーブンシートを載せた金属製のバットに、一口サイズにカットしたパイナップルを載せる
2.パイナップルの上にラップをして、冷凍庫に一時間程度入れる
3.完全に凍ったら、密閉容器に移し替えて再び冷凍庫に保存する


パイナップルは一切れずつ重ならないよう凍らせましょう。冷凍庫で凍らせたパイナップルを密閉容器に移し替える際、乾燥させないようになるべく空気を抜くのがポイントです。冷凍したパイナップルは1ヶ月を過ぎると傷んでしまうので、早めに食べきることが大切です。

(*パイナップルの保存方法について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

パイナップルの保存方法は?丸ごと・カットで違う?日持ち期間や切り方を紹介!

パイナップルを思い通りに切ろう!

一見カットが難しそうなパイナップルですが、切り方を知ってしまえば簡単にカット出来ます。飾り切りは今回紹介したもの以外にも沢山あり、アレンジするのも楽しみの一つです。ニーズに合わせた切り方で、パイナップルを楽しく食べましょう。

関連する記事

×